「EC-CUBE」カテゴリーアーカイブ

EC-CUBEの設定方法とか必要な事をメモしていきます。

EC-CUBE で管理者かどうかを判別し、表示内容を切り替える方法


WordPress の テーマ「Twenty Thirteen」において、固定表示されている検索機能をログイン時のみ表示させる方法をご紹介します。

つまり、一般の閲覧者は検索機能を利用できませんが、管理者のみ検索機能を利用することができるようにする方法です。

今回はWordPress の テーマ「Twenty Thirteen」において、検索機能の非表示化の例を用いて説明しますが、応用すれば様々なカスタマイズが可能になります。是非、参考にしてください。

1. 編集したいテンプレートファイルを開く

WordPress の テーマ「Twenty Thirteen」のメニューに固定表示されている検索機能は「header.php」に記述されていますので、header.php を開きます。

2. 編集したい個所を見つける

WordPressの検索機能は、「get_search_form();」と記述されていますので、検索してみましょう。

もし、検索機能を消したいだけならば、この記述をコメントアウトしてください。

3. コードを書き換える

<?php get_search_form(); ?>

こちらを下記のように書き換えます。

<?php
if (is_user_logged_in()) {
// ログインしている時は、検索機能を表示させる
get_search_form();
} else {
// ログインしていない時は、何も表示させない
}
?>

このようにif文を用いて、ログインしているかどうかを判別し、処理を書き込むことができます。


EC-CUBE トップページへHTMLを書き加える方法(スマートフォン画面)


EC-CUBEのトップページへHTMLを書き加えたい場合、PC画面なら「デザイン管理」→「PC」→「ページ詳細設定」→「TOPページ」で編集できます。
しかし、スマートフォン画面の編集は少しやり方が違います。

1.ブロックを新規入力する

EC-CUBE管理画面へログインし、「デザイン管理」→「スマートフォン」→「ブロック設定」で、新規ブロックを入力します。
ec-cube

「ブロック名」「ファイル名」「ブロックの中身」を入力し「登録する」ボタンを押します。これで挿入するブロックの定義は完了です。

ここでは、次の様に入力してみました。「ファイル名」については半角英数字で入力しましょう。

ブロック名:テストブロック

ファイル名:test_block

 

2.ブロックをレイアウト設定する

「デザイン管理」→「スマートフォン」→「レイアウト設定」を選択。
ec-cube1
「TOPページ」のレイアウト編集をクリックし、作成したブロックを好きな位置へ配置します。右側から左側に向かって自由に設定したい位置にドラッグします。ドラッグしてブロックを配置したら「登録する」ボタンを押して変更を確定させます。

 

3.ブロックを編集する

メニュー > デザイン管理 > スマートフォン > ブロック設定

前項で追加した見出しがあるので、その行の「編集」をクリックします。

ブロックをここで設定します。自由にHTMLコードを記載可能です。更新が完了したら「登録する」ボタンを押せば更新は完了します。

 

 

EC-Cubeは、スマートフォン画面の変更方法が少し異なっていて紛らわしいです。


EC-CUBEへSPIKE決済を導入する


※注意事項

EC-CUBEへSPIKE決済を導入するプラグインを本番環境で使用するには、SPIKEにてビジネスプレミアムプラン(有料)へのお申し込みが必要となります。

1.SPIKE決済プラグインのインストール
SPIKE決済プラグイン「plg_spike_checkout.tar.gz」を指定のURLよりダウンロードし、そのプラグインをEC-CUBEでインストールします。

EC-CUBEにプラグインを設定する方法は、EC-CUBE管理画面より 「オーナーズストア」→「プラグイン管理」→「プラグイン管理」画面を開き、インストールしたいファイルを選択し、「インストール」ボタンをクリックするだけです。

SPIKE_1

2.プラグイン設定をする
インストールが完了すると、プラグイン管理のプラグイン一覧に「SPIKE Checkoutクレジットカード決済」が表示されます。
その画面の「プラグイン設定」をクリックします。
SPIKE_2
すると下記画面が表示されますので、「秘密鍵」と「公開鍵」を入力し、「この内容で登録する」をクリックします。
SPIKE_3
「秘密鍵」と「公開鍵」はSPIKEダッシュボード画面の「開発ダッシュボード」→「APIキー」に記載されています。
※SANDBOX(画面上)にはテスト環境用のSPIKEの鍵・LIVE(画面下)には本番環境用のSPIKEの鍵が記載されています。
SPIKE_4
プラグインを有効にします。
SPIKE_5

3.EC-CUBEサイトへ反映させる
EC-CUBEの管理画面「基本情報管理」→「配送方法設定」より、SPIKE決済を利用する配送業者の「編集」をクリックします。
SPIKE_6
「SPIKEクレジットカード決済」にチェックを入れ「この内容で登録する」をクリックすれば完了です。
SPIKE_7

※ SPIKE決済の利用条件の変更
EC-CUBEの管理画面「基本情報管理」→「支払方法設定」より「SPIKEクレジットカード決済」の「編集」より設定が可能です。
SPIKE_8

EC-CUBEでメールの件名へお客様名を入れる方法


EC-CUBEの自動配信メール(注文・お問合せ)のメールのタイトル(件名)へお客様名を入れる方法をご紹介します。

メール毎に件名が変更できるので、管理効率がアップします。

data/Smarty/templates/default/mail_templates/mail_title_.tpl
のファイルを下記のとおり編集します。

【<!–{$tpl_shopname}–>】 <!–{$tpl_mailtitle}–>
<!–{if $arrOrder.order_name01 != ”}–><!–{$arrOrder.order_name01}–> <!–{$arrOrder.order_name02}–> 様【<!–{$tpl_shopname}–>】 <!–{$tpl_mailtitle}–>
<!–{elseif ($arrForm.name01.value !=”)}–>
<!–{$arrForm.name01.value}–> <!–{$arrForm.name02.value}–> 様【<!–{$tpl_shopname}–>】 <!–{$tpl_mailtitle}–>
<!–{else}–>
【<!–{$tpl_shopname}–>】 <!–{$tpl_mailtitle}–>
<!–{/if}–>

 

≪コード解説≫

▼注文時の自動返信メールの件名へお客様名を追加します。
<!–{if $arrOrder.order_name01 != ”}–>
<!–{$arrOrder.order_name01}–> <!–{$arrOrder.order_name02}–> 様【<!–{$tpl_shopname}–>】 <!–{$tpl_mailtitle}–>

▼お問合せ時の自動返信メールの件名へお客様名を追加します。
<!–{$arrForm.name01.value}–>
<!–{$arrForm.name02.value}–> 様【<!–{$tpl_shopname}–>】 <!–{$tpl_mailtitle}–>

▼その他はデフォルトのまま
<!–{else}–>
【<!–{$tpl_shopname}–>】 <!–{$tpl_mailtitle}–>


EC-CUBEの自動返信メール「注文者情報」にフリガナを追加する方法


EC-CUBEの自動返信メールへ追加で情報を記載したい場合は、
追加したいコードを追加したい場所へ書き足します。

▼コード一例

お名前  :<!–{$arrOrder.order_name01}–> <!–{$arrOrder.order_name02}–> 様
フリガナ :<!–{$arrOrder.order_kana01}–> <!–{$arrOrder.order_kana02}–> 様
郵便番号 :〒<!–{$arrOrder.order_zip01}–>-<!–{$arrOrder.order_zip02}–>
ご住所  :<!–{$arrPref[$arrOrder.order_pref]}–><!–{$arrOrder.order_addr01}–><!–{$arrOrder.order_addr02}–>
お電話番号:<!–{$arrOrder.order_tel01}–>-<!–{$arrOrder.order_tel02}–>-<!–{$arrOrder.order_tel03}–>
メールアドレス  :<!–{$arrOrder.order_email}–>
携帯メールアドレス:<!–{$arrOrder.mail_address_mobile}–>

今回は「注文者情報」に「フリガナ」を追加したいので、
「注文受付メール」の下記のファイルを編集します。
/data/Smarty/templates/default/mail_templates/order_mail.tpl

************************************************
ご注文者情報
************************************************
お名前  :<!–{$arrOrder.order_name01}–> <!–{$arrOrder.order_name02}–> 様
************************************************
ご注文者情報
************************************************
お名前  :<!–{$arrOrder.order_name01}–> <!–{$arrOrder.order_name02}–> 様
フリガナ :<!–{$arrOrder.order_kana01}–> <!–{$arrOrder.order_kana02}–> 様

EC-CUBE で送料を購入品数毎に請求するには?


EC-CUBEで 購入した商品数の分だけ送料を請求したい場合、下記ファイルを編集します。
/data/class/SC_CartSession.php

「SC_CartSession.php」の下記のコードを書き換えます。

// 配送業者の送料を加算
if (OPTION_DELIV_FEE == 1
&& !SC_Utils_Ex::isBlank($deliv_pref)
&& !SC_Utils_Ex::isBlank($deliv_id)) {
$results[‘deliv_fee’] += SC_Helper_Delivery_Ex::getDelivFee($deliv_pref, $deliv_id);
}
// 配送業者の送料を加算
if (OPTION_DELIV_FEE == 1
&& !SC_Utils_Ex::isBlank($deliv_pref)
&& !SC_Utils_Ex::isBlank($deliv_id))
{
$quantity = $this->getCartList($productTypeId);
foreach ($quantity as $arrItem)

{
$results[‘deliv_fee’] += SC_Helper_Delivery_Ex::getDelivFee($deliv_pref, $deliv_id) * $arrItem[‘quantity’];
}
}

「$quantity = $this->getCartList($productTypeId);」で購入数を設定、「 * $arrItem[‘quantity’]」で送料×数量を計算しています。

 


自動返信メールの内容をお支払い方法によって変更するカスタマイズ


【注文受付メール を カスタマイズ】

メールのタイトルやヘッダー、フッターについては
EC-CUBE管理画面の 「基本情報管理」→「メール設定」から
編集したいテンプレートを選択し、簡単に編集ができます。

ec151202

メールの本文内容等をカスタマイズしたい場合は
/data/Smarty/templates/default/mail_templates/ 内にあるファイルを直接編集します。

そして「注文受付メール」をカスタマイズする場合は下記のファイルを編集します。
/data/Smarty/templates/default/mail_templates/order_mail.tpl

 

 

【お支払方法によって内容を変更する方法】

例として、
『 選択したお支払方法が「銀行振込」だった場合、
自動返信メールの内容に銀行口座情報を記載したい 』

と仮定して説明していきます。

お支払い方法は 「order_mail.tpl」内で
{$arrOrder.payment_method} と記載されています。
ですので、口座番号を記載したい部分に下記のように追記します。

<!– {if $arrOrder.payment_method == “銀行振込” } –>
~お振込先~
○○銀行 ○○支店
口座番号:XXXX
<!– {/if} –>

 
これで、銀行振込 を選択したお客さんへのみ
銀行の口座番号の記載されたメールを送信できます。


EC-CUBEでデザインをカスタマイズする方法


EC-CUBEの管理画面へログインし、
デザイン管理」を選択します。
PC」or「モバイル」or「スマートフォン」と表示されるので、
変更したい対象を選択し「ページ詳細設定」を選択します。
ec_1

ページの下部(下図参照)に表示されている
編集可能ページ一覧」の
名称」から編集したいページを探し、
その名称の横にある「ページ詳細」の「編集」をクリックします。
ec_2

ページ上部(下図黄色部分)にコードが表示されますので、編集したい箇所を書き換えます。
編集後は「登録する」ボタンをクリックして保存すれば完成です。
ec_3