ついやってしまいがちな飴玉を噛みやすい人の特徴とは?


ついやってしまいがちな飴玉を噛みやすい人の特徴とは?

様々な味があり年代問わず好きな人が多いのがキャンデーです。
最後まで舐めたいのに、ついガリッと噛んでしまう人は多いのではないでしょうか。実は、飴玉を噛んでしまう事は脳から警告サインが隠されているかもしれません。今回は飴玉を噛んでしまう人の特徴についてご紹介します。
■飴玉を噛むのはあごが弱っている証拠

飴玉を転がして舐めるという行動は、あごを良く使うのであごの強化に繋がっています。ですから、飴を舐めている途中で噛み砕いてしまう人は、あごが弱っているので疲れやすいというわけです。
あごが弱いと将来噛み合わせが悪くなってしまう可能性があります。
ですから、噛み砕いてしまう事を意識している人は、あごを丈夫にするためにも転がすように舐める事を意識する事が大切です。
転がして舐める事を意識すれば、自然とあごが強くなるので疲れにくくなるでしょう。
■すぐに噛んでしまう人は精神的に疲れているかも

飴玉をすぐに噛んでしまう人は、脳からの警告サインと言われています。人間は気分が不安定になると、脳が気分を安定さえようとセロトニンという物質を増やそうとするのです。セロトニンは幸せのホルモンとも呼ばれており、精神面で大きな影響を与える物質になります
しかし、セロトニンが不足してしまうとうつ病や不安障害に繋がってしまうのです。飴玉など硬いものをガリガリと噛むのは、脳が心身を安定させようとしているサインになります。飴玉を噛むクセを治すためには、心身共にリラックスする環境をつくらなければ解決する事が難しいといえます。
■心理学的に考えてみる

飴玉は舐め終わる前に噛むと濃い味を感じます。
その濃さを快感として覚えてしまうと、味覚・感覚的に噛むという選択肢を選びやすくなってしまうのです。逆にいうと、味が薄くなる前に噛んでしまうという心理が働くという考えもできます。飴玉を噛んでしまう人の中には、スッキリするからといった声も多いそうです。
■人間としての防衛反応

中には、飴玉を噛むという事は人間本来が持っている防衛反応だと考える人もいるそうです。普段の食事では、食べ物を丸のみにしないようにしっかり噛んでから飲み込みます。つまり食べ物による窒息を防ぐために、飴玉を噛んで砕くという防衛反応が出ると考えられるのです。

このように飴玉を噛んでしまう人の特徴には、あごの弱さやストレスの警告、心理的な事が関係していると言えます。何気ない行動でも何かを警告しているかもしれないので、飴玉の舐め方を気にするのも良い事かもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.