WordPress WooCommerceプラグインにバグがあって戻した時のメモ。6.8.1はバグ有り


WordPressにインストールしていたプラグイン( WooCommerce)にバグが出ました。

2022/8/19 時点のWooCommerceの最新バージョンは

6.8.1 ですが、6.8.0からアップデートしたところサイトがダウンしてしまいました、、、

困ったものです。WooCommerceの開発はまだ気付いていません。

という事で、プラグインのバージョンを 6.8.1 → 6.8.0に戻した時の手順をメモっておきます。

WooCommerceのプラグイン画面を開き

「settings」をクリック

WordPress.org Plugin Page をクリック

Advanced Viewをクリック

巻き戻したいバージョンを選択しDownloadをクリック

ここでは、 6.8.1にバグがあったので6.8.0を選択しました。

woocommerce.6.8.0.zip

が正常にダウンロードされました。

続いて、WordPressの管理画面からこのプラグインをインストールします。

事前に、 woocommerce6.8.1をDeactive(無効化)しておきます。

Plugins > Add New

Upload Pluginをクリック

If you have a plugin in a .zip format, you may install or update it by uploading it here.

ファイルを選択をクリックし、さっきダウンロードが完了したwoocommerce.6.8.0.zipをアップロードします。

アップロードが完了したら Install Now をクリックします。

Installing plugin from uploaded file: woocommerce.6.8.0zip

Current Uploaded

バージョンがそれぞれ並べて表示されます。

Replace current with uploaded

を選択すれば、バージョンの巻き戻しが完了します。

やはりプラグインの最新版をいきなりインストールするのは怖いなーと思いました。

 

 

 

 

 

 

■他の人はこちらも見ています。■


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA