「カスペルスキー」タグアーカイブ

NiceHashをダウンロードしようとした時にカスペルスキーがウィルス判定する場合


久しぶりにマイニングを使用とNiceHashをダウンロードしようとしたところ、インストールしているカスペルスキーがウィルスと判定し、ダウンロード時にウィルス判定されてインストールどころか、ダウンロードすら出来ませんでした。

ちょっとハマったので無事インストールした時の手順をメモっておきます。

1.カスペルスキーを終了させる

2.フォルダを作成する。

3.作成したフォルダパスをカスペルスキーから除外設定する

4.NiceHashをダウンロードし、作成したフォルダに移動させる。

2022/6/14

nhm_windows_3.0.8.2.exe

5.カスペルスキーを起動する。

 

ポイントとしては、モジュールをダウンロードする前にカスペルスキーを終了させて、ウィルス検知させない様にする必要があります。

※因みに色々とカスペルスキーはバグがあるのでさっさとバグ修正して欲しいなと思いますね。

<NiceHashの動かし方(最新)>

なお、本日(2022/6/14)時点でNiceHashをインストールしたところ以前とは違って自動でベンチマークは走らなくなっていました。

そのままでは、Errorになってマイニングもベンチマークも出来なかったので、まず「Plugins」タブをクリックして

その中から上から順番にINSTALLをクリックしていきます。

なぜか、「Excavator」「lolMiner_LHR」「NBMiner_LHR」はINSTALLをクリックしても、インストールが出来ませんでした。

「INSTALLED」になっているプラグインについては無事インストール出来ました。

この状態にしたところやっとベンチマークが動く様になりました。

 

因みに日本では電気代を考えるTマイニングは赤字になります。

気温が寒い時とかに暖房替わりに動かしてます( ;∀;)

冬はとても快適です。

 

 

 

 

 

 

 


カスペルスキーのうざい機能対策 ~ 暗号化された接続が確立されたドメインに対する信頼性を保証できません~


そもそも論 2019年4月版 カスペルスキーにバグが多すぎる

どうも皆さんこんにちは!

ノウハウツリーの管理人です。

さて最近カスペルスキーにバグが多くて本当に困っています。

先日カスペルスキーにバグの再現手順を教えるから替わりに次回更新料を無料にしてもらえないか?

と質問したところ

最後に、お問い合わせ3点目につきまして、誠に恐れ入りますが、弊社では「情報をご提供いただく代わりに次回のライセンス更新料を無料にする」といった対応はいたしかねる状況でございます。

とのことでしたw

まぁ、別にええけど

バグ何とかしてよwww

さて、本題に戻ります。

2019年4月にカスペルスキーをアップデートしたところ、過剰に反応して余計な通知が出る様になりました。

カスペルスキー インターネット セキュリティ

暗号化された接続が確立されたドメインに対する信頼性を保証できません

アプリケーション: Thunderbird

URL: mail.xxxx

理由:

証明書の名前が無効です。名前が許可リストに登録されていないか、明示的に除外されています。

内容を見ると確かにバグとまでは言いませんが、邪魔な通知です。

これはメーラー(サンダーバード)でメールを受信する度に表示されます。

httpsに反応しています。

邪魔な通知を出ない様にする方法

画面左下の歯車マーク > 詳細 > セルフディフェンス >

画面が変わったら

セルフディフェンスを有効にする

セルフディフェンスを有効にすると、本製品のファイル、メモリプロセス、およびシステムレジストリを変更または削除しようとする動作をブロックできます。

のチェックを外します。これで邪魔な通知が出なくなります。

 

※ps

おい、馬鹿カスペルスキーよ

タスクバー上のカスペルスキーの上で右クリックして

  • 一時停止
  • 停止

を数回行っているとフリーズするバグさっさと直せよ!

 

 


TeamViewerを使っていて「現在、画面を取り込めません。高速ユーザ切替、またはリモートデスクトップセッションの最小化が原因の可能性があります。」というエラーが出る場合の対処方法


TeamViewerを使っていてリモートPCに接続をしようとしたところ現在、画面を取り込めません。高速ユーザ切替、またはリモートデスクトップセッションの最小化が原因の可能性があります。というエラーが出ました。ぐぐっても対策方法がヒットしなかったので私が解決した手順をまとめておきます。

 

Lenovo G50に最初からインストールされているマカフィー インターネットセキュリティが原因でした。マカフィーをアンインストールするとこのエラーが出なくなりました

はい、つまりはマカフィーの糞ソフトのせいです。さっさとアンインストールして別のセキュリティ対策ソフトをインストールしちゃいましょう。

 

理由はいろいろとありますが、私の大嫌いなウィルス対策ソフトはちなみに次です。

・マカフィーウィルス インターネットセキュリティー

・ノートン

両社に共通していることは重たい!!実に重たい!!

 

おすすめのウィルス対策ソフトは

・カスペルスキー

・トレンドマイクロ

 

このどちらかをメインマシンに入れておけば余程アングラなサイトとかを閲覧しない限りは、問題ないでしょう。


Windows 10にウィルス対策ソフトをインストールする場合の注意事項


インターネットセキュリティ(キングソフト)、カスペルスキー、ウィルスバスターなどを複数のWindows 7端末にインストールしていました。Windows10にアップデートするとこれらのウィルス対策ソフトは動かなくなります。

Windows 10にする前には、これらのウィルス対策ソフトをアンインストールした上でアップグレードしましょう。Windows 10にOSが入れ替わったら必要なウィルス対策ソフトをインストールすれば動作する様になります。

なお、Windows 7からWindows10にアップグレードするとユーザ辞書が壊れてしまいます。