iPhone Xで撮影した動画をAdobe Premiere Pro CCで編集しようとするとズレる場合の対処方法


iPhone Xで撮影した動画をAdobe Premiere Pro CCで編集しようとしたところ動画再生を停止した時にズレが出てしまいました。

原因と対処方法を調べたのでメモしておきます。

原因としては、iPhone Xで撮影した動画形式は標準では、HEVCH(H.265)になっています。

その状態で撮影した動画をPremiere Proで編集しようとするとズレが発生する事になってしまいます。

対策として、これをH.264に変更すればズレが無くなります。

ファイル形式の違い

H.264 AVC

H.264 エンコーディングを使用する各種メディア

HEVC(H.265)

解像度最大 8,192 x 4,320 の H.265 メディア

モード変更方法

設定 > カメラ

フォーマットを選択します。

 

フォーマット

高効率

互換性優先

ファイルサイズを減らすため、写真とビデオを高効率のHEIF/HEVCフォーマットで撮影・録画します。”互換性優先は常にJPEG/H.264を使用しますが、4K/60 fpおよび1080p/240fpsを使用するには”高効率”が必要です。

と表示されるので互換性優先を選択します。

これでiPhone Xで撮影した時のデフォルトのファイル形式がH.264になります。

Adobe Premiere Pro CCでiPhone Xで撮影した動画がズレて困っているという人はぜひ試してみてください。

私の環境ではこの方法でズレる事なく正常に作業する事が出来る様になりました。

 

 

 

 

■他の人はこちらも見ています。■


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA