ノンアルコールビールに含まれる人口甘味料(アスパルテーム)が下痢を引き起こす原因です。


V-BOARD #7 Shiny Gold

人口甘味料が原因

これまでブラックコーヒーや普通のビールを飲んでもお腹を壊す事がなかったのですが、ノンアルコールビールを飲むといつもお腹が緩くなっていました。その原因を色々と調べていたら分かりましたのでここでご紹介します。原因はノンアルコールビールに含まれる人口甘味料が原因です。

 

ノンアルコールビールに入っている人口甘味料の種類

代表的な人口甘味料には、アスパルテームがあります。ショ糖のなんと100~200倍もの甘味があります。この人工甘味料はコカ・コーラゼロなどにも含まれています。海外ではアスパルテームの使用を禁止している国などもあります。しかし、日本政府は企業が利益を出して税金さへきっちり納めてくれれば万々歳なので規制をしていません。ビールを飲んでもお腹を壊さないのにノンアルコールビールを飲むと決まってお腹を壊す人は、人口甘味料に過敏に腸が反応している可能性があります。

人口甘味料はなぜノンカロリーと謳っているのか

ノンカロリーと謳っている国内で販売されている製品の大半に、人口甘味料(アスパルテーム)が含まれています。人口甘味料は、分子構造が大きい為に人間の消化酵素では、人口甘味料をブドウ糖に分解する事が出来ません。つまり消火が出来ない(異物と体が認識)為に、そのまま異物として排泄されるのでカロリー摂取がゼロという体になっています。

ただ、ビールにはプリン体やカロリーが多くどうしてもノンアルコールビールを飲んで多少下痢をしようとも、体重増加を抑えたい人も多いと思います。斯く言う(かくいう)私もそのクチですのでノンアルコールビールを夏場はお茶替わりに飲んでいます。

 

オススメのノンアルコールビールランキング

猛暑が続いていますが、ランチの〆にビールではなくノンアルコールビールを飲む事によって、体重増加を抑制する事が出来ます。ビーチに遊に行った時に太った下っ腹だと男女問わずみっともないですよね><。。。海外では太っていると自己管理が出来ないとみなされ出世にも影響が出るそうです。日頃からビールでは無くノンアルコールビールを飲む事によってウェイトコントロールを行うといいです。

第一位


サントリー オールフリー 350ml×24本 ノンアルコールビールテイスト飲料

第二位

アサヒ ドライゼロ ノンアルコール 350ml×24本

第三位

キリン パーフェクトフリー 350ml×24本[機能性表示食品]

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.