Chromeの開発機能を使用してWEBページのセレクタを簡単に見つける方法


WEBページのスクレイピングをする際に、特定の要素のHTMLを知りたい場合があります。

地道にそのコードを目視で追いかける事も可能ですが、てっとり早く調べるには、Chromeの開発機能を使います。

いや~、昔と違って今は便利だな~とつくづく思います。

無茶苦茶便利です。

ChromeでスクレイピングしたいWEBサイトを開きます。

右クリック > Copy

すると色々と表示されます。

Copy element

Copy outerHTML

Copy JS path

Copy styles

Copy XPath

Copy full XPath

これらの何れかを選択します。するとセレクタの文字列がクリップボードにコピーされます。

私はよく、

Copy JS pathやCopy XPathを使用していますが、好みで選択してください。

■他の人はこちらも見ています。■


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA