Windows 10 ProでVPN接続する手順 L2TP/IPsec VPN プロトコル利用


VPNクライアントソフトを使わなくてもWindows10 付属機能だけでもVPN接続する事が出来ます。

VPN GATE やOpenVPNをインストールせずにVPN接続する手順をメモっておきます。

事前に接続先サーバ名、VPN名、パスワードは各自用意しておきましょう。

 

Windows 10 Proを使ってVPN接続する手順

1.タスクバーのWindowsアイコンの上で右クリック

2.ネットワーク接続(W)

3.VPNをクリック⇒VPN接続を追加する

4.VPN接続を追加ウィンドウが起動したら必要情報を入力していきます。

VPNプロバイダー

プルダウンからWindows(ビルトイン)を選択する。

接続名

自由に自分が分かり易い名前を付けます。名前は何でも良いです。

サーバ名またはアドレス

VPN接続するサーバのホスト名(or IPアドレス)を指定します。

接続先のVPNサーバによっては、IPアドレスの指定ではVPN接続が出来ない場合があります。

その場合には、ホスト名を指定します。

VPNの種類

自動

サインイン情報の種類

ユーザ名とパスワード

ユーザ名(オプション)

VPN接続する際のユーザ名

パスワード(オプション)

VPN接続する際のパスワード

ここまで設定が出来たら保存を押します。

5.実際にVPN接続する。

登録が完了するとこんな感じで登録したVPN情報が表示されます。

接続する場合には「接続」をクリックします。

※WindowsのVPN接続設定時には「事前共有キー/シークレット (Pre-shared key)」は指定する箇所がありません。私が利用しているVPNサーバには問題無く接続出来ました。

 

あるVPNにL2TP/IPsecで接続設定した時の例

なお、VPNの種類:事前共有キーを使った L2TP/IPsec

を設定しなくても繋がった。VPNの種類を「自動」にしても接続出来てしまった・・・これはVPNサーバ側のセキュリティが甘いからなのか。

 

■他の人はこちらも見ています。■


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA