Windows PowerShell実行時に権限エラーが出る場合の対処方法 / 実行ポリシーの変更


所要でDOSバッチからパワーシェルを実行しようとしたところ権限エラーが出ました。

このエラーが出ない様にするには、

管理者権限でPowerShellを起動し次のコマンドを事前に発行しておきます。「実行ポリシーの変更」と呼ばれています。

マイクロソフトによると、DOSのパワーアップ版がPowerShellみたいです。

Set-ExecutionPolicy RemoteSigned

あと、ファイルの拡張子がDOSバッチ「*.bat」と違ってPowerShellの場合には、「*.ps1」です。

DOSだけではどうしても発行出来ないコマンドがあったので

DOSバッチのキック ⇒ PowerShell実行

という流れで行ったところ問題無く出来ました。

なお、PowerShellはWindowsの設定回りをPowerShellを使うと一度に実行出来るので便利です。

 

※補足

同じディレクトリに*.ps1と*.batファイルを置いてDOSバッチからPowerShellを実行する場合

dosバッチの中身

powershell -Command ./hogehogehoge.ps1

こんな感じで実行出来ます。

Linuxみたいに「./」を頭に付けて実行する必要があります。

複数の端末に同一のWindows設定を行いたい場合には、PowerShellで定義しておくと設定が楽です。

 

 

 

■他の人はこちらも見ています。■


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA