FX初心者向けの基本ワード


FX初心者がFXマスターになるまでに吸収したFX関連ワードの自分用メモ

2020年4月15日からノウハウツリー管理人はFXをスタートしました。FX知識が0の状態から、少しずつ学習し頭の中に記憶した内容などをこちらのページに自分用に纏めて行きます。FX初心者が自分用に纏めているので、きっと私以外のFX初心者の人にも分かりやすいと思います。

FXの基本用語

まず断っておきますが、こちらの記事は、私が独学で学んだ事を不定期にメモって行ってます。あくまでも自分用のメモ書きです。間違っている事とかあれば、コメントで教えて頂けると嬉しいです!

FXとは何の略?

FXとは、Foreign Exchangeの略称です。

日本語の意味としては「外国為替証拠金取引」となります。

頭文字を取るのであれば、本当は「FE」なのでは?と思いましたが、FXなんだそです。初めに考えた人の頭がきっと悪かったのでしょう。

英語の意味は

Foregin → [形]外国の、他国の、外国産の

Exchange → [名]交換、やりとり、取引、両替、為替、手形、小切手

ポジションとは?

FXでは、通貨を買ったり、売ったりします。

その購入や売却をした状態の事をポジションを持つと表現します。

エントリーとは?

ポジションを持つ為にロング(買い)やショート(売り)を仕掛ける事です。

スワップポイントとは?

聞きなれないワードですが、FXで言うところのスワップポイントとは銀行で言うところの金利に該当するものです。

FXは外国の通貨との取引の為、他国との間の交換時に金利差が受け取れるしくみになっています。

ただし、注意しなくてはならないのは金利差によっては、金利分を払うハメになる事もあります。

スワップポイント一覧というのを証券会社が公開しているのでそれを見ると一目瞭然です。

ロング、ショートとは?

FXでは

ロング(買い注文)、ショート(売り注文)を表します。

普通に考えれば、「買い」だったら「Buy(バイ)」で「売り」なら「Sell(セル)」で良いと思うのですが、、、

カッコつけてそう呼んでいるみたいです。

日本語訳をするとロング(長い)、ショート(短い)なのでやっぱり違和感を感じざるを得ませんが、FXではそういう物だと思っておきましょう。

スプレッドとは?

FXで必ず出てくるワードです。

FXで売買する時に

売り「Bid」 買い「Ask」とで価格差があります。

この価格差の事をスプレッドと呼びます。

スリップ(スリッページ)とは?

買い注文や売り注文を出した瞬間にレートが極端に変動して想定していた成立レートと異なる事を指します。

レートが急変して滑ってしまったといったイメージです。

ストップ(逆指値)とは?

今のレートよりも不利なレートでの予約注文を指します。

リクオートとは?

注文したのに約定しなかったり、他のレートでFX会社が相場を提示して来る事をリクオートと言います。要するに自分の希望するレートで約定出来ないことをリクオートと言います。相場変動などが激しく起こっている相場の時に頻発するみたいです。国内FX業者はシステムが脆弱でリクオートが頻発するそうです。FXは常にレートが変動しているので、リクオートが出来るだけ発生しないしっかりしたシステムになっている事がとても大切です。

この記事を書いている2020/4/16現在は、FX初心者として学習中なので国内の事業者を使っています。FX中級者になったら海外FX業者を使ってみたいと思います!!知人のFXマスターから聞いた話ですが、日本国内のFX業者はどこも糞!だそうです。

Pips(ピップス)とは?

FXで必ず出てくるワードです。FXでは、色々な通貨の売買を行います。売ったり、買ったりする中で、利益が出たり、損失が出たりします。

その際に、どの通貨ペアであったとしても利益(損失)の額を共通の単位で表す為に使用されています。確かに単位を共通化すると利益・損失も一目瞭然ですよね。

1Pips = 0.01円  = 1銭

と覚えておけばあとは、これに当てはめて計算すれば求められます。

具体例だと

100.00で買いを入れて 100.07で売りを入れたとします。

その場合

100.07 – 100.00 = 0.07 円の利益が出た事になります。

0.07円の利益をPipsに変換する場合

0.07 ÷ 0.01 = 7

となり、「7pips利益が出た」という事になります。

マージンコールとは?

ポジションを保有し続ける為に必要な口座の資金が最低金額を下回っている事を金融機関が投資家に知らせる事を指します。

カウントダウン注文とは?

カウントダウン注文というのは、「成行注文(なりゆき)」注文の事です。

T/P  や S/L とは?

T/P とは、Take Profitの略です。

つまりProfit(利益)を得るという意味の注文です。

S/L とは、Stop Lossの略です。

つまり、Loss(損失)を止める注文です。

所謂、損切注文です。

いつまでもずっとポジションを持っていては利益が確定しません。

利益が出る場合、しっかりとT/P(Take Profit)して利益を出しつつ、損失が膨らみそうな場合には、しっかりと損切りとしてS/L(Stop Loss)設定を行っておくと良いです。

リスクリワード

これは、損失と報酬(利益)の幅を指してます。

Risk(損失)とReward(報酬)を組み合わせた和製英語です。

日本語では「リワード」と呼ばれていますが、これは正しくは違います。英語的には「リウォード」が近いです。

さてFXで大切な事は勝率では無くトータルの利益です。

私も初心者の頃は、勝率ばかりに意識が取られていましたが、損失と利益を合算して考えるべきです。

つまり、このリスクリワードというのは、損失と報酬(利益)のバランスを考えましょうという事です。

つまりリスクとリターンバランスを考えましょうよって事です。

 

 

 

■他の人はこちらも見ています。■


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA