恐竜がもし生き残っていたら地球はどうなっていたか?


もし恐竜が生き残っていたら人間は誕生したのでしょうか?
またまるでジュラシックパークのように巨大な恐竜たちが私たちをペロリと平らげてしまうのでしょうか?


少し立ち止まって一緒に考えてみましょう。
なぜ恐竜は絶滅したのか?
恐竜は前期から後期の後期まで中性代のほぼ全期間を通じて地球を支配していました。
つまりおよそ1億6000万年にわたって恐竜の力強い足取りが地面を揺るがしていたので恐竜という巨大な系統分類に属する者たちは実にバラエティに富んでいました。
肉食もいれば草食もいて大型のものや小型のもの二足歩行するものすらいました。
様々な示唆によるとおよそ1500種類から2500種類の恐竜が存在したと言われています。
それらの遠い子孫たちを私たちは毎日のように目にしています。
恐竜の子孫はずばり鳩です。

つまり鳥類全般がそうなので彼らは生き残れただけでなく今の状況をすっかり快適に感じています。
でも鳥類以外の恐竜たちは絶滅してしまいました。
何故そうなったのでしょう?
一瞬で絶滅したのかそれとも徐々に死にたいって言ったのかについては今も研究者の中で議論が交わされています。
しかし絶滅の主な要因が隕石であることについては異論はほとんどありません。
直径10 km から15 km に及ぶ灼熱の塊がユカタン半島に落下しました。
その結果、天変地異が起こりました。その衝撃力は原子爆弾10億発分に匹敵しうるほどでした。
芯が地球を揺るがし、かつてないほどの100 M 級の津波を引き起こしました。
灰や雪が舞い上がり太陽を遮断したため、昼であっても夜のように暗くなりました。
一言で言えばそれはまさしく世界の週末だったので当時の生態系はことごとく破壊され全生物の半数近くが死滅しました。
恐竜もいなくなりました。
当時の大変動の痕跡が今でも残っています。
隕石が落ちた場所に残された直径180 km のクレーターがそうです。
多くの時が流れて海は隕石のダメージから回復し地球も何度目かの再生を始めました。
次にバトンを受け取ったのは哺乳類です。
これらは天変地異を生き残り恐ろしい肉食恐竜が姿を消した後穏やかに発展することができました。
そしてついに哺乳類は大きな成功を収めます。
今や哺乳類は陸地に住む動物の中で支配的な地位にあります。
中には非常に高い知能を持ちスマートフォンを操作し YouTube を見ている者もいます。
もし隕石が10分でも早く落下していたら海に落ちて衝撃が和らいでいたとしたら。
これほどの大惨事にはならなかったのかもしれません。
その場合恐竜はどうなったでしょう?
最終的に彼らは知能を得られたのでしょうか?
そして私たちは人類はそもそもこの世に生まれることができたのでしょうか?
もし隕石が落ちなかったら恐竜はいずれにしても絶滅の運命にあったと複数の研究者が主張しています。
地球規模の天変地異が起きなかったとしても、やはり恐竜は絶滅するので隕石の衝突がなくても恐竜が存在した最後の4000万年の間にその個体数は減り続けます。
一方哺乳類はへこたれることなく出世の階段を上りぐんぐんと発展します。
結局支配的な人なるのは気候の寒冷化によりよく適応できた哺乳類なのです。
でも仮に恐竜にもさらに発展するチャンスがあったとすれば一体どんな進化を遂げるはずだったのでしょうか?

まず恐竜はもっと小さな身体をしていたでしょう。
というのも植物も変化しているので草食恐竜の餌はガラッと変わらざるを得ません。
ジュラ紀に巨大な恐竜が食べていたのはシダ植物裸子植物ですが、これらの植物には栄養はあまりありません。
お腹いっぱい食べるために僕が必要とするのは、食物が非常にゆっくりと通るための長い消化器官です。
白亜紀の終わりにはもうずっと栄養豊富な植物が出現します。つまり遅かれ早かれ恐竜はバラやスミレといったダイエット食に移行せざるを得ないのです。
どうなれば巨大な体は必要なくなり誘客科目はずっとを小型化するでしょう。もしかするとフルーツだけ食べるようになるかもしれません。

小型の羽毛恐竜は霊長類と同じ進化をたどることが十分に可能で木によじ登る能力を得るでしょう。みずみずしいオレンジにはそれだけの価値がありますからね。
それに恐竜は複数の氷河期に直面せざるを得ません。それはつまり皮が分厚く覆われた恐竜が出てくる可能性も十分にあるということです。
どんなふわふわの子を家に連れて帰れたら素敵でしょうね。もう一つ、とても大事な問題が残っています。恐竜は知能を得られるのかという問題で、最も賢い恐竜の称号を得られるものがいるとすればそれは、

トロオドンのずる賢い肉食恐竜は、長い頭蓋骨を持っていてそれは現代の原猿類と同程度の脳が入るほどの大きさでした。明らかにこの子は他のほとんどの恐竜と比べてずっと高い知能を持っています。トロオドンは群れで狩りをしグループ内での行動を
統制することで大きな獲物にありつくチャンスを増やしていました。彼らはとても視力が良く100メートル走なら余裕で満点を取ってもおかしくないこと瞬足でした。
おまけには、トロオドンは3本指の足で石を持ち上げそれを道具として使うこともできたと多くの研究者が確信を持っています。彼らのような肉食恐竜が当時もうこれほどの成功を収めていたとしたら、想像してみてください。
隕石の衝突から現在に至るまでの間彼らは一体どんな進化を遂げるはずだったのでしょうか?彼らが最初のホモサピエンスの水準までの知能を持つようになるには丸20万年を要するでしょう。

トロオドンは最終的にヒューマノイド型宇宙人のような見た目になります。背が高く鱗に覆われた緑色の肌をしていて縦長の同行した巨大な目を持っています。これはもう立派な人型爬虫類ではありませんか?

今頃はもう彼らは木製に向けて盛んに人工衛星を飛ばしIT分野でのキャリアを積んでいることでしょう。
ちょっと待ってください。じゃあ私たち人間は人間は一切存在しなかったでのでしょうか?大型哺乳類は恐竜が場所を明け渡したからこそ実現することができたのです。

恐竜の全盛期に生き残れたのは夜行性で昼間は恐ろしい大型肉食恐竜から身を潜めているげっ歯類のような小さなものたちだけです。要するに人間かそれとも恐竜かこの星にはどちらか片方しか生き残れないはずです。
もし人類が恐竜と肩を並べて暮らしていたら、私たちがもし恐竜のそばで暮らしていたとしたら。どんな生活になるのか想像してみましょうまず。
ティラノサウルスとの共存は快適とは言えません。巨大な肉食恐竜は私たちのことを歩くビーフステーキとみなすでしょう。
このモンスターから多少なりとも身を守ってくれる唯一の盾となるのは硬くて丈夫な壁でしょう。
その一方でディプロドクスのような体の大きな恐竜は私たちの祖先にとってうってつけの食料になります。一匹倒せば一族みんなが一か月は宴会できます。

現代におけるダチョウのようにファームでの繁殖は可能かもしれません。
そうなれば私たちの牧場で草を食べているのは牛ではなく恐竜だったかもしれません。
確かに恐竜の運転はあまり羨ましいものではありませんね。

人間は巨大生物を根絶やしにする事に大成功しました。
もし恐竜が今でも何種類か生き残っていたらきっと禁猟区で保護されていたことでしょう。
それに入っ小型恐竜はアライグマと張り合いながら裏庭のゴミを奪い合っていたかもしれません。
巨大な隕石が恐竜たちをこの世から一掃したからこそ私たちが現れこうなることができたのですから。

それが良いのか悪いのかは知る由もないです。
琥珀の雫に閉じ込められた他の血液から恐竜のDNAを復元するというのはいかがなものでしょうか。
映画ジュラシックパークでその後、どういう結果になったのか見てみてください。

■他の人はこちらも見ています。■


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA