Google Analyticsに現れるロシアからのスパム対策【Vitaly rules google】


Google Analyticsに現れるロシアからのスパム対策【Vitaly rules google】

Google Analyticsでフィルタを参照などに適用しても一行に遮断でできないロシアからのリファラスパムがVitaly rules googleです。

 

では、実際に Vitaly rules googleというアクセスをフィルタ適用して除外する手順をまとめていきます。

ビューにフィルタを適用

フィルタ名:言語_Vitaly rules google

フィルタの種類 > カスタム > 除外

フィルタフィールド:言語設定

フィルタパターン:Vitaly rules google

 

ここまで設定したらあとは

ビューにフィルタを適用 > 使用可能なビュー > すべてのウェブサイトのデータ を選択 > 追加 > 選択したビュー

すべてのウェブサイトのデータ移動した事を確認し

保存ボタンを押します。

除外設定に「参照」を設定してもリファラスパムを遮断できない場合には、言語設定にビューを適用する事で遮断できます。色々と試してみましょう。

カンパをお願いしますm(_)m

ノウハウツリーでは、編集部が自腹で取材を行っています。

もし、この記事がお役に立ちましたら、少しでも結構ですのでビットコインでカンパを頂けると励みになります!

1LaSkgFHxX59FZYidYBpHa9GL8pHmzfSiR

 

 

 

 

 

■他の人はこちらも見ています。■


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA