27.【衝撃】医者が絶対に口にしない!本当は危険な食べ物 トップ10。【知ってよかった雑学】その②


前記事はこちらです。

26.【衝撃】医者が絶対に口にしない!本当は危険な食べ物 トップ10。【知ってよかった雑学】その①

6.精製糖と人工甘味料

精製糖や高果糖コーンシロップは、血糖値を上げるだけでなく、ガン細胞の最もお気に入りのものだそうです。また、人工甘味料の中には、体内に入ると毒素に変わる成分が含まれているものもあり、ガンや脳腫瘍の原因になるといいます。普段何気なく飲んでいるソーダやジュース類には、こういった糖分が含まれているものがありますから、ご注意くださいね。

 

7.缶詰トマト

米国科学アカデミーが2013年に行った調査によると、缶詰の内側にコーティングされている薬品(ビスフェノールA)をネズミに投与した結果、神経系の障害や乳腺及び前立腺の異常などがみられたそうです。その中でも酸性の強いトマトの缶詰は、ビスフェノールAが溶け出しやすいので、とくに危険を要するようです。特に、妊娠中の方、小さいお子さんをお持ちの方はご注意くださいね。トマトの水煮なら、瓶詰の方が安全ですよ。

 

8.ジャンクフード

ジャンクフードには大量の油、塩、人工のフレーバー、保存剤や合成着色料の他にも、タバコの成分である「アクリルアミド」が含まれているので、やはりガンを引き起こす可能性があります。しかも、使われているジャガイモやコーンが遺伝子組み換えのものである場合もあるので十分な注意が必要です。

9.ポテトチップ

発がん性物質が指摘されるアクリルアミドが、「焼く」「揚げる」など高温で調理された場合、炭水化物(でんぷん)を多く含む食品中に高濃度で検出されたと発表しました。特にポテトチップスはアクリルアミドの検出率が高く、一般的なポテトチップス1袋にアクリルアミドが、WHOが飲料水の許容範囲としている濃度の500倍もの量が含まれ、同国内のファーストフード店で販売されているフライドポテトではその濃度が約100倍だったというのです。

10.アルコール飲料

アメリカでは、アルコール飲料がタバコに続き、ガンの原因のナンバー2だと考えられています。20万人の女性を対象に、14年間調査をした結果、1日1杯のアルコールを毎日飲んだ人と、飲まなかった人とでは、飲んだ人の方が約30%も乳がんの発生率が多かったそうですよ。

 

意外と知られていませんが、日本の食べ物は成果標準で見た場合に危険な物が多いです。企業利益を優先しているせいか、日本の厚生労働省などのお役所は世界的に禁止されているアスパルテームなどの人工甘味料が食品に含まれていようとも目をつぶっています。3.11の東日本大震災の後に福島原発が爆発して放射能が垂れ流された後に、枝野幸男がTVなどマスコミ向けには、「直ちに影響は無い」と連呼する傍ら家族をシンガポールへ逃亡させていただのは有名な話です。福島県産の野菜を食べて応援とか気が狂ったCMが流れているのは、外国人の目には異様に映っているそうです。

TV報道には様々なバイアスがかかっています。真実を見極める目を養うことをお勧めします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.