ノウハウツリーの管理人 のすべての投稿

ソーラー発電の必須知識 ~バッテリー~


ソーラー発電に目覚めた切欠

管理人のメモ書きなので間違えっている箇所などあったらコメント欄に教えて頂けると助かります。

東日本大震災で福島原発がぽぽぽぽ~んな状態になってから、防災用に太陽光発電関係のツールを色々と集める様になりました。停電を体験してから必要な時に自らが電気を作り出せる状態にしておきたいと考えたからです。ソーラーパネルを外に出しておけば勝手に発電してくれるのに、わざわざ東京電力なんかを契約する必要はないと思いました。

不謹慎ではありますが、ソーラー発電関係の製品を多数集めているので、いつ大震災が来たとしても平気です^^余裕で電源を確保できます!!

バッテリー表記には2種類ある

ソーラーパネルで充電した電気を蓄電するバッテリーには2つの表記があります。これが理解するまで若干分かり辛いです。

忘れた時の為に備忘録としてメモしておきます。管理人のメモ書きですが、間違いなどがあればコメント欄で教えて頂けると助かります!

Ah(アンペアアワー)とWh(ワットアワー)

Ah(アンペアアワー)という表記

A(アンペア)・・・電流を表します。

h(アワー:hour)・・・ 時間を表します。

つまり

Ah(アンペアアワー)というのは、A(電流)とh(時間)を掛けた値という事です。

Ah = 電流(A)  ×  時間(h)

例として

12V  20Ahのバッテリーと記載されているバッテリーは

ざっくり計算すると

1Aの電流であれば20時間

2Aの電流であれば10時間

取り出せる程度の容量となります。

Wh(ワットアワー)という表記

W(ワット)・・・電力を表します。

h(アワー:hour)・・・ 時間を表します。

W(ワット:電力)は、

W(ワット) =  電流(A)  × 電圧(V)  

で計算できます。

つまり、

12V 20Ah のバッテリーは

12 × 20 = 240Wh(ワットアワー)のバッテリーと言えます。

30Wの電力であれば、8時間( 240 ÷ 30 = 8 )

60Wの電力であれば、4時間( 240 ÷ 60 = 4 )

120Wの電力であれば、2時間( 240 ÷ 120 = 42)

取り出せる容量のバッテリーと言えます。

 

実際には、ロスが発生するのでざっくりとした目安と考えましょう。


ECO-WORTHY 100W 太陽光発電単結晶ソーラーパネル 20A 液晶表示画面チャージコントローラー 付属

 

 

 


車のバッテリーがあがってしまった場合の復旧方法


JAFを呼ばなくても車のバッテリー上がりは自分で解決できる

長期間車に乗らなかったり、社内に取り付けたカーナビが落下してハザードボタンに当たって車のバッテリーを使いきってしまうと車のエンジンが掛からなくなってしまいます。私の乗っている車では、車の開閉ボタンを押すとミラーがピカッと光って車のロックが外れるのですが、外れずもしかして、、、と思ったら案の定バッテリーがあがってしまいました。

しかも急いでいる時にバッテリーがあがってしまって、かなり困りました。JAFに電話してみたところ到着まで約20分かかるという事で、そこまで到底待てません。

という訳で自分でカーバッテリーの復旧作業を行って無事エンジンが掛かる様になりました!その手順を詳細に解説します。

カーバッテリーの構造

カーバッテリーは、外車の場合には車のトランクの床を捲るとそその下に埋め込まれている場合が多いです。

赤(プラス)

黒(マイナス)

という事は絶対に覚えておきましょう!

ジャンプスターターを取り付けてバッテリー回復をする手順

ブースターケーブルの赤クリップ(プラス)をカーバッテリーの赤(プラス)サイドに取り付けます。

次にブースターケーブルの黒クリップ(マイナス)をカーバッテリーの車よりにあるマイナスに取り付けます。

カーバッテリーのマイナス(黒)に接続するのではなく、車とカーバッテリーの接続部分に取り付けます。この時にカーバッテリーのマイナス(黒)に、ブースターケーブルのマイナス(黒)を取り付けると故障原因となるので注意しましょう。分かり辛いので念の為に写真も載せておきます。

この時にはどうしても火花が取り散りますが心配はいりません。

接続が出来たら、続いて車にキーを挿してエンジンをかけてみましょう。もし、エンジンが掛からない場合、カーバッテリーにエンジンをかける為に必要な最低限度の電力が溜まっていない事が原因です。その場合には、ジャンプスターターを接続して5分位そのまま待った上で再びエンジンをかけてみてください。

無事エンジンが掛かればOKです。しっかりP(パーキング)にロックをした状態で⑤の手順に進みましょう。

ジャンプスターターのクリップを外していきます。

-(マイナス黒) を外します。

次に

+(プラス赤)を外します。

 

バッテリーあがりの時にの復旧作業としてジャンプスターターとカーバッテリーとを連結・切断する場合の手順は

プラス → マイナス → マイナス → プラス 

と覚えておきましょう。

 

エンジンを10分位かけたままにして、カーバッテリーに充電を行います。車が走り始めてしまえばバッテリーが充電されるので良いのですが、そのまま車を駐車場に入れる場合などは再びバッテリーあがりになってしまう危険があるのでエンジンをかけて蓄電しておくと良いでしょう。

車のバッテリー上がりに備える

 

今回の様な車のバッテリー上がりにJAFを呼ぶ事無く私がエンジンを掛けられたのはジャンプスターターを念の為に車に入れていた為です。アマゾンなどで人気のあるジャンプスターターを幾つかご紹介します。万が一のバッテリー切れで焦らないた目にもジャンプスターターは最低1つは車に積んでおくと良いでしょう。


Arteck ジャンプスターター 12V車用エンジンスターター 8000mAh ポータブル充電器最大300A LED緊急ライト搭載 スマホ急速充電器 24ヶ月保証付【日本語取扱説明書付き】


CAR ROVER ジャンプスターター バッテリーレスキュー 14000mAh 800A マルチチャージャー 車用バッテリー充電器 カーエンジンスターター 緊急始動 モバイルバッテリー 非常用電源  60C放電率

楽天にもジャンプスターターが販売されていました。

 

 

 

 

 


WordPressでメタ情報が表示される位置を変更する方法


WordPressのテーマ「Twenty Thirteen」において、記事ページに表示されるカテゴリーやタグ、投稿日といったメタ情報の表示位置を変更する方法をご紹介します。
※この記事は「WordPress 4.7.2 」の テーマ「Twenty Thirteen バージョン: 2.1」においてのものです。

変更する方法はいたって簡単です。
「content.php」ファイルにある以下の部分を、表示させたい部分へ移動させるだけです。

<div class=”entry-meta”>
<?php twentythirteen_entry_meta(); ?>
<?php edit_post_link( __( ‘Edit’, ‘twentythirteen’ ), ‘<span class=”edit-link”>’, ‘</span>’ ); ?>
</div><!– .entry-meta –>

 

私は記事ページ上部に表示されていたメタ情報をページ下部へ移動させたかったので、もともと「content.php」ファイルのheader内にあった上記の部分を、同じ「content.php」ファイルのfooter部分(下記)の上に移動させました。

<footer class=”entry-meta”>
<?php if ( comments_open() && ! is_single() ) : ?>
<div class=”comments-link”>
<?php comments_popup_link( ‘<span class=”leave-reply”>’ . __( ‘Leave a comment’, ‘twentythirteen’ ) . ‘</span>’, __( ‘One comment so far’, ‘twentythirteen’ ), __( ‘View all % comments’, ‘twentythirteen’ ) ); ?>
</div><!– .comments-link –>
<?php endif; // comments_open() ?><?php if ( is_single() && get_the_author_meta( ‘description’ ) && is_multi_author() ) : ?>
<?php get_template_part( ‘author-bio’ ); ?>
<?php endif; ?>
</footer><!– .entry-meta –>

【なか卯】プレミアムカツカレーの大盛を食べてみた。


【なか卯】プレミアムカツカレーの大盛

少々お腹が空いたのでなか卯プレミアムカツカレーの大盛を昼飯に食べにいってきました。プレミアムと名前に付いているのでちょっと特別な味か何かかな~と思ってましたが、別に大した事はありませんでした。まぁー当然ですが。ただ、マクドナルドの添加物だらけのハンバーガーを食べる位ならまだ、チープななか卯のカレーの方が体には良い気がします。

プレミアムカツカレーの代金

プレミアムカツカレー(大盛り)の代金は、950円です。

原価はおそらく300円位だと思います。まぁ、コスパは良いのではないでしょうか。大して美味しくはありませんが。

プレミアムカツカレーの写真

ご飯に工場で多量生産した様なルーカツ角切りにしたビーフが乗っていました。味はまずくはないですが、むちゃくちゃ美味しいかと言うとそんな事は全くありません。美味しいカレーを食べたい人は、なか卯みたいなところじゃなくて、しっかりとしたカレー専門店の方がやっぱり美味しいですよ。

ご飯が福島県産が使われていないか若干心配しています。今度時間が出来たらなか卯に米の産地など聞いてみたいと思います。

農林水産省は福島県産の米が売れない為に、お米の多少の産地偽装(例えば、福島県産の米を他の産地の米とまぜとブレンド米として販売するなど)は黙認していると知り合いの農協で勤務している人から聞きました。

農林水産省にしてみると福島県産の米を日本全国の外食チェーン店などで客に提供してもらった方(日本全国に内部被ばく者を効率的に増やせる)が、日本全国のガンの発生率が均等になり、福島県のガンの発生率が高くなっている事実を目立たせずに済むというという狙いがある様です。

信じるか、信じないかはあなた次第です!


38.【衝撃】世界を変えた偶然の発明


38.【衝撃】世界を変えた偶然の発明

人類は、たくさんの発明をしてきましたがその中には、間違いや偶然から発見されたものも多く存在します。本日はそんな世界を変えた偶然の発明をご紹介します。

アイスクリームのコーン

アイスクリームは1904年までお皿に盛りつけて提供するのが一般的でした。ある日、博覧会に出店したアイスクリーム屋が大繁盛しふと隣に出店していたワッフル屋を見ると、それ程繁盛していなかったので2店は強力し、ワッフルを皿代わりにしてアイスクリームを売ったのです。こうして、アイスクリームのコーンは生まれました。

ポテトチップス

ジョージ・クラムはニューヨークにあるリームーンレイクという店のシェフをしていました。1853年のある日、一人のお客さんがフライドポテトを返品してさらに薄く、もっとカリカリに揚げてくれと文句をつけてきました。そこでクラムはお客さんの機嫌を損ねないように言われた通りジャガイモを極限まで薄くスライスし岩のように固くなるまで揚げました。クラムは、恐る恐るお客さんの元にそれを出すとお客さんはそれをとても気に入ったのです。これがポテトチップスの誕生です。

電子レンジ

パーシー・スペンサーは海軍として働き、退役後はレイシオン社の優秀な技術者として働いていました。1945年に、彼はマイクロ波(電波の一種)を放射するマグネトロンをいじっているとズボンの中に変な感触を感じました。その不思議な感触はポケットの中に入れていたチョコバーが溶け始めていた感触だったのです。
それはマグネトロンのマイクロ波の放熱が原因でした。スペーサーはポップコーンを置いてみるとポップコーンが弾け、部屋中に散乱したのです。そこから、マグネトロンが組み込まれた箱「電子レンジ」が誕生しました。

アイスキャンディー

ある寒い日に11歳のフランクは、ベランダでコップに入れたジュースを飲んでいました。用事を思い出したフランクは、そのままベランダにジュースを放置して出て行ってしまいました。翌日、ジュースを取りに行くとそこには、凍り付いたジュースがありました。そしてジュースに差し込んであったかき混ぜ棒を引き抜くとアイスごとすっぽりと抜けたのです。そこからアイスキャンディーを思いつきフランクは、アイスキャンディーの会社を立ち上げたのです。今でもその会社はアイスキャンディーを造り続けています。

マッチ

1827年、ジョン・ウォーカーは化学薬品を扱っていた時にかき混ぜ棒の先に乾燥した塊が付いている事に気がつき、ふと乾燥した手袋に擦り付けてみると突然発火し始めたのです。彼は約8センチ程の長さの摩擦マッチをヤスリの付いた箱とともに地元の本屋で販売し始めました。これがマッチの誕生です。

人工甘味料

研究所で働く、コンスタンチン・ファールバーグは日夜、化学物質の研究をしていました。ある日、疲れたコンスタンチンは、実験後手も洗わずに家に帰り、その手で夕食のパンを食べていました。すると、砂糖を加えていないのにも関わらず甘い事に気がつき自分の手についた物質が甘さの原因である事に気づいたのです。こうして、世界初の人工甘味料「サッカリン」が生まれました。

マジックテープ

スイス人の技術者ジョルジュ・デ・メスとラルは飼い犬と一緒に狩りを楽しんでいました。その時犬の毛や自分の靴下にゴボウの実がくっつくのに悩まされていました。彼は家に帰ると、顕微鏡を使いゴボウの実が小さなカギの様なもので遷移に絡まっているのを発見したのです。ジョルジュは何年もかけて様々な生地で実験を行い遂にマジックテープを完成させました。

コーンフレーク

ウィリアム・ケロッグと彼の弟のジョン・ケロッグは世界的にも有名なシリアルの発明者です。二人は朝食のパンに代わる消化し易い食べ物を探していました。研究の結果、茹でた小麦に辿り着きましたが、ある時、長く茹で過ぎてしまったのです。仕方なく、ウィリアムは茹で過ぎた小麦を平に伸ばして大きなフレークにしました。彼らは、それを焼いて試しに食べてみたところ美味しくて健康的な軽食になっていたのです。1906年にケロッグ社は175,000箱のコーンフレークを出荷し大成功を収めました。

 


37.【知らなかった!】広告写真に使われているトリックをご紹介


37.【知らなかった!】広告写真に使われているトリックをご紹介

広告の写真を見て購入した商品があまりにも広告写真とかけ離れているという経験をした事はありませんか?

実は広告写真には、商品をよりよく見せる為に様々なトリックが使われています。今回は、そんな広告写真で使われているトリックをご紹介していきたいと思います。

シリアルの広告写真

全ての撮影でこのテクニックが使用されているという訳ではありません。シリアル製品の写真は、シリアルが牛乳の上に浮いている方が美味しそうに見えます。もし普通の牛乳を使ってしまうとシリアルが牛乳に沈んでしまいます。そうならない為に、実はシリアルを浮かせておく為に白色の接着剤が使われています。こうする事によって、シリアルが沈まずにとて美味しく見せる事が出来るのです。

アイスクリームの写真

アイスクリームの写真には、本物のアイスクリームは使われていません。なぜならスタジオの証明のせいでアイスクリームがすぐ溶けてしまい綺麗な状態で撮影をする事が出来ない為です。
そこでアイスクリームの代わりにマッシュポテトと着色料を使用します。こうする事によって、溶ける事もなく綺麗な艶を出す事が出来るのです。

ハンバーガーの写真

何か写真と違う食べ物の代表格といえばハンバーガーです。
はい、皆さんのご想像通り様々なトリックが使用されています。
まず、あの美味しそうなふんわり感を出す為に中には、爪楊枝が仕込まれておりその上にレタスや肉を乗せる事でふんわりとした状態に見せています。最後に、ケチャップを注射器で加えるとあの様な美味しそうなハンバーガーが完成します。確かにこうした方がとてもハンバーガーが美味しく見えます。

アイスキューブ

広告写真で氷の入った冷たい飲み物の写真を撮る時は実は本本物の氷は使われていません。その理由として、熱いライトの下では氷がすぐに溶けてしまい撮影にならないからです。その為、撮影ではプラスチック製のアイスキューブが使用されています。アイスキューブなら溶ける事も無いし、本物の氷よりもずっと冷たく美味しそうに見えます。

飲み物の中の泡

撮影で牛乳やコーヒー・ビールなど泡のある飲み物の写真を撮りたい時には洗剤を飲み物に加えています。こうする事によって綺麗な泡を出す事が出来るので美味しそうに見える写真を撮る事が出来るのです。

ホイップクリームの代わり

ホイップクリームを含む食べ物を撮影する時は、ホイップクリームはすぐに溶けてしまうので代わりにシェービングクリームが使われています。写真で見ていたあの美味しそうなホイップクリームがまさかシェービングクリームだったなんてびっくりですよね。

フルーツの写真

フルーツの写真を撮る時はフルーツがピカピカに見えた方が新鮮でとても美味しそうに見えますよね。しかし本当にピカピカしているフルーツはほとんどありません。そこで、多くの撮影ではフルーツに制汗スプレーを吹きかけています。こうする事によって、とてもイキイキしたフルーツの写真を撮る事が出来る様になります。もっともフルーツにするととてもたまったものではありませんが。。。

湯気を作る

温かい写真を撮る時には湯気が出ている方が美味しそうに見えます。ただ料理をレンジで温めたところで湯気が出る量も時間も限られています。そこで、湿らせた綿を電子レンジで温めて湯気を作っているのです。綿はかなりの時間、湯気を出し続けるのでカメラマンは焦る事なくじっくりと必要な写真を撮る事が出来るのでカメラマンの間では非常に綿は重宝されています。


HeidiSQLの便利な機能【過去に実行したSQLの履歴を確認できる】


HeidiSQLの便利な機能【過去に実行したSQLの履歴を確認できる】

HeidiSQLで覚えておきたい便利な機能を紹介します。

HeidiSQLでは過去に発行したクエリが履歴として保存されています。過去に実行したSQLの履歴を表示して、必要に応じて抽出条件を変更すれば、一からSQLを作成する必要も無く効率が良いです。毎度毎度似た様なSQL文を書いてるな~とうんざりしている人はぜひマスターしましょう。

早速その手順です。

クエリタブをクリック > 画面右側のクエリ履歴をクリック

SQL発行時の日付ごとに全て記録されているのが分かります。

利用したいSQLをダブルクリックすると左ペインにそのクエリが自動で入ります。また、中央の仕切り線を左右にドラッグする事で左右のペイン(枠)の幅の調節も出来ます。


36.世界を変える未来のテクノロジー


36.世界を変える未来のテクノロジー

このページで紹介する雑学の中には、すでに実用化されているものもありますが、まだ中には初期段階のものもあります。私達は人類の歴史の中で新たなテクノロジーの時代に踏み込もうとしています。まだまだSF映画のような世界には、遥かに届いていないかもしれませんが、これからご紹介する最新テクノロジーは想像を絶する程未来的です。

ハイパーループ

この記事をご覧の皆さんの中にもフューチュラマというアニメシリーズを見た事のある人がいると思いますが、このアニメでは市民が特別なパイプで高速移動をする場面が出てきます。ハイパーループ・トランスポーテーション・テクノロジーズ HTTという会社が、このアニメ世界のアイデアを実現させようとしているのです。都市間を真空管で結び、移動するという都市間輸送システムなのです。乗客は特別なカプセルに乗り、時速約1300キロの速度で都市から都市への移動が可能となります。注文すべき点は、この高速移動が音よりも速いというところです。また、このカプセルの中には液晶ディスプレイの広告などがあるので快適なだけでなく、エンターテイメント性も兼ね備えています。現時点では最初のテスト走行も行われました。

垂直農法

ある予想によると20150年までに世界の人口の8割以上が都市部に集中すると言われています。その為、多くの国で食料調達の問題が大きな課題となっています。この垂直農法は特に課題である農地を非常に効率よく確保する事ができます。また、重力のおかげで、たった一回の水まきで全ての農地に水を行きわたらせることができるため水とエネルギーの両方をうまく節約することができます。この発明は、新鮮な野菜を調達するための経済的で、環境にやさしい、画期的な方法です。

3Dプリンター

プリンターが私達の生活に浸透し始めてから、数年が経ちますがこの技術はどんどん進化し続けています。医療目的のために製品をバイオプリントしたり原料や様々な機械の部品などが作られています。それは例えばエンジンや新しい宇宙開発に使われています。つまり3Dプリンターは将来なくてはならないない技術なのです。近い将来、私たちは自分の力で家や自転車や車でさへ作れるようになるかもしれません。

スマートガラス

柔軟で耐久性のあるスマートなガラス。このスマートなガラスは、従来の耐久性はそのままで、ガラスの透明度を切り替える事ができ、さらにはタッチパネルとして使うことも出来るのです。この新しいタイプのガラスは仮定や仕事場に画期的な変化をもたらすこと間違いなしです。スマートガラスで出来た壁は必要に応じて窓になり紫外線の量や温かさの量をコントロールすることができるので家庭や車のエネルギーの効率化をはかることも可能です。簡単な手の操作だけで、あなたの家の壁が窓に変わりそして、窓からタッチパネルに変わるんです。

家庭用ロボットやドローン

ロボット工学の急激な発展にともない私達消費者にとってより親しみやすい家庭用ロボットが出てくる様になりました。しかし商業用のドローンのブームは、まだ始まったばかりなんです。近い将来、市場にはるかに知的で便利な機械が出てくるでしょう。それはホンダ社アシモのような人間と会話し、手伝う為に作られたロボットかもしれませんし人間の代わりに仕事をするロボットかもしれません。テレビ、パソコン、洗濯機、電子レンジなどの家庭用電化製品に加え世界中のほぼ全ての家庭で家事用ロボットが必要不可欠になる時代は、もう目と鼻の先なんです。

人間拡張

バイオニクスは人類の顔を変えます。これは、まさに文字通りの意味です。人類が機械に依存すればするほど私達の能力は現在よりも、はるかに向上させられるようになります。例えば目の中にビデオカメラを入れたり高くジャンプ出来る様になったり、速く走れる様になったり、或いは私達の意志で電子機器を制御できるようになったり人間の機械の境界線が、ゆっくり、しかし確実にあいまいになってきています。この様な新しい機能により、私達はこれまで体験した事の無い様な事が出来る様になる可能性があるのです。もしかすると色を聞いたり電界を感じたりあるいは、マトリックス映画のように私達の脳に新しい情報をアップロードできる様になるかもしれません。

真の人工知能

長い間、私達はメディアによって私達の命令や質問、感情、更にはユーモアを理解できる人工知能をもったロボットと会話ができるようになると伝えられてきました。しかし、実際は夢のまた夢の話です。ところが、比較的近い将来、この状況が変わるかもしれません。というのも、現在エンジニアが人間の感情や表現を理解できるロボット開発のために必死にプログラミングに取り組んでいるからです。人間の怒りや悲しさを理解できるようになったり幾つかは、自分が見たままの状況を説明することさへ出来る様になりました。これは、周りの世界を認識し説明できるロボットを作るための最初のステップで次は、私達人間とロボットが情報交換できる段階へと進みます。

ナノテクノロジー

ナノテクノロジーは次の100年で私達が想像もできなかった様な画期的な世界の実現を約束しています。ナノテクノロジーの機械はとても小さいため必要なエネルギーは私達の心臓の鼓動や細胞に含まれる化学エネルギーから得る事ができます。またナノテクノロジーは現在、アルツハイマー病や癌などの疾患に対する薬の研究そして、開発に役立っています。いつの日か人類は、名のマシンのない時代を石器時代と呼ぶ日が来るかもしれません。しかしこれはまだ先のお話です。

 

本日の纏めはここまでです。今回はこの記事を纏めていて本当にワクワクしました。近い将来、私達の生活を面白く快適にしてくれる素晴らしい発明が待ち構えていると分かったら今の生活がもっと楽しく面白くなりますよね。新しいテクノロジーは私達の人生を長くしたり、自分の人生に問題のある人の生活を取り戻す事だって出来るのです。


35.【衝撃】実際に冷凍保存された人々5選 嘘のようで本当の話に世界が震えた!


35.【衝撃】実際に冷凍保存された人々5選 嘘のようで本当の話に世界が震えた!

”死”からは絶対に逃れられない

唯一のものである。だが、どうしても死を受け入られずに、新たなる技術にその身を託す人は後を絶たない。SF映画でしばしば見かける人体冷凍保存もその1つである。現在の医療技術で蘇生が不可能とされた人体を冷凍保存し、未来に技術が発展する事を期待して、蘇生が可能になったころに解凍して治療する考え方である。実際に冷凍保存されたケースをサイドストーリーと共に紹介していきます。

掲示板への投稿がきっかけで冷凍保存された女性

脳神経外科を専攻していた23歳の学生

キム・スオッジは、末期の脳癌と診断された。悩んだ末、治療法が見つかる日がくるまで自分を冷凍保存しておくため、インターネット上で資金を募った。その努力が実りキム・スオッジは現在、冷凍保存されている。あと数か月の命だと悟ったスオッジは、海外掲示板上に残りの日々をどう過ごすべきかという質問を投げかけたところ、冷凍保存に関する話題が持ち上がった。そこでスオッジはネット上で助けを求める発言を発信していたところを”ベントゥーリズム・ソサエティ”の有志含む未来信者たちが、慈善活動を立ち上げ、この冷凍保存というアイディアを実現するために必要な大金を集めるのに協力した。スオッジは2013年1月17日にその生涯を閉じたが、今現在、臨床的に亡くなった状態で保存されている。

最年少の冷凍保存ケースとなった2歳の少女

タイ人のマセリン・ナオバラトポンちゃんは、冷凍保存された人類の中でも、最年少であろう。ある朝突然、マセリンちゃんは自分で目を覚ます事が出来なくなった。彼女は、とても若い世代に多い、特殊な脳腫瘍と診断された。集中治療を初めてから脳外科手術を12回、化学療法を20回、放射線治療を20回など、現代医学を駆使したあらゆる治療が行われたが、どうにもならなかった。2015年1月8日、彼女の両親が延命措置を切ると、彼女は息を引き取った。亡くなるまでに左脳の80パーセントを失っていた彼女は、実質右半身が麻痺した状態だった。どうしても諦められない彼女は、マセリンちゃんの体を冷凍保存してもらおうと、その業界で一番知られている会社にお願いした。マセリンちゃんの体は現在、アリゾナに本社を置くアルコーという冷凍保存施設で管理されている。凍らされた脳と体は、マイナス196度で別々に保管してある。いつか科学が進歩し、彼女の命を取り戻せる日が来て欲しい、と言うのが彼女の家族の希望である。また、彼女の両親は、彼女の脳細胞や体の他の部分を保管することによって、いつか彼女の命を奪ったこの病気についての研究が進む事も望んでいる。

妻を冷凍保存するために詐欺師になった男

ワイルオンチェイは、出資者たちに金融商品、外国為替・貴金属への投資を持ち掛け、15万ドル(約1,800万)を集めると2009年に死亡した彼の妻の冷凍保存の為に利用した。チェイがやり取りに使っていた銀行口座はまだ見つかっていない。検察官によると、2011年に取り調べが行われている最中に、当時38年の彼はニューヨークからペールへ飛び立ち、それ以来行方不明になっている。昨年、州の商品先物取引委員会が彼に対して提出したこの件に関する民事訴訟への回答は、彼からも彼の弁護士からも得られていない。チェイは、毎年24パーセントの利益を還元することを約束し、「この取引にはリスクが無い」と言い500万ドル(約6億円)以上の出資金を募った。集めたうちの200万ドルの一部を妻の冷凍保存を含む個人的な目的の為に使用した。投資家の一人が、チェイと会う度に彼が運転している車種が違うのに気づいた事で、ようやく発覚した。チェイの手口は偽の口座情報を提示することによって出資者たちを欺き、新株の投資者たちの出資金を使いまわして、古株の投資者達に偽の配当金を工面していた。

人類初の蘇生目的の冷凍保存となった人物

一般的に、人類で初めて将来的な蘇生を目的に冷凍保存された人物とされているのは、73歳で亡くなった心理学の教授、ジェームス・ベッドフォードである。彼は1967年1月12日に、CSC(カリフォルニア低温保存会)によって粗雑な状態で保存された。冷温保存コミュニティの中では、彼の冷凍保存の記念日を「ベッドフォードの日」としてお祝いしている。この話は、アポロ1号の火災事故を報道するまで、ライフ誌の限定版の表紙も飾っていた。ベッドフォードの遺体は、家族によって液体窒素につけられ、1982年までカリフォルニア南部で保管されていたが、その後アルコー延命財団へと移動され、今現在も大事に保管されている。

冷凍保存を望んだビットコインの先駆者

2014年、ビット・コインの先駆者であるハル・フィニーは、世界で最も価値の高い暗号通貨の第二の開発者として広く知られている。彼は、58歳の時に筋萎縮性側索硬化症(ALS)に侵され、5年の闘病生活ののち、この世を去った。2008年、ALSと診断される1年前、オンライン掲示板上の暗号化技術はどんどん展開を進め、ついにフィニーが世界で初めて、ビット・コイン取引の受領者となった。彼は亡くなる前、自分の遺体をアルコールで冷凍保存して欲しいと希望していた。彼の遺体は、現在450リットルもの液体窒素で満たされた304センチはあるタンクの中で保管されており、体内の血液やその他の体液を抜かれた状態になっている。


【2017年1月21日】トランプ新大統領の就任演説【全文と和訳】


【2017年1月21日】トランプ新大統領の就任演説【全文と和訳】

Chief Justice Roberts, President Carter, President Clinton, President Bush, President Obama, fellow Americans, and people of the world: Thank you.

ロバーツ最高裁長官、カーター大統領、クリントン大統領、ブッシュ大統領、オバマ大統領、同胞のアメリカ国民の皆さん、世界の人々、ありがとうございます。

We, the citizens of America, are now joined in a great national effort to rebuild our country and to restore its promise for all of our people.

私たちアメリカ市民は今、この国を再建し、国民全員への約束を復活させるため、大いなる国家的事業に取り組むべく団結しています。

Together, we will determine the course of America, and the world, for many, many years to come.

私たちは一緒になって、今後何年も続くアメリカと世界の進路を、定めていきます。

We will face challenges. We will confront hardships. But we will get the job done.

課題に直面するでしょう。困難に直面するでしょう。しかし、私たちはやり遂げます。

Every four years, we gather on these steps to carry out the orderly and peaceful transfer of power, and we are grateful to President Obama and First Lady Michelle Obama for their gracious aid throughout this transition. They have been magnificent.

4年ごとに私たちはこの階段に集まり、秩序ある平和的な権限の移行を行います。この政権移行の間、寛大に支援してくれたオバマ大統領とファーストレディのミシェル・オバマ夫人に感謝しています。お2人は素晴らしかった。

Today’s ceremony, however, has very special meaning. Because today we are not merely transferring power from one administration to another, or from one party to another – but we are transferring power from Washington, D.C. and giving it back to you, the people.

けれども今日の式典には特別な意味があります。なぜなら私たちは今日、単にひとつの政権から次の政権に、あるいはひとつの政党から別の政党に、権力を移しているだけではないからです。私たちは権力をワシントンから、国民の皆さんにお返しするのです。

For too long, a small group in our nation’s capital has reaped the rewards of government while the people have borne the cost.

今まであまりに長いこと、この国の首都の少数の人たちが政府の恩恵にあずかり、国民がその負担を担ってきました。

Washington flourished – but the people did not share in its wealth.

ワシントンは栄えたが、国民はその富を共有しなかった。

Politicians prospered – but the jobs left, and the factories closed.

政治家たちは豊かになったが、仕事はなくなり、工場は閉鎖した。

The establishment protected itself, but not the citizens of our country.

国の主流派は自分たちを守ったが、この国の市民は守らなかった。

Their victories have not been your victories; their triumphs have not been your triumphs; and while they celebrated in our nation’s capital, there was little to celebrate for struggling families all across our land.

彼らの勝利はあなたたちの勝利ではなかった。彼らの成功はあなたたちの成功ではなかった。彼らはこの国の首都で祝っていたものの、国中各地で苦しむ家族たちにとって祝うに値することはほとんどありませんでした。

That all changes – starting right here, and right now, because this moment is your moment: it belongs to you.

それは一切変わります。まさに今、ここで。なぜならこの瞬間は皆さんの瞬間だからです。これはあなたたちのものです。

It belongs to everyone gathered here today and everyone watching all across America.

今日ここに集まった全員のもの、アメリカ全土で見守っているすべての人のものです。

This is your day. This is your celebration.

今日はあなたの日です。これはあなたのお祝いです。

And this, the United States of America, is your country.

そしてこの、アメリカ合衆国は、あなたの国なのです。

What truly matters is not which party controls our government, but whether our government is controlled by the people.

本当に大事なのは、どちらの党が私たちの政府を仕切っているかではなく、私たちの政府を国民が仕切っているかどうかです。

January 20th, 2017, will be remembered as the day the people became the rulers of this nation again.

2017年1月20日は、国民が再びこの国の指導者となった日として記憶されるでしょう。

The forgotten men and women of our country will be forgotten no longer.

この国の忘れられた人々は、もうこれ以上、忘れられることはありません。

Everyone is listening to you now.

誰もが皆さんに耳を傾けています。

You came by the tens of millions to become part of a historic movement the likes of which the world has never seen before.

何千万人もの皆さんは、世界が今まで見たこともない歴史的な運動の一部になるため、参加しました。

At the centre of this movement is a crucial conviction: that a nation exists to serve its citizens.

この運動の中心には、不可欠な確信があります。国は市民に奉仕するために存在するのだという確信です。

Americans want great schools for their children, safe neighbourhoods for their families, and good jobs for themselves.

アメリカ人は子供たちのために最高の学校が欲しい。家族のために安全な地域が欲しい。そして自分たちのために良い仕事が欲しい。

These are the just and reasonable demands of righteous people and a righteous public.

正義の人々、そして正義の社会にとって、これは正当で道理のある要求です。

But for too many of our citizens, a different reality exists: Mothers and children trapped in poverty in our inner cities; rusted-out factories scattered like tombstones across the landscape of our nation; an education system, flush with cash, but which leaves our young and beautiful students deprived of all knowledge; and the crime and the gangs and the drugs that have stolen too many lives and robbed our country of so much unrealised potential.

しかしこの国の市民のあまりに多くが、これとは別の現実の中にいます。都市の中心部では母親と子供たちが、貧困に囚われている。この国のあちこちで、さびついた工場が墓石のように散らばっている。資金を大量につぎこまれた教育制度は、若く美しい生徒たちに何の知識も与えないままだ。そして犯罪とギャングと麻薬が、あまりにも多くの命を奪い、あまりにも多くの可能性を実現しないままこの国から奪い去った。

This American carnage stops right here and stops right now.

このアメリカ内部の殺戮(さつりく)は、まさにここで、たった今、終わります。

We are one nation – and their pain is our pain. Their dreams are our dreams; and their success will be our success. We share one heart, one home, and one glorious destiny.

私たちはひとつの国です。苦しむ人々の痛みは、私たちの痛みです。彼らの夢は、私たちの夢です。その成功は、私たちの成功となるでしょう。私たちはひとつの心、ひとつの家、そしてひとつの栄光ある運命を共有しているのです。

The oath of office I take today is an oath of allegiance to all Americans.

私が今日行う就任の宣誓は、すべてのアメリカ人に対する忠誠の誓いです。

For many decades, we’ve enriched foreign industry at the expense of American industry;

何十年も前から私たちは、アメリカの産業を犠牲にして外国の産業を豊かにしてきました。

Subsidised the armies of other countries while allowing for the very sad depletion of our military;

この国の軍隊が悲しくも消耗していくのを許しながら、外国の軍隊を援助してきました。

We’ve defended other nations’ borders while refusing to defend our own;

自分たちの国境防衛を拒否しつつも、外国の国境を守ってきました。

And spent trillions and trillions of dollars overseas while America’s infrastructure has fallen into disrepair and decay.

そしてアメリカのインフラが荒廃し衰退する一方で、海外では何兆も何兆もの金を使ってきました。

We’ve made other countries rich while the wealth, strength, and confidence of our country has dissipated over the horizon.

我々は、この国の富と力と自信が地平線の向こうで衰退していく間に、よその国々を金持ちにしてきたのです。

One by one, the factories shuttered and left our shores, with not even a thought about the millions and millions of American workers that were left behind.

工場はひとつひとつ、次々と閉鎖し、この国を出て行きました。取り残された何百万人ものアメリカの労働者のことなど、何ひとつ考えないまま。

The wealth of our middle class has been ripped from their homes and then redistributed all across the world.

この国の中産階級の富は無理やり奪い取られ、世界中に再配分されていきました。

But that is the past. And now we are looking only to the future.

しかしそれは過去のことです。そして今の私たちは、ただひたすら未来だけを見つめています。

We assembled here today are issuing a new decree to be heard in every city, in every foreign capital, and in every hall of power.

今日ここに集まった私たちは、すべての都市、すべての外国の首都、そしてすべての権力の回廊に聞かせるため、新しい布告を発します。

From this day forward, a new vision will govern our land.

今日から今後は、新しいビジョンがこの国を統治します。

From this day forward, it’s going to be only America First, America First.

今日から今後は、ただひたすら「アメリカ第一、アメリカ第一」です。

Every decision on trade, on taxes, on immigration, on foreign affairs, will be made to benefit American workers and American families.

貿易、税金、移民、外交に関するすべての決断は、アメリカの有権者とアメリカの家族の利益となるよう行われます。

We must protect our borders from the ravages of other countries making our products, stealing our companies, and destroying our jobs. Protection will lead to great prosperity and strength.

私たちは、私たちの製品を作り、私たちの企業から盗み、私たちの職を破壊する外国の侵害から、この国の国境を守らなくてはならない。保護によって、繁栄と力は拡大します。

I will fight for you with every breath in my body – and I will never, ever let you down.

私は自分の命すべてをかけて皆さんのために闘います。そして決して、絶対に、がっかりさせません。

America will start winning again, winning like never before.

アメリカはまた勝ち始めます。かつてないほど勝ち始めます。

We will bring back our jobs. We will bring back our borders. We will bring back our wealth. And we will bring back our dreams.

この国の仕事を回復させます。国境を回復します。富を回復させます。そして私たちの夢を復活させます。

We will build new roads, and highways, and bridges, and airports, and tunnels, and railways all across our wonderful nation.

私たちはこの素晴らしい国の全土で、新しい道路、高速道路、橋、空港、トンネル、鉄道を造ります。

We will get our people off of welfare and back to work – rebuilding our country with American hands and American labour.

国民がもう生活保護を必要としないように、仕事に戻れるようにします。この国をアメリカ人の手とアメリカ人の労働で再建します。

We will follow two simple rules: Buy American and hire American.

私たちは2つの素朴なルールに従います。アメリカのものを買い、アメリカ人を雇うのです。

We will seek friendship and goodwill with the nations of the world – but we do so with the understanding that it is the right of all nations to put their own interests first.

私たちは世界の国々との間に友情、そして友好を求めます。しかしその前提には、すべての国は自国の利益を優先する権利があるという認識があります。

We do not seek to impose our way of life on anyone, but rather to let it shine as an example – we will shine – for everyone to follow.

私たちは自分たちの生き方をほかの誰にも押し付けようとはしませんが、むしろお手本として輝くように、私たちは輝きますから、ほかの人たちが見習うべきお手本として輝くようにします。

We will reinforce old alliances and form new ones – and unite the civilised world against radical Islamic terrorism, which we will eradicate completely from the face of the Earth.

私たちは古い同盟関係を強化し、新しい同盟を結びます。そして、文明世界を一致団結させて、イスラム過激主義のテロと戦います。イスラム過激主義のテロは、この地上から完全に消し去ります。

At the bedrock of our politics will be a total allegiance to the United States of America, and through our loyalty to our country, we will rediscover our loyalty to each other.

私たちの政治の礎となるのは、アメリカ合衆国に対する完全な中世です。そして自分たちの国への忠誠心を通じて、私たちはお互いへの忠誠心を再発見するでしょう。

When you open your heart to patriotism, there is no room for prejudice.

自分の心を愛国心に向けて開けば、偏見が入り込む余地はありません。

The Bible tells us: “How good and pleasant it is when God’s people live together in unity.”

聖書はこう教えています。「神の人々がひとつになって暮らすのは、なんて善い、心地良いことでしょう」と。

We must speak our minds openly, debate our disagreements honestly, but always pursue solidarity.

私たちは思ったことを自由に発言し、意見が違えば議論しなくてはなりませんが、常に連帯を目指すべきです。

When America is united, America is totally unstoppable.

アメリカが団結すれば、アメリカを食い止めることなど不可能です。

There should be no fear – we are protected, and we will always be protected.

恐れるべきではありません。私たちは守られているし、常に守られていくので。

We will be protected by the great men and women of our military and law enforcement and, most importantly, we will be protected by God.

私たちは軍隊と法の執行機関の偉大な人々に守られているし、何よりも神が私たちを守ってくれます。

Finally, we must think big and dream even bigger.

最後に、私たちは大きく考え、さらに大きく夢見なくてはなりません。

In America, we understand that a nation is only living as long as it is striving.

アメリカの私たちは、国とは努力し続けなければ生き続けられないものだと理解しています。

We will no longer accept politicians who are all talk and no action – constantly complaining but never doing anything about it.

私たちは、口先だけで行動しない政治家をもうこれ以上受け入れません。文句を言うだけで何もしない政治家など。

The time for empty talk is over.

空虚なお話の時間はもう終わりです。

Now arrives the hour of action.

行動の時がやってきました。

Do not allow anyone to tell you that it cannot be done. No challenge can match the heart and fight and spirit of America.

そんなことは無理だと誰かに言われても、決して信じてはいけません。アメリカの心とファイトとスピリットに勝る挑戦などありません。

We will not fail. Our country will thrive and prosper again.

私たちは失敗しません。私たちの国は再び、栄えて繁栄します。

We stand at the birth of a new millennium, ready to unlock the mysteries of space, to free the Earth from the miseries of disease, and to harness the energies, industries and technologies of tomorrow.

私たちは新しい千年紀の誕生と共にあります。宇宙の神秘の扉を開き、病の苦しみから地球を解き放ち、未来のエネルギーや産業や技術を活用しようという、その時に立っています。

A new national pride will stir our souls, lift our sights, and heal our divisions.

国民としての新しい誇りが私たちの魂でうごめき、展望を引き上げ、分断を癒してくれるでしょう。

It is time to remember that old wisdom our soldiers will never forget: that whether we are black or brown or white, we all bleed the same red blood of patriots, we all enjoy the same glorious freedoms, and we all salute the same great American Flag.

この国の兵士たちが決して忘れない古い格言を思い出すべき時です。黒だろうが茶色だろうが白だろうが、私たちは全員が、赤い愛国者の血を流すのだと。全員が同じ素晴らしい自由を享受し、全員が同じ偉大なるアメリカ国旗に敬礼するのだと。

And whether a child is born in the urban sprawl of Detroit or the windswept plains of Nebraska, they look up at the same night sky, they fill their heart with the same dreams, and they are infused with the breath of life by the same almighty Creator.

そして大都市デトロイトの裾野(すその)で生まれようが、風吹きすさぶネブラスカの平原で生まれようが、同じ夜空を見上げた子供は、同じ夢で心を満たし、同じ偉大なる創造主によって生命を吹き込まれるのです。

So to all Americans, in every city near and far, small and large, from mountain to mountain, and from ocean to ocean, hear these words:

なのですべてのアメリカ人は、この言葉を聞いて下さい。あらゆる都市にいる人、遠い近いを問わず、大小を問わず、山から山へ、海から海へ、聞いて下さい。

You will never be ignored again.

あなたは二度と無視されたりしません。

Your voice, your hopes, and your dreams, will define our American destiny.

あなたの声、あなたの希望、あなたの夢は、私たちアメリカの運命を決定するものです。

And your courage and goodness and love will forever guide us along the way.

そしてあなたの勇気と善と愛が、永遠に私たちを導いてくれます。

Together, we will make America strong again.

一緒に、アメリカをまた強くします。

We will make America wealthy again.

アメリカをまた豊かにします。

We will make America proud again.

アメリカをまた誇り高くします。

We will make America safe again.

アメリカをまた安全にします。

And, yes, together, we will make America great again.

そしてそうです。一緒に、私たちはアメリカをまた偉大にするのです。

Thank you, God bless you, and God bless America. Thank you. God bless America.

ありがとう。神様の祝福を。神様がアメリカを祝福しますように。ありがとう。神様がアメリカを祝福しますように。

Trump inauguration: Full text of new president’s speech