AMEX管理画面に表示されている【お支払い/調整金額】とは一体何の数字なのか?


【お支払い/調整金額】という謎の数字

Amex管理画面にログインするとご利用金額の右側にお支払い/調整金額という項目があります。この数字についての説明がアメックス公式サイトにもどこにも表示されていなかったので紹介します。

%e3%81%8a%e6%94%af%e6%89%95%e3%81%84%e3%83%bb%e8%aa%bf%e6%95%b4%e9%87%91%e9%a1%8d

お支払い/調整金額には、色々なパターンがあるみたいですが、代表的な記載の意味は大別して2パターンです。

1.前回の決済日で決済された金額

例えば、前回のAMEXの決済日が2016年8月15日で800,000円決済されたとします。そして利用店舗などからキャンセルなどが何も発生しなかった場合には、お支払い/調整金額は、\800,000という表記となります。

2.前回の決済日(締日)を過ぎた後に店からキャンセル連絡が入った場合には、その金額の合計

分かり辛いですが、例えば 2016年8月15日に800,000円がAMEXより引落が掛かったとします。しかし、その決済日より後の2016年8月20日に利用店舗から間違えて5万円多く請求をしていたからキャンセルをした場合(店舗からAMEXへの取り消し連絡)には、

800,000円 + 50,000円 = 850,000円

の850,000円がお支払い/調整金額に入ります。はい、疑問ですよね。なぜなら800,000円の中には、店舗が間違えて請求していた50,000円が含まれている訳なので普通に考えれば

800,000円 – 50,000円 = 750,000円

がお支払い/調整額に入るんじゃないの?と思うと思います。はい、普通に考えてその考えが正しいと思います。しかし、この計算はAMEXの仕様だそうです。紛らわしい表記になっていますが今のところ仕様の為、変更の予定はないそうです。

補足情報ですが、東京ディズニーリゾートの中にあるCLUB 33というディズニーランドの中で唯一お酒が飲める会員制のレストランがありますが、アメックスセンチュリオンでも予約は取れません。アメックスは提携が無い様です。JCB THE CLASSというJCB GOLDの上位カード(JCB ブラックとも呼ばれます)で無いと予約が取れません。

クレジットカードのステータスには興味が無く、純粋にクレジットカードをお得に使いたいという人には、年会費無料の楽天カードがオススメです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.