頻出問題 ≪ 乗車と積載 ≫


積載を行う時の荷物の積み方や量には注意しましょう。

乗車と積載
総排気量が660ccを超える普通自動車には、地上から3.8mまでの荷物を積むことが出来る。
660cc以下の普通自動車と三輪の普通自動車は地上から2.5m以下である。
大型自動車のけん引自動車で、車の総重量が750kg
超える車をけん引するときは、大型免許のほかにけん引免許が必要である。
分割できない荷物を積んで車を運転するときは、警察署長の許可を受ければ、制限を超えて積載することができる。
ただし、荷物の見えやすいところに0.3メートル平方以上赤い布を付けなければならない。
※一辺が0.3メートル以上の布という意味合いである。

 

■他の人はこちらも見ています。■


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

*