64.最先端テクノロジーを搭載した大人の為の高級ラジコン玩具 7選


みなさん、こんにちは!ノウハウツリー管理人です!

皆さんは子供の頃に親に頻繁にラジコンを買ってもらえましたか?

はい、と答えたあなたの両親の年収は高いのだと思います!残念なことに私は子供のころに親に殆どラジコンはともかく玩具を買ってもらえませんでした><。。。

その反動もあり成人してからトミカ・トイザラス巡りをしては玩具を大人買いしてます^^

今にして思えば、私の親はどう考えても貧乏ではなく、どちらかというと資産家に入っているはずです。

なのにまったくと言っても良い位玩具を買ってもらっていません、、、

幼稚園~中学までの間で買ってもらった玩具のトータル金額は1万円まずいっていません!!、、、

俺ってかわいそう!!

あほんだらぁ(ガイキチ)の親をもった子供は可愛そうです。

 

今回は、大人から子供まで絶対欲しくなるであろう夢の最先端テクノロジーを搭載した高級ラジコンを7つご紹介します。
さぁ、行ってみましょう!

T-90

戦闘機に魅せられた人なら、T-90戦車のラジオコントロールモデルは、きっと気に入ってもらえると思います。T-90戦車は高度な科学技術装置を内蔵する構造になっているため、どのような天候下であろうと、戦闘オペレーションを可能にするため、現代の様々な地上戦で勝利を収めてきました。ラジコンモデルは実物の1/8規模で製造されています。そのボディは分厚いガラス繊維で作られ、アンダーキャリッジ部分は金属、サスペンションはスプリング仕様で、車輪はボールベアリングのシール形を使ったものです。T-90のギアは、各250Wの電動モーターが二つ支えています。ラジコンの重量は約24kg。このモデルには空気圧砲が搭載されていて、また、弾薬基準数量はプラスチック弾30~40個です。構造的に、レーザー目標指示装置搭載のオプションも備えています。

台風H

2016年にユニーク社が発売した新製品。このドローンはインテルRealSense R200カメラ、加えてプロセッサーはインテルatomがプレインストールされており、ドローンの動きを制御します。これら二つのインテル製の装置の第一の目的は、飛行コースを調整することです。数あるインテルatomの機能ですが、注目すべきは無人飛行するこのドローンが自動的に障害物を避け、ドローンの安全性を確保してくれる点です。装備アイテムには、非常に高品質な4Kビデオカメラが含まれます。ほかと一線を画するという特徴はというと、機体の操縦機能と撮影を、二つの別々のコントローラーで操作できるということです。

ネプチューンSB-1

これは、サンダータイガー社が発売したラジコン潜水艦モデル第一号です。船体内部には、高度な技術を駆使した制御ユニットが搭載されています。潜水艦のボディ外部は明るい黄色で塗られており、水中での視認性が高くなっています。重量は、わずか7.7kg。船首部分は透明プラスチックが装着されており、その内部にビデオカメラを設置することで、水面下の摩訶不思議な世界を撮影することができるのです。このモデルのユニークな特徴は、船体を潜水させるための加速が不要で、静止したまま水面下へ潜航させられるということです。これを可能にしているのが、電動のバラストタンクです。この潜水艦には、安全システムが備わっているため、船体の気密性に支障が生じたり、バッテリーの放電や信号が途絶えた際、バラストシステムが自動的に起動して、タンクから水が放出され、船体が水面まで浮上する構造になっています。

ヘックス・エイチツーオー

このドローンは、水中撮影を得意とします。多機能ラジコン玩具ファンならば、タイの会社が製造するこのモデルは見逃せません。空中を自在に飛び回るだけでなく、着水し、水中撮影もこなします。ラジコンドローンのヘックス・エイチツーオー。空中、水中双方の撮影機能を持つ、実質的な水陸両用マルチコプターです。水中を進むことのできるボディを実現するのは、防水性のエポキシ樹脂と、炭素繊維の複合素材です。マシーンを潜水させ、水中撮影を行ったのち、再び空中へと上昇させることができます。6つのプロペラエンジンが上昇に十分な力を与え、仮にその一つが機能不全になっても、ドローンが落下することはありません。

搭載する通風装置、および外付けの冷却装置のおかげで、このヘキサコプターが飛行中に加熱してしまう心配はありません。このモデルは、撮影カメラのゴープロヒーローが装着できる構造になっています。カメラを搭載しても、その安定性が保たれるためには、ヘキサコプターには特別なサスペンション、ゼンミューゼヒーローが装備されています。カメラが独特な仕組みで機体に搭載されているため、レンズを下に向けることも可能です。リチウムイオンポリマー二次電池は、6500mmAhで、一度の充電で25分間飛行時間を延ばすことが可能になりました。一方、短距離飛行には通常のバッテリーを使うこともできます。

ブリッツ・フラックス・ブラシレス 2WD

路上で最速の走りを見せ、驚異的なトリックを披露したい人のために開発されたモデル。後輪駆動のラジコンモデル、ラリークロス仕様のブリッツ・フラックスは、電気機器部分は防水構造になっており、ブラシレスモーターを搭載しています。最新式のブリッツには高性能、かつ防音を施した電動モーター、フラックス・リロードV2を備え、ボディも受信機とともに完全防水です。ボディには強い衝撃にも耐えうるレキサン樹脂が使用されています。サスペンションと車体部分で耐荷重を担う全てのパーツは、最先端の強力ナイロンでできています。トランスミッションはパワフルでスピーディーなモーターに、しっかり適応した構造になっています。また、ハンドル部分には強力なサーボ機構が組み込まれています。電子機器系とベアリング部分には全て防水が施されているおかげで、どんな天候条件でもマシンの走りを最大限楽しむことができます。

シーマX9

ラジオコントロール式、クワッドコプターの熱狂的愛好家が大人も子供も増加中という背景を踏まえ、シーマ社が販売したのは、軽妙なフットワークで地上を走りまわり、なおかつ空中にも軽々と昇れる揚力を備えたマルチコプターの第一号です。X9モデルはコントローラーで飛行操作も自在の四輪搭載マシンです。また、このX9モデルはアクロバット飛行もお手の物。マシンを空中で飛ばしている間、コントローラーの左ボタンを押しながら、右側のジョイスティックを前後左右どの方向にでも動かすことで、ドローンがフリップします。特別経験豊富な操縦士でなくとも、宙返りや、360度の回転を自在に操るようになれます。

シーマX9のボディは、横軸と縦軸が十字に交わった形状であることに加え、四つの回転翼を搭載しているため、地上で安定した飛行が可能であり、さらに空中での突風にも、しっかりと耐えうる構造になっています。ドローンの夜間飛行に嬉しいエクストラパーツはLEDライトです。X9は抜群の進行速度を誇り、コントローラーからの信号には瞬時に反応してくれます。このモデルは耐風構造になっているため、屋外、屋内どちらでも楽しむことができます。また、六軸ジャイロスコープ搭載により、空中での平衡が保たれます。このクワッドコプターは、たったの500gと軽量です。

水陸両用戦車


子供は玩具を好む、これは自然のことわりではありますが、こんな仰天の兵器にはどんな男の子も夢中になること間違いなしです。この水陸両用戦車を子細に観察すると、本質的に実際の戦闘車両であることがわかるでしょう。このマシーンは本物の砲塔が搭載されており、砲弾を放つ構造になっています。しかも、その飛距離は20mにも達します。しかし、このラジコンの一番の強みは、なんといっても水上移動。水辺に接近した段階で、コントローラーから指令を受けると、車輪は戦車ボディの内側にしまい込まれ、戦車が戦艦へと変身するのです。

 

はい、皆さんいかがでしたでしょうか?

今回はここまでにしておきましょう。

今回ご紹介したハイテクラジコンをみて購買意欲が高まった方も多いと思います。

ただし、皆さんがご想像の通り空中・地面・水中をすべて移動できるスーパーラジコンは、数十万~数百万円はする様です。

 

安物の軽自動車位の価格はしますのでご注意ください^^

そーいえば、先日湾岸線を走っていたら【足立国】ナンバーの軽自動車に煽られました^^

ノウハウツリーでは、別記事で何度かご紹介していますが、川崎国・足立国ナンバーの車は運転マナーが非常に悪いです。

これらのチンピラの多く生息するエリアには、DQNが非常に多いです。

安物の車に乗って窓から手を出してタバコ吸ってるカスが多いです。

あほなんで見かけても皆さん華麗にスルーする様にしましょう^^

ついでに覚えておきましょう!

東京→足立国

神奈川→川崎国

2台危険エリアです。

DQNの生息率が異常に高いです。

 

豆知識ですが川崎には武蔵小杉というエリアがあります。

武蔵小杉に住んでいる人は、金持ちぶってる人がいますが、所詮は東京に住めない人たちです。

もともとは農地であり在日の人がたくさん暮らしていたエリアです。

地価ももともとかなり安いエリアです。

 

しかし、再開発により地価が上がったのです。

いずれにしても、武蔵小杉は川崎と大差ありません。

中途半端な小金持ち(年収800万~1,500万程度)が好んで住んでいるエリアです。

金持ちは、年収1億超え~です。

安物の車の癖してかなり粋がっていたのには失笑しました^^b

おそらく私の車にぶつかったら足立国戦闘員は、天国(地獄かw)に行っていたでしょう。

 

今回もノウハウツリーにご訪問ありがとうございました!また、知的好奇心をノックアウトする様な楽しいネタをご紹介できる様に頑張ります!!

それでは、また!アディオース!!

 

 

 

 

 

■他の人はこちらも見ています。■


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA