HeidiSQLのフィルタ機能の使い方


HeidiSQLのフィルタ機能

heidisql-filter-1

テーブルのデータを確認したい場合など、SQL文を作成してクエリ発行をしないとデータの確認が出来ません。

しかし、HeidiSQLのフィルタ機能を使えば簡単にデータ確認が出来ます。

テーブルを選択

メニューよりデータをクリック

フィルタをクリック

抽出したい列名を入力

左側に

`SEQUENCE_NUMBER` LIKE ‘%sequence\_number%’

といった具合にSQLのWHEREに記載する様な命令文が出てくるので

その部分の記述を変更していきます。ここでは、SEQUENCE_NUMBER123のデータを抽出する為に、以下の通り修正しました。

`SEQUENCE_NUMBER` LIKE ‘%123%’

フィルターの適用をクリック

データにフィルタが掛かりました。SQLのWHERE文での条件指定をGUI上から行っています。

heidisql-filter-2

■他の人はこちらも見ています。■


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA