HeidiSQLでテーブルの中の値を簡単に変更する方法

UI操作で簡単にテーブルデータの編集が出来る

heidisql-11

画面左から操作を行うテーブルを選択します。

ヘッダーメニューにあるデータをクリックします。

するとExcelの様な見た目でテーブル内のデータが一覧表示されます。この時にHieidSQL自体はバックグラウンドでSQL文を発行しています。

編集したいデータを見つけたらそのセルをクリックします。すると

」という小さいアイコンが現れるのでクリックします。

するとテキストエディターが起動するので、そこに更新したい値を入力し、チェックマークの適用ボタンを押します。するとテーブルに対してクエリが発行されデータ更新が一発で完了します。

この様にUI操作を行うとHeidiSQLを使うと裏側でSQL文が発行されているのですが、実行されたSQLも簡単に確認できます。

heidisql-12

ここでは、Update文が発行されている事が分かります。

SQL文をちまちま打つよりも断然効率が良いです。HeidiSQLは便利なDB開発のクライアントツールですが、SQLの整形機能がいまいちです。

SQLの整形については、CSEが優れています。フリーソフトなのでインストールしておいても良いでしょう。ただし、Windows10でCSEを実行しようとすると起動時にエラーメッセージが出てしまう場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

*