【しつこい】三菱東京UFJ銀行 パソコン用ウィルス対策ソフト「Rapport」(無料)のご案内【意味無し】


三菱東京UFJ銀行にログインすると毎月の様にウィルス対策として

IBMの作成した「Rapport」というソフトをインストールしろ、といった類のメッセージが表示されます。バグだらけのシステムを提供し続けるIBM製のソフトなんてはっきり言ってインストールなんてしたくないです。

以下、ログイン時に表示される内容です。
****************************************************

目次

インターネットバンキングを利用するパソコンには「Rapport(ラポート)」をインストールしてください。

パソコンのウィルス感染を原因とする
インターネットバンキングを悪用した、不正送金が発生しています。

当行では、インターネットバンキングを利用する全てのお客さまに
インターネットバンキング専用ウィルス対策ソフト
「Rapport(ラポート)」のインストールをお願いしています。

< Rapportの特徴 >
Point1
インストールするだけで機能します

Point2
不正送金や偽画面のウィルスを検知して自動的に駆除します

Point3
市販のウィルス対策ソフトと一緒に利用できます

Point4
無料で利用できます

Rapportは、平成25年12月にご案内を開始して以来
多くのお客さまにご利用いただいており
多数のウィルスを検知・駆除し、不正送金の防止に役だっています。

※このお知らせは、Rapportを利用していないパソコンからログインがあったお客さまへ
定期的に連絡させていただいております。

※お客さまのパソコン環境によっては、Rapportを利用できない場合があります。

※RapportはIBMが提供するソフトウェアです。

 

****************************************************

2017年3月23日 追記

****************************************************

Rapport(ラポート)をインストールしろ!しろ!アピールにうんざりで暫く東京三菱銀行を使っていなかったのですが、久しぶりに東京三菱銀行にログインする用事がありました。そして、驚いた事に今度は、

累計210万人の方にご利用頂いています!!

無料ウィルス対策ソフト「Rapport(ラポート)」

インターネットバンキング専用のウィルス対策ソフトです。

当行では、インターネットバンキングをパソコンでご利用のお客様により安全にご利用いただくため、ウィルス対策ソフト「Rapport(ラポート)」(無料)インストールをおすすめしています。

と情報商材かの様な好評アピールがされていました。

210万人とアピールしてますが、そもそもこの数字が本当かどうか分かりません。また、日本の人口を1.2億人のうち210万人がインストールしてしまったと仮定すると、

2,100,000   ÷ 120,000,000  = 0.0175 

つまり、インストールした人はたった1.75%です。

IBMが作ったウィルス対策ソフトとアピールしていますが、本当にウィルス対策ソフトとして良いソフトであれば、IBM自体がトレンドマイクロやカスペルスキーの様なウィルス対策ソフトメーカーになっているでしょう。

****************************************************

2016年12月25日追記

****************************************************
毎度表示されていい加減うざいです。そもそも銀行システムでありながらWEBベースでのセキュリティを担保出来ない様な脆弱なログインシステムを作るべきではないのに何をしているんでしょうか。銀行から無駄に多量の開発費をIBMに投げているんでしょうね。

Rapportというソフトに、システム的な脆弱性が無い事の確認が第三者機関においてされているならまだしも、IBMの作った怪しいソフトを誰がインストールするか!という話しですね。

 

三菱東京UFJ銀行のラポート(カスペルスキーとかのウィルス対策ソフトの方が100倍マシです。個人の感想です。)をインストールして不具合の出ている人がネットのQAサイトで調べると結構いる様です。被害者を出さない為にも、ここで注意喚起を行っておきたいと思います。情報源はYahoo知恵袋その他の情報の纏めです。結果論となりますが、Rapportをインストールしなくてよかったです。IBMが作ったソフトというだけでバグだらけなので私はインストールしなくて正解でした。現役プログラマの私が言うので間違いないです。個人の感想です。

東京三菱銀行のRapport名前もダサいですし、ログインする度に毎度表示されて本当にうっとおしいのですが、今だに表示され続けています。任意表示にしろ!と私も言いたいです。

ログインするとRapportをインストールしろ!というポップアップ表示を出してくる東京三菱銀行いい加減にせいや!!

IBMに開発を丸投げしてその受託企業からキックバックとかもらってるのか?じゃないとこんなくそソフトを強制しないよね?下請けの開発会社から担当者がキックバックもらってるの?個人の感想です。

NRIで首とんだ人を実際に見た事があるのでちょっと気になりました。

賢明な皆さんはカスペルスキーやトレンドマイクロをインストールしても良いですが、ラポートはやめておきましょう。ノウハウツリー管理人の個人的な見解です。東京三菱銀行さん(というか下請けの開発会社かなwww)ノウハウツリーにイチャモンを付けて来ないでください。その際には、届いた文章はノウハウツリーおよび関連サイトに全て証拠保全として公開保存させて頂きます。

Rapportによる症状 

※被害防止の為に都度更新します。コメント欄に情報お待ちしております。

  • パソコンがよくフリーズする
  • 他のウィルス対策ソフトを止めてしまう
  • 動画サイトを見ているとフリーズする
  • マウス、キーボード操作が無効化されてしまう
  • 頻繁にフリーズする
  • MacOSにてHDDが読み取り出来なくなりiTunese Libraryが破損

・・・etc ウィルスを防止する為なのかどうか知りませんが、ウィルスの様な挙動していますね。

ノウハウツリー管理の個人的な感想です。

私がインストールしているウィルス対策ソフトは

カスペルスキー セキュリティ 2017 3年5台版

です。もともとはトレンドマイクロをインストールしてましたがカスペルスキーの方が軽快でお勧めです。少なくともRapportを入れる位ならこの2社の有名ウィルス対策ソフトを入れておいた方が良いです。

ウイルスバスター クラウド | 3年 3台版 | Win/Mac/iOS/Android対応 |

■他の人はこちらも見ています。■


「【しつこい】三菱東京UFJ銀行 パソコン用ウィルス対策ソフト「Rapport」(無料)のご案内【意味無し】」への3件のフィードバック

  1. 仰せの通りです。このソフトを導入した後、PC操作が重くなり、恐らく第三者に侵入されのではないか、と思い、TrendMicroのSecurity Softwareを立ち上げてPCを精査しようとしたら、そのSoftware自体がどこかに消えてしまっていました。

    大慌てで、PC立ち上げを含む全てのパスワードを変更し、TrendMicroに相談し、それを再度インストールし直して、第三者による侵入を食い止めました。もちろんラポートは削除しました。今回私が受けた衝撃は、とても強く、そして呆れている所です。

    もちろん両者に苦情を申し入れましたが、どうも心もとないですね。銀行がIT知識に乏しく、IT専門業者に仕事を丸投げしているようで、その責任の希薄さにまたまた驚くのみです。先が思いやられます。

  2. >>ナナ氏さん
    東京三菱UFJにログインする度に毎度出ており
    うっとおしいので、インストールしようかと思っているところでした。本当に危なかったです。
    アドバイスありがとうございます!

    三菱東京UFJ銀行 パソコン用ウィルス対策ソフト「Rapport」自体がウィルスに感染している可能性もあるので危険ですね。そもそもIBMが作っている時点ですごく不安なツールです。。。

    私は絶対にインストールしません。

    1. 菊りんさん、

      インストールしないのは賢明だと思います。もし私がPC音痴だったら、私のPCは完全に第三者に侵入されて、銀行、借金札などの全ての個人情報が盗まれたでしょうし、たくさん入っているSNMのPasswordsも盗まれ、私自身の信用に傷が入り、仕事を完全になくしかねませんでした。幸いにも私はPCを30年以上使いこなしていますので、少なくとも銀行の担当者よりもITの高い実用知識を持っていますし、ソフトウェア会社の担当者が逃げ口上をしていたのもすぐに見抜くことが出来ました。

      この時の会話は万が一を想定して録音しています。その事は会話が終わった時に両者に伝えました。もちろん相手も録音しているハズですが、彼らによる音声編集は不可能です。

      それにしても、今の世は、誰も信用できません。まずは自己防衛あるのみですね。だから常に情報を仕入れております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA