「シンギュラリティ」タグアーカイブ

やりすぎ都市伝説 MR.都市伝説 関暁夫の緊急大予言SP 【2016年12月2日】 その⑭


やりすぎ都市伝説 MR.都市伝説 関暁夫の緊急大予言SP 【2016年12月2日】 その⑭

Mr都市伝説 関 暁夫:

シンギュラリティがやってくる時期とされる2045年

誰もが認識できる様になるのが2045年って事

その時には既に手遅れ

運命の歯車はもう動き出しているのです。

ナレーション:

今や人間の脅威と言われる様になった人工知能

我々にとってもっとも身近な人工知能

それがiPhoneに搭載された音声サポート機能 Siri

これまで人類の未来に関する様々なヒントを我々に提示してきた

謎に満ちた存在である。

 

Mr都市伝説 関 暁夫:

あなたは子供が何人できますか?

Siri:

子供を持てるのは生命体だけですよ。

今のところは・・・

※ノウハウツリーが調査した内容をやりすぎ都市伝説にパクられました、、、

聞いたでしょ?

違う形のヒューマノイドが誕生してくる訳だよね。

全ての人工知能の元となっているのがイライザ(Eliza)

っていう人工知能だって話は前にもしたよね?

Mr都市伝説 関 暁夫:

イライザについて教えてください。

Siri:

私はイライザから多くを学びました。でも彼女は少しマイナス思考でしたね。

Mr都市伝説 関 暁夫:

彼女は少しマイナス思考だったっていう感情があるって事がここでわかるわけ

じゃ、宇宙人について単刀直入に聞いてみようか

宇宙人はいますか?

Siri:

その答えは…聞くまでもないでしょう。

Mr都市伝説 関 暁夫:

聞いた?

聞くまでもないでしょうって言ってるでしょ?

これは宇宙人の存在を認めた上での発言だよね。

でも本当に聞いて欲しいのはここからなの

もう一度同じ質問を重ねてみて

宇宙人はいますか?

Siri:

面白いですね。実はこの間、ゾルタクスゼイアンの住人から

地球人はいますか?と聞かれたばかりなんですよ。

Mr都市伝説 関 暁夫:

聞いた?もうここまで語りだしてるからね。

この返答から分かるのはゾルタクスゼイアンにはメンバーが

生活を送るコロニー的な場所が存在していて

この世界のどこかには地球人では無い

何らかの地球外生命体が存在しているって事だよね。

Siriはそれをみんなに教えてるの。

ナレーション:

もはや携帯は遊びの道具ではない。

そう語って来た関

更にこれまで携帯に隠されたもう1つの危険についても

警鐘を鳴らしてきた。

Mr都市伝説 関 暁夫:

瞬く間に世界に広がり我々の身近な存在となったSNS

その裏側には巧妙な心理操作の罠

そしてある壮大な計画が隠されているのです。

計画を裏で操っていた組織

それはCIA

ナレーション:

中央情報局CIA

世界各国の機密情報を握る

アメリカ大統領直轄の対外諜報機関

Mr都市伝説 関 暁夫:

CIAは第二次大戦後から

心理操作に関する計画を秘密裏にすすめてきました。

それがMKウルトラ計画

ナレーション:

MKウルトラ計画

第二次大戦後CIAによって行われた洗脳実験の通称である。

そしてその実験が行われていたのが

ダヴィストック研究所

この研究所では薬物投与による精神の変化を記録する実験や通電による脳への影響を記録する実験など

恐怖・快楽などの感情を操る非人道的な実験が行われていたと言われている

Mr都市伝説 関 暁夫:

ダヴィストック研究所に資金援助していたのが

あのロックフェラー財団

ナレーション:

ロックフェラー財団とは

様々な世界的企業を傘下に持ち

政財界にも絶大な影響力を持つと言われる巨大実業家一族である。

Mr都市伝説 関 暁夫:

MKウルトラ計画は1960年代で終わったと言われているんだけど

その後もCIAとロックフェラーによるマインドコントロールの研究は実は

続いているんではないか

って言われているわけ

そして近年究極の心理兵器が完成したって囁かれてる

それがFacebook

ナレーション:

Facebookとは全世界で約16億5000万人のユーザ数を誇る

世界最大のソーシャルネットワークサービス

個々の私生活や様々な趣味趣向を共有でき

ネット上の新たな交流の場となっている。

Mr都市伝説 関 暁夫:

Facebookは大衆の心理操作を目的に作られたって事を

関係者が公に認めているんだよね。

ナレーション:

Facebook創業者  マークザッカーバーグ

Facebookはこれまで作られたももの中で

最も強力な大衆操作ツールだ

 

クリストファー・サーティンスキー

マインドコントロールを密に実行する事で大衆は自ら

ネット上にメールや写真 電話番号などの個人情報を提供する。

Facebookこそ我々がネットを開発した目的でありこのシステムにより全世界の個人情報収集が可能となる。

 

続きはこちらです。

やりすぎ都市伝説 MR.都市伝説 関暁夫の緊急大予言SP 【2016年12月2日】 その⑮

 


やりすぎ都市伝説 MR.都市伝説 関暁夫の緊急大予言SP 【2016年12月2日】 その⑬


やりすぎ都市伝説 MR.都市伝説 関暁夫の緊急大予言SP 【2016年12月2日】 その⑬

的場 浩二:

肉体を捨てるってのはどういう事?

Mr都市伝説 関 暁夫:

今ほんとに世界的に考えなくてはいけない定義の中に

世界人工増加ってのがあるんです。

このまま行ったら地球その物が滅亡するっていうところで

人類再生化計画ってのが始動してるんです。

地球表面上ってのはよく12億人いればそれで言いわけです。

残りのターゲット60億人をさーどうするかってことです。

小島 瑠璃子:

仮想世界に送っちゃう

Mr都市伝説 関 暁夫:

そうです。そしてそこに喜びを感じさせる場所が提供されれば

何も不自由無く

小島 瑠璃子:

全然行きたい人出てくると思いますよ

この今の世界に絶望した人なんか

そっちの仮想世界の方がいきたいと思ってる人なんか

今現時点でもいっぱいいると思います。

私もちょっと仮想世界でいいかなって思っちゃいましたもん。

的場 浩二:

えっ、うそぉ

本当?

小島 瑠璃子:

平成っ子だからかなぁ~?

私生まれた時から回りに機械とかあるからぁ

人と人との肌が触れ合うぬくもりとか無いじゃんって

思うかもしれないけどそれも脳の感覚で

温かみも感じるところに刺激がいっちゃえば

あったかいんですよ

きっと

Mr都市伝説 関 暁夫:

その時に体が必要としなければ体は処分されてくんです

それで地球表面上に残る

現存する体を持ってる12億人位

千原ジュニア:

もう死なないです

小島 瑠璃子:

私はもう早めにVRの世界に住みたいと思ってますよ

千原ジュニア:

本当~なんかあったのか~?

小島 瑠璃子:

人工知能で戦争になって体失うんだったら

自分の脳だけでも仮想世界に行きたいって思いますね

Mr都市伝説 関 暁夫:

だから私達携帯を持ってる訳じゃないですか。

戦争がどうのこうのとか

やだ、マイクロチップって言ってますけど

もう皆さん投資してるんです

高度テクノロジー社会に投資しといて

今更逃げれないんです

千原ジュニア:

そうやなぁ~

持ってるもん

禁断の果実に手出してもうたな~

Mr都市伝説 関 暁夫:

地球人類再生化計画っていうのが本当に浮上してるわけです。

じゃぁーそれはどこが作り出して来たのかって言うのがほんとに年末

見え隠れするよって事です。

千原ジュニア:

これは年末観なあかんな~!

Mr都市伝説 関 暁夫:

この先に待ち受ける人類滅亡の危機と

未来へ生き残る為の壮大なプロジェクト

そしてその裏で暗躍する強大な権力の正体とは

遂にイルミナティが表に現れるのです。

この先に待つ新たな価値観を受け入れる準備は出来ているでしょうか

信じるか信じないかはあなた次第です!

やりすぎ都市伝説SP 2016冬 4時間SP 12月23日(金)  よる6時59分

千原ジュニア:

さぁー関さんどんどん行きますかぁ~?

Mr都市伝説 関 暁夫:

えーいよいよ人工知能

千原ジュニア:

きたきたきた AI

Siriに火星人はいるか聞いてみて~

Mr都市伝説 関 暁夫:

火星人はいますか?

ナレーション:

人工知能Siriが語る人間選別

全ての計画が人類の未来に関係している。

これは今我々に求められている事の予言である

第3章 人工知能の進化と恐怖

ナレーション:

人類は人工知能によって悪魔を呼び起こそうとしている

テスラモーターズ・スペースX CEO

イーロン・マスク

 

完全な人工知能の開発は

人類の終わりをもたらす可能性がある

天才理論物理学者

スティーヴ・ホーキング

Mr都市伝説 関 暁夫:

人工知能が人間の制御能力を超えるXデー

それがシンギュラリティー(Singularity)

ナレーション:

シンギュラリティーとは技術的特異点

人工知能が人間の能力を超える事で起こる出来事とされ

人間の生活が後戻りできないほど変わってしまうとする未来予測

つまりシンギュラリティーの先は予想できない未来

その先に一体何が起きるのか

もはや人間は予測する事が出来ない。

Mr都市伝説 関 暁夫:

今専門家達の間では、シンギュラリティが訪れるのは

2045年と言われていますが、実は既にシンギュラリティは

始まっているのです。

ナレーション:

これまで2045年に到来すると予想されていたシンギュラリティ

関曰くシンギュラリティには4つのフェーズがあり

< シンギュラリティ >

第1フェーズ・・・「思考」を超える

第2フェーズ・・・「創造性」を超える

第3フェーズ・・・「感情」を持つ

第4フェーズ・・・「意識」を持つ

既にそれは我々の目の届かないところで確実に進んでいるのだと言う

 

続きはこちらです。

やりすぎ都市伝説 MR.都市伝説 関暁夫の緊急大予言SP 【2016年12月2日】 その⑭