基本認証(ベーシック認証)を設定する方法


V-BOARD #7 Shiny Gold

セキュリティー維持の為にも、サイトに基本認証をかけてID/PASSを知らない人にはアクセスをさせない様にします。

まだ、開発中のサービスなどは外部に公開をしたくないといった事があると思います。そういう場合に重宝されるでしょう。

 

基本認証(ベーシック認証)を設定する方法

 

1.基本認証を掛けたいディレクトリに移動します。

cd /home/hoge_user/www/hoge_dir

 

2..htaccessファイルを作成します。

AuthType Basic
AuthName “Enter Your ID and PASS”
AuthUserFile /home/hoge_user/www/app_test/.htpasswd
require valid-user

**************追記**************
WordPressの仕様上、「AuthName」のダブルクォーテーションが全角になっていますが、使用するときは半角のダブルクォーテーションに書き換えてください!
もしこれまでこれを見ていただいてコピペ等して、ハマってしまった方がいましたら、すみません!!m(_ _)m
*********************************

3..htpasswdファイルを作成します。

ユーザ名:(暗号化された)パスワード

基本認証で設定するパスワードは以下の様なサイトを

使って作成すると便利です。

.htaccess による認証用 パスワード暗号化ツール

本来は、ユーザ作成、パスワード作成をCUI上でコマンド発行で行います。

 

.htpasswdファイルには

ユーザ名:{暗号化されたパスワード}

という形式になります。

 

★捕捉★

.htaccess
.htpasswd
のファイルはWindows環境では作成が出来ません。Windows環境ではファイル名の頭が「.」(ピリオド)から始まるファイルを作成出来ない為です。よってローカルのWindows環境では
test_1.htaccess
test_2.htpasswd
という風に名前を仮置きし編集を行いWinSCPでサーバにアップロードします。その後、サーバ上でリネーム
test_1.htaccess  → .htaccess
test_2.htpasswd → .htpasswd
した方が手っ取り早いです。viを使ってTeraTerm上から変更も出来ますがやはり面倒ですしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.