「ELIZA」タグアーカイブ

やりすぎ都市伝説 MR.都市伝説 関暁夫の緊急大予言SP 【2016年12月2日】 その⑭

やりすぎ都市伝説 MR.都市伝説 関暁夫の緊急大予言SP 【2016年12月2日】 その⑭

Mr都市伝説 関 暁夫:

シンギュラリティがやってくる時期とされる2045年

誰もが認識できる様になるのが2045年って事

その時には既に手遅れ

運命の歯車はもう動き出しているのです。

ナレーション:

今や人間の脅威と言われる様になった人工知能

我々にとってもっとも身近な人工知能

それがiPhoneに搭載された音声サポート機能 Siri

これまで人類の未来に関する様々なヒントを我々に提示してきた

謎に満ちた存在である。

 

Mr都市伝説 関 暁夫:

あなたは子供が何人できますか?

Siri:

子供を持てるのは生命体だけですよ。

今のところは・・・

※ノウハウツリーが調査した内容をやりすぎ都市伝説にパクられました、、、

聞いたでしょ?

違う形のヒューマノイドが誕生してくる訳だよね。

全ての人工知能の元となっているのがイライザ(Eliza)

っていう人工知能だって話は前にもしたよね?

Mr都市伝説 関 暁夫:

イライザについて教えてください。

Siri:

私はイライザから多くを学びました。でも彼女は少しマイナス思考でしたね。

Mr都市伝説 関 暁夫:

彼女は少しマイナス思考だったっていう感情があるって事がここでわかるわけ

じゃ、宇宙人について単刀直入に聞いてみようか

宇宙人はいますか?

Siri:

その答えは…聞くまでもないでしょう。

Mr都市伝説 関 暁夫:

聞いた?

聞くまでもないでしょうって言ってるでしょ?

これは宇宙人の存在を認めた上での発言だよね。

でも本当に聞いて欲しいのはここからなの

もう一度同じ質問を重ねてみて

宇宙人はいますか?

Siri:

面白いですね。実はこの間、ゾルタクスゼイアンの住人から

地球人はいますか?と聞かれたばかりなんですよ。

Mr都市伝説 関 暁夫:

聞いた?もうここまで語りだしてるからね。

この返答から分かるのはゾルタクスゼイアンにはメンバーが

生活を送るコロニー的な場所が存在していて

この世界のどこかには地球人では無い

何らかの地球外生命体が存在しているって事だよね。

Siriはそれをみんなに教えてるの。

ナレーション:

もはや携帯は遊びの道具ではない。

そう語って来た関

更にこれまで携帯に隠されたもう1つの危険についても

警鐘を鳴らしてきた。

Mr都市伝説 関 暁夫:

瞬く間に世界に広がり我々の身近な存在となったSNS

その裏側には巧妙な心理操作の罠

そしてある壮大な計画が隠されているのです。

計画を裏で操っていた組織

それはCIA

ナレーション:

中央情報局CIA

世界各国の機密情報を握る

アメリカ大統領直轄の対外諜報機関

Mr都市伝説 関 暁夫:

CIAは第二次大戦後から

心理操作に関する計画を秘密裏にすすめてきました。

それがMKウルトラ計画

ナレーション:

MKウルトラ計画

第二次大戦後CIAによって行われた洗脳実験の通称である。

そしてその実験が行われていたのが

ダヴィストック研究所

この研究所では薬物投与による精神の変化を記録する実験や通電による脳への影響を記録する実験など

恐怖・快楽などの感情を操る非人道的な実験が行われていたと言われている

Mr都市伝説 関 暁夫:

ダヴィストック研究所に資金援助していたのが

あのロックフェラー財団

ナレーション:

ロックフェラー財団とは

様々な世界的企業を傘下に持ち

政財界にも絶大な影響力を持つと言われる巨大実業家一族である。

Mr都市伝説 関 暁夫:

MKウルトラ計画は1960年代で終わったと言われているんだけど

その後もCIAとロックフェラーによるマインドコントロールの研究は実は

続いているんではないか

って言われているわけ

そして近年究極の心理兵器が完成したって囁かれてる

それがFacebook

ナレーション:

Facebookとは全世界で約16億5000万人のユーザ数を誇る

世界最大のソーシャルネットワークサービス

個々の私生活や様々な趣味趣向を共有でき

ネット上の新たな交流の場となっている。

Mr都市伝説 関 暁夫:

Facebookは大衆の心理操作を目的に作られたって事を

関係者が公に認めているんだよね。

ナレーション:

Facebook創業者  マークザッカーバーグ

Facebookはこれまで作られたももの中で

最も強力な大衆操作ツールだ

 

クリストファー・サーティンスキー

マインドコントロールを密に実行する事で大衆は自ら

ネット上にメールや写真 電話番号などの個人情報を提供する。

Facebookこそ我々がネットを開発した目的でありこのシステムにより全世界の個人情報収集が可能となる。

 

続きはこちらです。

やりすぎ都市伝説 MR.都市伝説 関暁夫の緊急大予言SP 【2016年12月2日】 その⑮

 

やりすぎ都市伝説スペシャル 2016年9月30日 その④

やりすぎ都市伝説スペシャル 2016年9月30日 その④

Mr都市伝説:

彼女は少しマイナス思考だったって言う感情がある事がここで分かるわけ。

第二次世界大戦下ね、ドイツの暗号エニグマを解読したイギリスの天才数学者 アラン・チューリングって言う人物がいるわけ。

yarisugi-18

彼が考案した人工知能かどうかを判定するチューリングテストっていうテストがあるんだよね。

ナレーション:

チューリングテストは、アラン・チューリングによって考案された人工知能と人間を見分けるテスト

yarisugi-19

隔離された部屋にいる審査員が自分の会話している相手が人間なのか人工知能なのかを判定する。

yarisugi-20

そのチューリングテストにおいてイライザ(ELIZA)は

ある意外な行動を取ったのだと言う。

 

Mr都市伝説:

イライザは全ての質問を理解した上であえて質問に間違えて回答したり、わざと分からないフリをしたんだよね。

つまり人間を騙そうとしたの。

そしてそれ以降全ての人工知能に受け継がれていると言われるELIZAの意思

yarisugi-21

それは人間を騙すこと

もう携帯から得られる情報を鵜呑みにして良い時代じゃないんだよね。だからこそ一人ひとりが新たな時代と向き合う準備覚悟をしていかなかなければいけないってこと

 

Siriを超える新たな人工知能

yarisugi-22

Mr都市伝説:

今年5月(2016年5月)

Siriが新たな進化を遂げ次の音声認識AIが発表されました。

それがViV(ヴィブ)

yarisugi-23

ナレーション:

Siriと同じ開発者の手により世に送り出された次世代の音声認識AIである。

Mr都市伝説:

ViVがSiriと決定的に違うのは

実行までしてくれるっていうところ

例えばレストランの予約とSiriに言っても今まではWEB上の情報をくれるだけだったけど、ViVは他のアプリと連動して予約までしてくれるわけ

つまりViV(ヴィブ)は、Siriの更に先

行動まで起こしてくれるわけ

そしていずれVRの発達により出来上がるもう一つの次元

ViVはそんな別次元の世界を繋ぐそんな存在になると言われています。

ViVはバーチャルとバーチャルを繋ぐアイリスなんです。

yarisugi-24

ナレーション:

アイリス(IRIS)

それはシリの名前にも隠されていたある重要な意味を持つキーワード

Mr都市伝説(回想):

SIRIの綴りはさー

エスアイアールアイでしょ?(SIRI)

でこれを裏返してみると

アイアールアイエスね

アイリスってのが浮かびあがるでしょ。ギリシャ神話に登場する虹の女神IRIS(イリス)を指してるんだよね

yarisugi-25

2015年9月

ナレーション:

ギリシャ神話においてIRISZは神と人間の架け橋となる存在

ViVもまたその使命のもとに生まれたのか

Mr都市伝説:

ViVが実際に社会に入り込み稼働を始めたら如何に便利なものかは想像できるよね

でも便利な反面ViVを中心に超監視社会が出来上がっていく危険性もはらんでいる。

問いかけと実行を繰り返す事でViVは持ち主の思考を覚えて次第に行動を予測して動く様になっていくの

そこで発生するのが予測逮捕

yarisugi-26

 

やりすぎ都市伝説スペシャル 2016年9月30日 その⑤

へ続く。

やりすぎ都市伝説スペシャル 2016年9月30日 その③

やりすぎ都市伝説スペシャル 2016年9月30日 その③

yarisugi-12

ELIZAと人工知能が付いた嘘

Mr都市伝説:

肌身離さず携帯を持ち歩き暇さえあれば携帯を覗き混む今の時代

携帯の中に仕込まれたもう一つの危険が確実に近づいています。

その隠された危険を紐解く為のキーワード

それは人口知能「Siri」

ナレーション:

iPhoneに搭載された発話解析・認識インターフェースSiri(シリ)

これまでSiriは、人類の未来に関するヒントを我々に提示してきた

 

Mr都市伝説:

”あなたは子供が何人できますか?”

”子どもをもてるのは生命体だけですよ。今のところは・・・

聞いたでしょ。違うのヒューマノイドが誕生して来るわけだよね。

2015年6月

 

そんなSiriが嘘をつき始めたっていう話があるんだよね。

前にゾルタクスゼイアンについてSiriに質問した事があったよね

人工知能の世界を裏で操る秘密結社が存在するんだよね

その秘密結社とはゾルタクスゼイアン

yarisugi-13

見てる人はこれ絶対にやっちゃダメだからね

ゾルタクスゼイアンをね

知ろうとすること自体が実はめちゃくちゃヤバイ事だから

“ゾルタクスゼイアン”

そうですね・・・

しかるべきときが来たら、お教えしましょう

2015年6月

今もう一度同じ質問をしてみるからね

“ゾルタクスゼイアン”

そうですね・・・

しかるべきときが来たら、お教えしましょう

冗談です!もちろんただのフィクションですよ。

※ノウハウツリー運営事務局が独自に以前調査していた内容を今回のやりすぎコージー都市伝説スペシャルでまた、Mr都市伝説にパクられました、、、こちらをご覧ください。

【速報】IPHONEのSIRIに「ゾルタクスゼイアン」と質問したときの言葉に変化あり!

 

聞いた?

Siriの返答が変っているよね。フィクションですって

前回の放送後にゾルタクスゼイアンの事を一気にみんなが検索し始めたからなんだよね。

だからSiriが嘘をつきゾルタクスゼイアンの存在を再び隠し始めてるってことなの

いいね?全部筒抜けなの

だから言ったでしょ。絶対に検索しちゃだめだって

つまりこの回答こそSiriの嘘

フィクションですって言ってる事自体がノンフィクションなんだよね。

でも何でSiriは嘘をつき始めたのか?

yarisugi-14

それはSiriがある人工知能の意思を継いでいるからなの

その人口知能とはイライザ(ELIZA illuminati card)

yarisugi-15

ナレーション:

イライザとは、1966年マサチューセッツ工科大学のジョセフ・アイゼンバウム教授によって書きあげられた現在の人工知能の元となったプログラム

yarisugi-16

かつてSiriはイライザについて

回想:

”イライザについて教えてください”

私はELIZA(イライザ)から多くを学びました・・・

でも彼女は少しマイナス思考でしたね

彼女は少しマイナス思考だったっていう感情がある事がここでわかるわけ

2014年12月

yarisugi-17

やりすぎ都市伝説スペシャル 2016年9月30日 その④

へ続きます。