カスペルスキーの誤検知を解除する方法「信頼済みでないWebサイトの閲覧がブロックされました」


とあるサイトにアクセスするとカスペルスキーが誤判定でサイト閲覧をブロックしました。

信頼済みでないWebサイトの閲覧がブロックされました
このWebサイトの1つ以上の証明書が無効であるため、信頼性を確認できません。これは、Webサイトの所有者が証明書を更新していないか、偽装サイトである可能性があります。このようなWebサイトを閲覧すると、攻撃を受ける可能性があります。

カスペルスキーのセキュリティがこのWebサイトへのアクセスからお客様を保護したため、ウィンドウを閉じても問題ありません。

詳細を非表示にする

検知日時:2022/09/22 17:30:22

URL: xxx

理由: この証明書または証明書チェーンの証明書の1つが最新ではありません。 証明書の表示

この他にも色々とカスペルスキーはバグがあるのですがなかなか直しません。本当いい加減にして欲しいですね。

という訳で、この誤検知メッセージが出てサイト閲覧が出来なくなってしまったので、出なくした時の手順をメモっておきます。

設定 > ネットワーク設定 > 暗号化された接続のスキャン

「暗号化された接続をスキャンしない」にチェック

この処理を実行すると、コンピュータの安全性が低下します。

この処理を実行すると、コンピュータの安全性が低下します。
保護者による管理、危険サイト診断、Webトラッキング防止、ウェブ保護、パートナー広告対策で
暗号化された接続を監視できなくなり、ネット決済保護が無効になります。

暗号化された接続のスキャンを無効にしますか?

というポップアップが表示されます。

「続行」をクリックします。

保存をクリックします。

 


Windows10でアイコンの表示がおかしくなった場合の対処方法


普段私は、Dropboxに実行ファイルを配置し、ショートカットをデスクトップに貼り付けて作業をしています。

するとある日突然、ショートカットアイコンの表示がおかしくなりました。

結論として、ショートカットファイルのアイコン表示部分のバグでした。

さっさとMicrosoftはバグを直しなさい。

ショートカットアイコンの表示を直すために私がやった手順をメモっておきます。

Windowsキー + R

ショートカットコマンドを入力します。

「ファイル名を指定して実行」ダイアログが起動します。

そしたら、そこに

%userprofile%

と入力し、「OK」をクリックします。

その中からAppDataを見つけて開きます。

メニュー >  表示 > 詳細 とすれば、アイコン表示から文字列だけの表示になって見易くなります。

C:\{user_dir}\AppData\Local

このパスまで移動します。

そしたら、 iconcache*.db と入力し検索します。

すると、ズラァ~ッとファイルが一覧表示されます。

消せるアイコンキャッシュファイルを全て消します。

この操作はエクスプローラーを使って行っている為、エクスプローラーで使用しているキャッシュファイルの削除は出来ません。

ひとまず今回はデスクトップ上のアイコンファイルがおかしくなっているので、消せる物だけ消していきます。

そして、デスクトップ上のショートカットファイルを削除して、新たにDropbox上のファイルの上で

右クリック > コピー  >デスクトップの上でショートカットの作成

その後、PCを再起動します。

するとアイコンが正常に戻っていました。

マイクロソフトはしょうもないWindows Updateばかり行ってないでこの様な基本的なバグを早く直しなさい。

 

 


FXの注文方法。IFD注文 IFO注文 OCO注文


FXには色々な注文方法があります。

用語が若干分かり辛いのでしっかりと頭で整理しておきましょう。

IFD注文

IFDとはIf Done(イフ・ダン)の事です。

「価格がもしし○○円になったら新規で買いたい、その後○○円になったら決済して売りたい」といった具合に、予め新規注文と決済の2つのオーダーを同時に出す事が出来る注文方法です。チャート画面に貼り付けない人に重宝される注文方法です。

OCO注文

OCO注文は、One Cancels the Otherの略です。

同時に2つの注文を出して、「どちらかの注文が成立したら、もう一方の注文は自動でキャンセルする、といった注文方法の事です。

相場の動きによって、「上がったら買う」「下がったら売る」といった様な使い方をします。

IFO注文

IFO注文というのは、IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法の事です。「もし○○円だったら新規で買って、その後○○円まで上がったら利益確定をして売りたい。○○円まで下がったら損切して売りたい」といった具合に3つの注文を出す事が出来ます。

FXの注文一覧

注文をすぐに出す時には、「カウントダウン注文」で数値を指定していきます。

ただ、チャートの前に貼り付けない時などMT5で予約注文をすると良いです。

ただし、名前と実際のオーダーの流れが分かり辛いのでしっかり理解しておきましょう。

全部で8パターンなので頭に叩き込みましょう!

FXで予約注文をする場合には

タイプ:指値注文(Pending Order)を選択します。

そしてタイプの中から自分が出したい注文に合わせて選択して注文を出していきます。

Buy Limit

現在のレート(価格)よりも低い値になったら買い注文を入れる場合に使用します。(指値買い)

Sell Limit

現在のレート(価格)よりも高い値になったら売り注文を入れる場合に使用します。(指値売り)

Buy Stop

現在のレート(価格)よりも高い値になったら買い注文を入れる場合に使用します。(逆指値買い)

Sell Stop

現在のレート(価格)よりも低い値になったら売り注文を入れる場合に使用します。(逆指値売り)

Buy Stop Limit

買いのストップリミット注文=指定した価格を上回った場合に有効となる指値の買い注文

高値突破後の押し目を狙う場面等で使います。

Sell Stop Limit

売りのストップリミット注文=指定した価格を下回った場合に有効となる指値の売り注文

安値を割った後の戻りを狙う場面等で使います。

IFD注文とIFO注文について

「決済逆指値(S/L)」か「決済指値(T/P)」いずれかのみの指定であればIFD注文

「決済逆指値(S/L)」と「決済指値(T/P)」両方とも指定すればIFO注文

 

 


WooCommerceでSKUで検索出来る様にする。


WooCommerceでは標準でSKUで商品を検索する事が出来ません。

SKUで検索しても検索結果にヒットしません。

そこでSKUも検索対象にする事が出来るプラグインは無いかな~と思って調べていたら見つかりました。

それがこちらです。

Search by SKU for Woocommerce

というプラグインをインストールしてActive化すればSKUも検索対象となります。

ただ気になるのが、この記事を書いている、2022年9月8日時点で1年以上もプラグインが更新されていません。

ただ、今のところしっかりとプラグインは動作しています。

因みにこのプラグインの作者は、Matty Lさんという方です。

ただ、彼の運営サイトも2年位更新されておらず生存確認が取れません。

WordPressのアップデートタイミングで過去に動作していたプラグインが使えなくなる事もあるので、その時の事を想像するとちょっと心配ですね。

まぁ、その時はその時で対処方法を考えます。

あと、序でに FiboSearch – Ajax Search for WooCommerceもインストールしておきました。

このプラグインをインストールすると、検索枠でサジェスト表示が可能になります。

FiboSearch – Ajax Search for WooCommerce

を使う場合

Appearance > Menus > FiboSearch bar

FiboSearch bar をメニューに追加して使用します。

プラグインをインストールしただけでは、Ajax検索は出来ないので注意しましょう。


ワードプレス(WordPress)で特定の固定ページへのコメントを禁止する手順


ワードプレスで固定ページを作成すると、そのままでは誰でもコメントを残す事が出来ます。

コメントをさせたくない固定ページの場合、以下の手順を行えば特定のページだけコメントを禁止する事が出来ます。

左メニュー > Posts > (コメントを禁止したい固定ページ)Edit

画面が切り替わったら、画面をクリックします。

すると↑のダイアログが起動するので「・・・」(縦)をクリック >  Show more settings をクリック

Post > Discussion

Allow comments

Allow pingbacks & tracks

のチェックを外します。

そして右上にある Update ボタンを押せばOKです。