WooCommerceで商品の並び順を設定する。ソート SORT


WooCommerceで商品の並び順を設定する方法をメモしておきます。

メニュー > Appearance > Customize

Default product sorting

この中から好みのソート順を選びます。

新しく登録された商品を上位に表示したいのでここでは

Sort by most recent

を選択しました。

WooCommerceの利用者数がもっと増えて欲しいなーと思う今日この頃です。

 

 

 


ワードプレスのフッターの「Powered by WordPress」を手軽に消す方法 Remove “Powered by WordPress”


これまでは、footer.phpを開いてphpのコードを直接修正していましたが、もっと簡単に削除出来る優秀なプラグインを発見しました。

その名も

Remove “Powered by WordPress”

この名前のプラグインを検索して有効化すれば簡単に

Powered by WordPressを消す事が出来ます。

このプラグインを入れておけば、ワードプレスがアップデートしてもこの表記を消し続ける事が出来ます。


WordPressでサイトマップを簡単に作成する方法 sitemap.xml


Google Search Consoleで使用するサイトマップを作製する為に使ったプラグインをメモっておきます。

XML Sitemaps

This plugin will improve SEO by helping search enginess better index your site using sitemaps.

By Auctollo

WordPressには様々なサイトマップを作製するプラグインがあります。ただ、Auctolloという人の出しているサイトマップ生成プラグインが一番世界で使われている様です。

やはり多くの人が使っているプラグインの方がバグもすぐに潰され安定稼働する確率が高いのでこれにしました。

という事で、さっそくこのプラグインをインストールしました。

プラグインを有効化すると

Settings > XML-Sitemap という項目が現れます。

そこから設定をする流れになります。

因みにインストールしただけでは、どうやらsitemap.xmlは作られていない様です。

https://{domain}/sitemaps.xml

にアクセスすると作成されたサイトマップが表示されます。

一度、ブラウザからアクセスした後でSeachConsoleに入ってサイトマップを指定すると、正常に認識されます。

固定ページやページが編集されたタイミングでのみこのプラグインは動作している様です。

ただ、1点気になる点が・・・

FileManagerでサーバ上に sitemap.xmlが出来ているか検索してみたところ、見つかりませんでした。

ワードプレスをインストールしたディレクトリに対して sitemap.xmlで検索しているのに見つからないのです。

しかし、SeachConsoleには認識されていてどうなっているのだろうか( ゚Д゚)

→詳しい人がいたらコメント欄で教えてください。


コンタクトフォームから送信された差出元メールアドレスが wordpressになっているのを修正する方法 contact form 7


Contact Form7を使えば簡単に問い合わせフォームを作る事が出来ます。

このプラグイン自体は、とても便利なのですが、そのままではコンタクトフォームから送信されたメールの差出元が

wordpress@ドメイン

になってしまっています。

このままでは、見栄えが悪いので変更しました。

Contact > Edit Contact Form > Mail

From の部分を修正します。

あと、デフォルトでは、問い合わせフォームに

Your message (optional)

が入っています。問い合わせ内容が optional とか意味不明過ぎるのでこれも削除しておきます。

Formタブを選択して

(optional)を削除すればOKです。

昔は、ゴリゴリとコードを書いて問い合わせフォームを作成していました。

当時に比べて現在は、wordpressで手軽に何でもサクサク出来る様になって良い時代になったな~。

つくづく思います。

 


WordPressの邪魔なフッター表記を簡単に消す方法【Built with Storefront & WooCommerce.】


WordPressの邪魔な表記を消したい場合があります。

今回は、この表記を消します。

Built with Storefront & WooCommerce.

消す方法はマジで簡単です。

Change Storefront Footer Copyright Text

というプラグインをインストールして有効化すればOKです。

このプラグインが優れているのは、設定画面より自由にフッターの文字列を更新する事が出来ます。

ここに替わりに表示したい文字列を入力します。

通常の手順でフッターを消す場合

外観 > テーマファイルエディター > よりfunction.php などを直接編集して消します。ただし、テーマのアップデートが走るとまた修正し直さないといけないのでこのプラグインで対処しておいた方が楽です。

なお、↓この表記はこのプラグインでは消せません。
Proudly powered by WordPress