「Windows LIve Mail」タグアーカイブ

Windows Liveメールで効率的にメールの返信を行う方法


Windows Liveメールで効率的にメールの返信を行う方法

Windows Liveメールを使っていると、関係者全ての人に対してメールの返信をしたい場合があります。そんな場合には、全員に返信という機能を使う事によって簡単に返信をする事が出来ます。その手順を図解入りで分かり易くまとめました。

返信したいメールの上で右クリック > 全員に返信(A) をクリックします。

宛先のメール部分をクリックしてフォーカスを当てます。すると青背景・白文字に変化します。

Control + A キーを押して全選択状態にします。

続いて Control + X を押してクリップボードに切り取ります。

Control + V を押して貼り付けます。すると最初は隠れていたメールの宛名メールアドレスが表示されます。メールアドレスの指定ミスは致命的です。宛名と対応するメールアドレスが異なった形で登録されてしまっている場合には、メール送信ミスになってしまいます。この手順を行った上でしっかりとメール送信前にはメールアドレスが正しいのか確認する様にしましょう。

 

 

 

 

 


さくらインターネットで作成したメールをWindows Liveメールにアサインする場合の注意事項


ちょっとした設定ミスが原因

前回、この手順でさくらインターネットでメールを作成しました。

さくらインターネットでメールアドレスを作成する方法

そして作成したメールをWindows Live Mailで読み込める様に設定をしようと思ったのですが、なぜかうまく行きません。これまでスムーズに設定が出来ていたのでなぜ?と思ってましたがちょっとした落とし穴がありました。

基本的に私のメモ書きなので悪しからず。

はまったところだけ纏めておきます。

 

全般タブ

ユーザ情報

名前(N) : hogehoge@testtest.com     …(A)

電子メールアドレス(M):  hogehoge@testtest.com 

 

サーバタブ

受信メールサーバー

ユーザ名(A): hogehoge@testtest.com 

 

この3つの場所には同じメールアドレスを指定する必要があります。

今回(A)の場所に日本語で名前を設定していましたがこれが原因でした。

 


Windows Live Mail(ウィンドウズライブメール)で効率的に検索を行う方法


Windows Live Mail(ウィンドウズライブメール)を使っていると

メールの本文に特定のワードを同時に含むメールを手軽に探したい場合があります。

“A” というワードと ”B”というワードを同時に本文に含むメールを抽出する

といった様な場合です。

その場合には、検索ワードを「”」(半角ダブルクォーテーション)で囲って、半角スペースに続けて次の検索ワードを同じく「”」(半角ダブルクォーテーション)で囲って検索窓に入力します。

windows_live_mail

ここでは、 “世話” と “” というワードをメール本文に同時に含むメール一覧が抽出されています。

ポイントは必ず「”」(半角ダブルクォーテーション)で検索ワードを囲って半角スペースに続けてもう一つの検索ワードも「”」(半角ダブルクォーテーション)で囲って検索窓に入力するという事です。こうしないと正常に検索(抽出)が出来ません。

※この「”」(半角ダブルクォーテーションはプログラムの世界では文字列を変数に代入する際に使用されます。