「windows live メール」タグアーカイブ

Windows Liveメールでメールを送った時に相手が読んだかどうか確認する方法【開封確認】

大事なメールを相手に送る場合など、相手が読んだのかどうか知りたい場合があると思います。その様な場合には開封確認を行うと相手がメールを読んだ場合には、その旨がメールで送信元アドレスに通知メールが届く事によりわかります。

windows-live-mail

 

常に開封確認をしたい場合

画面上部にある▼をクリック > オプション(O) > メール(M)… > オプションダイアログが起動 > 確認メッセージ >

開封確認メッセージの要求

の中にある

送信するメッセージすべてに対して、開封確認メッセージを要求する(R)

にチェックを入れてOKボタンを押します。

 

こうする事により開封確認がデフォルトになりますが、相手にしてみればメールを受信する度に、都度開封確認のダイアログがポップアップで出てしまいます。かなりうっとおしいですよね。

また、開封確認を設定してメールを送った側は、相手が開く度に通知メールが飛んで来る事になります。ウザがられるので本当に大切なメールの時だけ開封確認のオプション設定をしてメールは送った法が良いでしょう。

 

【Windows10】Windows Liveメールでメールを受信した時に本文が***.htmとして添付されてしまう事象の解決策

Windows Liveメールでメールを受信した時に本文が***.htmとして添付されてしまい何が原因かな、と思っていたら対処方法が分かりましたのでメモっておきます。

Windows Live メールを起動 > メニュー > ファイル > オプション > メール >

読み取り(タブ) > メッセージはすべてテキスト形式で読み取る(R)

のチェックを外す。

この手順を行ったところこの変な事象は解決されました。

この厄介な事象は本当に謎でした。どうやらWindows Liveメールのソフトの仕様として、メッセージはすべてテキスト形式で読み取るにチェックが入っていると、送信元がHTMLメールで送って来た場合、本文をHTML化してメールに添付する仕様の様です。

Windows LiveメールへGmailを設定する方法

1.

Gmailを設定するにはGmail側の設定が必要です。
まず、Googleアカウントにログインし、Gmailを開いてください。

2.

Gmail画面より歯車のマークをクリックし、設定を選択します。

g_1

3.

設定画面から「メール転送とPOP/IMAP」を選択し、
すべてのメールでPOPを有効にする」
IMAPを有効にする」にチェックを入れ、変更を保存します。

gmail_2

4.

次はGoogleアカウントから「ログインとセキュリティ」を選択してください。

g_3
g_4

5.

接続済みのアプリとサイト」を選択し、「安全性の低いアプリの許可」を「有効」にします。

g_5
g_6

6.

Windows live メール からメールのアカウントを追加します。
「アカウント」→「電子メール」を選択しします。

メールアドレス(Gmailアドレス)
パスワード(Googleアカウントのパスワード)
お好きな表示名を記入し、「次へ」を選択します。
g_7

これで登録は完了です。

サーバーの情報が自動的に下記のように設定されています。
Gmailの設定ができない時は、サーバーの設定を確認してください。
g_8-9

受信サーバー:pop.gmail.com
サーバーの種類:POP
ポート番号が:995

送信サーバー:smtp.gmail.com
ポート:465

Windows LiveメールへYahoo!メールを設定する方法

1.

Windows Live メールを開き、「アカウント」→「電子メール」を選択します。
yahoomail_1

2.

すると、電子メールアカウントの追加画面がでてきます。
そこへ「電子メールアドレス」「パスワード」「表示名」を記入します。
yahoomail_2-3

電子メールアドレス:追加したいYahoo!メールアドレス
パスワード      :Yahoo!メールのパスワード
表示名        :お好きな表示名

 

「次へ」をクリックすると登録が完了します。

サーバーの情報が自動的に下記のように設定されています。
yahoomail_4