「エクスポート」タグアーカイブ

HeidiSQLでテーブルデータをエクスポートするには?

HeidiSQLを使えばテーブルデータのエクスポートも簡単

HeidiSQLを使えば、テーブルデータのエクスポート時の条件をいろいろと事細かに設定して行う事が出来ます。

テーブルデータのエクスポート手順

エクスポートしたいテーブルの上で右クリック > データベースを SQL としてエクスポート(S)

 

テーブルツールが起動します。

SQL エクスポートタブを選択 >

テーブル:ドロップ と   作成 にチェックを入れます。

なお、ドロップにチェックを入れると ドロップ!! と表記が変わります。

 

ファイル名:右側のエクスプローラーアイコンをクリックして保存先を選択します。

ここでは、 デスクトップ上に hoge.sql として保存する事にします。

必ず保存先のパスは設定する様にしましょう。そうしないとエクスポート実行で必ずエラーが出てしまいます。

 

ここまでの設定が出来たらエクスポートを押します。

 

するとこの様に

1.Drop

2.Create

3.Insert

の順番でSQLが定義された状態でSQLファイルとしてデータのエクスポートが成功している事が分かります。

 

phpMyAdminからもテーブルデータのエクスポートを行う事も出来ますがHeidiSQLを使った方がきめ細かな出力設定をする事が出来るのでお勧めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

Eclipseでリモート接続中のプロジェクトのソースコードなどを一発でバックアップする方法

Eclipseのエクスポート機能を使えば簡単

Eclipseのエクスポート機能を使うと簡単にソースファイル群を圧縮してローカルにダウンロード保存する事が出来ます。

その手順を纏めておきます。

PHPエクスプローラーからバックアップを行いたいプロジェクトを選択します。

その上で右クリック > エクスポート(O)

eclipse-bk_1

 

エクスポート

選択

リソースをローカル・ファイル・システムのアーカイブ・ファイルにエクスポートします。

というダイアログが表示されます。

一般 > アーカイブファイルを選択 > 次へ(N)

eclipse-bk_2

宛先アーカイブ・ファイル(A) の右側にある参照(R)…を押して圧縮したファイルの保存先パスを指定します。圧縮ファイルの名前にバックアップした日付を含めておくとバックアップ日付が分かりやすくてお勧めです。

hoge_project_20161215

eclipse-bk_3

とまー、こんな感じで手軽にEclipseのエクスポート機能を使うとソースファイルのバックアップが出来ます。

ただし、サーバ上に複数のプロジェクトファイルなどがあり、それらをくっつけて一纏めにして保存をしたい場合には、TeraTermでサーバに接続し圧縮して保存をした上でWinSCPでダウンロードした方が効率が良いです。

TeraTermでファイル群を圧縮するコマンド

tar czvf {圧縮保存したファイルの名前} {圧縮保存したいディレクトリ}

例)

tar czvf new_hoge_file_name.tar.gz  hoge_file1 hoge_file2 hoge_file3

圧縮対象のディレクトリ・ファイルはスペース区切りで複数指定する事が出来ます。

Windows10でWindows Liveメールでアカウントのエクスポート・インポートを行うには?

【アカウントのエクスポート】
①Windows Liveメールを起動 > メニュー > ファイル > 電子メールのエクスポート(E) > アカウント

②メールアカウントが一覧表示されるのでそのうちエクスポートしたいアカウントをクリックしアクティブにする。

③エクスポート(E)… をクリック > ***.iaf(インターネット アカウントファイル(*.iaf) の保存先を選択 > 保存(S)

 

【アカウントのインポート】
③でインポート(I)… > 事前に保存済のアカウントファイルを指定する。

ただし、アカウントのインポートを行ったとしてもメールの
パスワードは個別に新たに設定する必要があります。

Evernoteから必要なノートのみをHTML形式で分けてエクスポートするには?

Evernoteで特定のタグを割り当てているノートのみをHTML形式で外部保存(バックアップを取りたい)したいといった事があったので、その際の手順をメモしておきます。

 

1.出力したいタグを選択します。

2.ノート一覧の上で、「Alt」+「a」を押して対象のノートを全て選択します。

3.右クリック > ノートをエクスポート(X)…

4.「*個のノートをエクスポート」というダイアログが起動するので

その中から、「複数のWebページファイル(.html)でエクスポート」という項目を選択します。

5.「エクスポート(E)」をクリックします。

6.エクスポートしたいパスを選択します。

 

実際に操作した時の画面キャプチャです。

evernote-export