「アクリルアミド」タグアーカイブ

意外と知られていないけど実は体に悪い食べ物 7選


こんにちは!ノウハウツリー管理人です!

人間にとって一番大切なのはお金では無く健康です。

健康を害さない為にも体に害のある食品は極力摂取しない様にしたいですね。

今回は、あまり知られていない実は体に悪い食べ物をご紹介します。

体に悪いけれどもついつい食べてしまう物もあると思いますが、健康の為に我慢する事をおすすめします。

 

最近は健康志向が高まってきて原産国や保存料、着色料などにも気をつけて食品を選んでいる人も多いのではないでしょうか。

しかし、思わぬところで体にあまりよくないものを食べているかもしれません。

今回は、できるだけ食べるのを避けた方が良い食品を7個をピックアップしてみました。

のど飴

なんだか喉がイガイガするときには、まるで体に良いものと思い込んで、次々と飴を口に放り込んでいる人も多いのではないでしょうか?

確かに飴をなめると唾液が出ることで、喉を潤してくれますがのど飴は砂糖の塊なので、一個あたり、約4グラム程度の砂糖が含まれています。

その為、殆どののど飴のパッケージの裏には「1日約6個まで、2時間以上間隔を空けて舐める様に」という注意書きがあります。

飴をなめすぎると喉を痛めるだけでなく、糖尿病を発症する事もあります。

飴だけに舐めてかからない様にしましょう!

ホットドッグ

ホットドッグと書きましたが危険なのはソーセージの方です。

お惣菜等に使用されているハムやサラミなどの加工肉は、子供の大好物なのでお弁当に入れてあげたくなりますが、保存期間を長くする為に化学物質や保存料が、多量に含まれています。

さらに、味を調えるための化学調味料や、着色料、トランス脂肪酸が含まれている為、50グラム程度の加工肉を毎日食べると直腸がんになる確率が18%も増加する事が研究結果として分かっています。

エナジードリンク

徹夜の強い味方、エナジードリンクを飲めば心臓がバクバクして体の内側からエネルギーが沸いてくる様な感覚になりますが、それは多量の砂糖とカフェインが入っているからです。

一瞬で勝ち負けを決めるスポーツやゲームの大会の前に一杯飲むのは良いかもしれませんが、1日に2杯、3杯も飲むと明らかに糖分とカフェインの過剰摂取となります。

実際に、仕事終わりにエナジードリンクを4缶飲んだところ心臓発作を起こして亡くなってしまった人もいます。

翼を授かって天国までいかない様に皆さんも程々にしておいた方が良いでしょう。

ネギトロ

寿司屋に行ったら、食べたくなるネギトロですがあまりお勧めできません。

特に回転寿司などでは、キハダマグロやビンチョウマグロなどの安価な材料に魚油や植物油などの油脂や調味料、着色料などを加えて見た目や、味、食管を向上させている人工ネギトロが殆どです。

更にびっくり仰天なのは、コンビニで売られているネギトロは実は赤マンボウが使われています。

食品添加物に対する規制が先進国一ゆるい日本ではこの様な食品偽装表記が農林水産省のお墨付きで認められているのです。

TV局のスポンサーになっている事が多い為、決してテレビのニュースでは報道される事はありませんが、回転寿司・コンビニで販売している食品は添加物まみれで非常に危険です。

出来るだけ食べない様にしましょう。

マーガリン

マーガリンが危険なのは既に有名なので知っている人も多いかもしれません。

バターは良いけどマーガリンは危険です。

80年代に、マーガリンは植物性油脂である事から健康に良い食べ物とされてきました。

しかし近年の研究でマーガリンはトランス脂肪酸を多く含む食品だと判明しオランダでは、トランス脂肪酸を含む油脂製品が販売禁止になっています。

またデンマークも毒物食品としてマーガリンの販売が禁止されています。

これほど身近に、そして日常的だった食べ物が、実は体に悪かったなんて人類の歴史上無かった事です。

マーガリンの代わりには、自然由来のバターや、オリーブオイル、ココナッツオイルなどを使用すると良いでしょう。

因みにロッテのコアラのマーチにはトランス脂肪酸が含まれています。

日本は規制がゆるゆるなのでまだ販売されていますが、コアラのマーチにもトランス脂肪酸が含まれています。

シンガポールなど政府が優秀な国では、コアラのマーチは販売が禁止されています。

日本の食品は安全と時代錯誤の勘違いをしている人はいい加減目を覚ましましょう。

放射能まみれのお米が「国産」として大手外食チェーン店で普通に使われているのに、農林水産省・厚生労働省は黙認しています。

なぜか?天下りする為です。天下り大国それが現在の日本です。

コンビニのおにぎり

コンビニのおにぎりはそこそこ美味しいですが、家でやっても同じ感じにならないと思われた方も多いはずです。

その理由として、コンビニのおにぎりは日持ちする様に米と炊飯油、PH調整剤、保存料、シリコンそして多量の油が使われています。

このPH調整剤には多量の添加物が含まれていますが、一括して「pH調整剤」と表示されているためどんな添加物が含まれているのかは分かりません。

公開されていないのです。

危険な添加物が食品に使用されていてもそれを認めているのが現在の厚生労働省や農林水産省なわけです。

天下り先のポストを用意して欲しいから危険とわかっていてもそれを規制しないのです。

それら添加物の中には、カルシウムや亜鉛不足に陥る成分も含まれている為に、キレやすくなる原因の一つになっているそうです。

ポテトチップス

永遠に食べていられる食べ物の1つにポテトチップスがあります。

一度手をつけるととまりませんよね。

いやいやこれは芋やでぇ~

野菜やでぇー

食物繊維も豊富なんやでぇ~

と言いたいバカな大阪人もいるかもしれません。

しかし、ポテトチップスは揚げているため、トランス脂肪酸が多い食品です。

また、ポテトチップスには、発がん性のあるアクリルアミドが他とは桁違いの量含まれています。

トランス脂肪酸、アクリルアミドという2つの成分によって引き起こされる発がん性は高く、週に2~3回ポテトチップスやフレンチフライを食べる人は、食べない人に比べて2倍も早死にする傾向

にある事がイタリアの研究で判明しています。

 

 

皆さんいかがでしたでしょうか?

まさかこんな物が体にそんなに悪かったの?

と驚かれた方も多いかもしれません。

体に悪い物は美味しいんです。

ですが、美味しいからとこんなのを日常的に食べているとガンになるのでご注意ください。

 

他にも危険な食べ物が日本では沢山出回っています。

中国の食べ物が危険と言ってるあなたもいい加減気付きましょう。

日本は、農林水産省・厚生労働省などのお役所が退職後に食品大手メーカーへ天下りする為に、危険な添加物が幾ら食品に含まれていようともめくら判で相当数が流通しているのが現状です。

以下ページも併せて勉強しておくと良いかもしれません。

26.【衝撃】医者が絶対に口にしない!本当は危険な食べ物 トップ10。【知ってよかった雑学】その①

27.【衝撃】医者が絶対に口にしない!本当は危険な食べ物 トップ10。【知ってよかった雑学】その②


27.【衝撃】医者が絶対に口にしない!本当は危険な食べ物 トップ10。【知ってよかった雑学】その②


前記事はこちらです。

26.【衝撃】医者が絶対に口にしない!本当は危険な食べ物 トップ10。【知ってよかった雑学】その①

6.精製糖と人工甘味料

精製糖や高果糖コーンシロップは、血糖値を上げるだけでなく、ガン細胞の最もお気に入りのものだそうです。また、人工甘味料の中には、体内に入ると毒素に変わる成分が含まれているものもあり、ガンや脳腫瘍の原因になるといいます。普段何気なく飲んでいるソーダやジュース類には、こういった糖分が含まれているものがありますから、ご注意くださいね。

 

7.缶詰トマト

米国科学アカデミーが2013年に行った調査によると、缶詰の内側にコーティングされている薬品(ビスフェノールA)をネズミに投与した結果、神経系の障害や乳腺及び前立腺の異常などがみられたそうです。その中でも酸性の強いトマトの缶詰は、ビスフェノールAが溶け出しやすいので、とくに危険を要するようです。特に、妊娠中の方、小さいお子さんをお持ちの方はご注意くださいね。トマトの水煮なら、瓶詰の方が安全ですよ。

 

8.ジャンクフード

ジャンクフードには大量の油、塩、人工のフレーバー、保存剤や合成着色料の他にも、タバコの成分である「アクリルアミド」が含まれているので、やはりガンを引き起こす可能性があります。しかも、使われているジャガイモやコーンが遺伝子組み換えのものである場合もあるので十分な注意が必要です。

9.ポテトチップ

発がん性物質が指摘されるアクリルアミドが、「焼く」「揚げる」など高温で調理された場合、炭水化物(でんぷん)を多く含む食品中に高濃度で検出されたと発表しました。特にポテトチップスはアクリルアミドの検出率が高く、一般的なポテトチップス1袋にアクリルアミドが、WHOが飲料水の許容範囲としている濃度の500倍もの量が含まれ、同国内のファーストフード店で販売されているフライドポテトではその濃度が約100倍だったというのです。

10.アルコール飲料

アメリカでは、アルコール飲料がタバコに続き、ガンの原因のナンバー2だと考えられています。20万人の女性を対象に、14年間調査をした結果、1日1杯のアルコールを毎日飲んだ人と、飲まなかった人とでは、飲んだ人の方が約30%も乳がんの発生率が多かったそうですよ。

★警告★日本の飲食物は実は大変危険、中国の食品と同レベル!

この衝撃的な事実を日本人の中で知っている人は、非常に少ないです。また、この様な発言をするとネガキャンだ、中国の手先だ、なぁ~んて言いがかりをつけてくる人が居ます。

ただし、事実なのです。

意外と知られていませんが、日本の食べ物は世界基準で見た場合に危険な添加物が多く使用されています。企業利益を優先している為に、日本の厚生労働省などのお役所は世界的に禁止されているアスパルテームなどの人工甘味料が食品に含まれていようとも目をつぶっています。

なぜ厚生労働省が黙認するのか?

それは、非常に簡単な理由です。

公務員を退職した後でそれら企業に顧問などの名目で天下りをする為です。

公務員(役人)の時に企業が危険な添加物を入りの飲食物を販売する事をスルーしてあげたから、退職後のポストを用意しておいてね

という訳です。

企業と蜜月関係の農林水産省・厚生労働省が天下りの温床です。

3.11の東日本大震災の後に福島原発が爆発して放射能が垂れ流された後に、枝野幸男がTVなどマスコミ向けには、「直ちに影響は無い」と連呼する傍ら家族をシンガポールへ逃亡させていただのは有名な話です。福島県産の野菜を食べて応援とか気が狂ったCMが流れているのは、外国人の目には異様に映っているそうです。

例えば、一例をお教えしましょう。

ロッテのコアラのマーチなどは「トランス脂肪酸」が含まれており海外では販売禁止されている国も多いです。

ですが、日本では販売がOKです。

子供には食べさせるのはマジでやめておきましょう。

その他にも「ノンアルコールビール」として日本で売られている、日本のビールメーカーの出している「化学的ドリンク」。

確かに美味しいです。

なぜなら人間の美味しいと感じる味覚をピンポイントで化学的に刺激する物質を含んでいる訳ですから。

TVや雑誌では、大手企業がスポンサーになっている為に危険な製品であったとしても、報道しません。

報道しよう物なら、広告を出してくれませんからね。

ノンアルコールビールの危険性については、↓のページにもっと詳しく解説しています。

ノンアルコールビールに含まれる人口甘味料(アスパルテーム)が下痢を引き起こす原因です。

TV報道には様々なバイアスがかかっています。真実を見極める目を養うことをお勧めします。