壁カレを手前に常に表示する方法

壁カレについて

壁カレというフリーソフト(無料でダウンロードして使えるソフト)があります。このソフトはもう10年以上前から出ているフリーソフトですがなかなか便利です。必要な時にアプリを起動すれば、日付を簡単に確認できます。似た様なフリーソフトも複数ありますが、この壁カレが良い点は、

  • カレンダーを複数月(3か月とか)表示する事ができる
  • 祝日・休日が色分けされている

この2つが一番良いポイントでしょう。後に後述しますが壁カレは便利なのですが、基本設定では他のウィンドウをアクティブにした時に後ろに潜り込んで隠れてしまいます。見る場合には、タスクバー上で再び壁カレアイコンをクリックして手前に表示する必要がありこれが結構面倒だなーと感じていました。常に手前に表示する設定方法が見つかったのでメモっておきます。

壁カレを手前に表示する方法

では、手前に表示する方法をメモっておきます。

タスクバー上に壁カレのアイコンがあるのでその上で右クリック > 設定(S)

「壁カレ 設定」というダイアログが起動したら

ウィンドウ設定 > 常に手前に表示

にチェックを入れ「完了(O)」をクリックします。設定自体は簡単なのですが、色々な機能がある半面、一番必要な機能がなかなか見つかり辛かったです。

PCをデュアルディスプレイにしているのであれば、この壁カレをモニター上の右上など(隅っこ)に常に手前に表示し続ける様に設定しておくと便利です。作業を邪魔する事もなく、必要な時に視点移動をするだけで簡単に日付確認をする事が出来、作業効率があがります。こんな事をだらだらかくとマニアと思われてしまいますかね。とりあえずまーこんな感じです。

壁カレのダウンロードURL

壁カレは「窓の社」というサイトからダウンロードする事が出来ます。フリーソフトなので無料でダウンロードする事が出来ます。

http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/kabecale/