「windows-live-mail」カテゴリーアーカイブ

さくらインターネットで作成したメールをWindows Liveメールにアサインする場合の注意事項


ちょっとした設定ミスが原因

前回、この手順でさくらインターネットでメールを作成しました。

さくらインターネットでメールアドレスを作成する方法

そして作成したメールをWindows Live Mailで読み込める様に設定をしようと思ったのですが、なぜかうまく行きません。これまでスムーズに設定が出来ていたのでなぜ?と思ってましたがちょっとした落とし穴がありました。

基本的に私のメモ書きなので悪しからず。

はまったところだけ纏めておきます。

 

全般タブ

ユーザ情報

名前(N) : hogehoge@testtest.com     …(A)

電子メールアドレス(M):  hogehoge@testtest.com 

 

サーバタブ

受信メールサーバー

ユーザ名(A): hogehoge@testtest.com 

 

この3つの場所には同じメールアドレスを指定する必要があります。

今回(A)の場所に日本語で名前を設定していましたがこれが原因でした。

 


Windows Liveメールでメールを送った時に相手が読んだかどうか確認する方法【開封確認】


大事なメールを相手に送る場合など、相手が読んだのかどうか知りたい場合があると思います。その様な場合には開封確認を行うと相手がメールを読んだ場合には、その旨がメールで送信元アドレスに通知メールが届く事によりわかります。

windows-live-mail

 

常に開封確認をしたい場合

画面上部にある▼をクリック > オプション(O) > メール(M)… > オプションダイアログが起動 > 確認メッセージ >

開封確認メッセージの要求

の中にある

送信するメッセージすべてに対して、開封確認メッセージを要求する(R)

にチェックを入れてOKボタンを押します。

 

こうする事により開封確認がデフォルトになりますが、相手にしてみればメールを受信する度に、都度開封確認のダイアログがポップアップで出てしまいます。かなりうっとおしいですよね。

また、開封確認を設定してメールを送った側は、相手が開く度に通知メールが飛んで来る事になります。ウザがられるので本当に大切なメールの時だけ開封確認のオプション設定をしてメールは送った法が良いでしょう。

 


【Windows10】Windows Liveメールでメールを受信した時に本文が***.htmとして添付されてしまう事象の解決策


Windows Liveメールでメールを受信した時に本文が***.htmとして添付されてしまい何が原因かな、と思っていたら対処方法が分かりましたのでメモっておきます。

Windows Live メールを起動 > メニュー > ファイル > オプション > メール >

読み取り(タブ) > メッセージはすべてテキスト形式で読み取る(R)

のチェックを外す。

この手順を行ったところこの変な事象は解決されました。

この厄介な事象は本当に謎でした。どうやらWindows Liveメールのソフトの仕様として、メッセージはすべてテキスト形式で読み取るにチェックが入っていると、送信元がHTMLメールで送って来た場合、本文をHTML化してメールに添付する仕様の様です。


Windows LiveメールへGmailを設定する方法


1.

Gmailを設定するにはGmail側の設定が必要です。
まず、Googleアカウントにログインし、Gmailを開いてください。

2.

Gmail画面より歯車のマークをクリックし、設定を選択します。

g_1

3.

設定画面から「メール転送とPOP/IMAP」を選択し、
すべてのメールでPOPを有効にする」
IMAPを有効にする」にチェックを入れ、変更を保存します。

gmail_2

4.

次はGoogleアカウントから「ログインとセキュリティ」を選択してください。

g_3
g_4

5.

接続済みのアプリとサイト」を選択し、「安全性の低いアプリの許可」を「有効」にします。

g_5
g_6

6.

Windows live メール からメールのアカウントを追加します。
「アカウント」→「電子メール」を選択しします。

メールアドレス(Gmailアドレス)
パスワード(Googleアカウントのパスワード)
お好きな表示名を記入し、「次へ」を選択します。
g_7

これで登録は完了です。

サーバーの情報が自動的に下記のように設定されています。
Gmailの設定ができない時は、サーバーの設定を確認してください。
g_8-9

受信サーバー:pop.gmail.com
サーバーの種類:POP
ポート番号が:995

送信サーバー:smtp.gmail.com
ポート:465


Windows LiveメールへYahoo!メールを設定する方法


1.

Windows Live メールを開き、「アカウント」→「電子メール」を選択します。
yahoomail_1

2.

すると、電子メールアカウントの追加画面がでてきます。
そこへ「電子メールアドレス」「パスワード」「表示名」を記入します。
yahoomail_2-3

電子メールアドレス:追加したいYahoo!メールアドレス
パスワード      :Yahoo!メールのパスワード
表示名        :お好きな表示名

 

「次へ」をクリックすると登録が完了します。

サーバーの情報が自動的に下記のように設定されています。
yahoomail_4


Windows Liveメールで効率的に検索する方法


Windows Live メールを開いた状態で、
Ctrl + Shift + F を同時に押すと
「メッセージの検索画面」が表示され、検索対象を指定して精度の高い検索ができます。

▼メッセージの検索画面
キャプチャ

また、「メッセージの検索画面」にて、日付指定をして検索をすると
検索速度がとても早くなります。
151225


Windows10でWindows Liveメールでアカウントのエクスポート・インポートを行うには?


【アカウントのエクスポート】
①Windows Liveメールを起動 > メニュー > ファイル > 電子メールのエクスポート(E) > アカウント

②メールアカウントが一覧表示されるのでそのうちエクスポートしたいアカウントをクリックしアクティブにする。

③エクスポート(E)… をクリック > ***.iaf(インターネット アカウントファイル(*.iaf) の保存先を選択 > 保存(S)

 

【アカウントのインポート】
③でインポート(I)… > 事前に保存済のアカウントファイルを指定する。

ただし、アカウントのインポートを行ったとしてもメールの
パスワードは個別に新たに設定する必要があります。


Windows Live Mail(ウィンドウズライブメール)で効率的に検索を行う方法


Windows Live Mail(ウィンドウズライブメール)を使っていると

メールの本文に特定のワードを同時に含むメールを手軽に探したい場合があります。

“A” というワードと ”B”というワードを同時に本文に含むメールを抽出する

といった様な場合です。

その場合には、検索ワードを「”」(半角ダブルクォーテーション)で囲って、半角スペースに続けて次の検索ワードを同じく「”」(半角ダブルクォーテーション)で囲って検索窓に入力します。

windows_live_mail

ここでは、 “世話” と “” というワードをメール本文に同時に含むメール一覧が抽出されています。

ポイントは必ず「”」(半角ダブルクォーテーション)で検索ワードを囲って半角スペースに続けてもう一つの検索ワードも「”」(半角ダブルクォーテーション)で囲って検索窓に入力するという事です。こうしないと正常に検索(抽出)が出来ません。

※この「”」(半角ダブルクォーテーションはプログラムの世界では文字列を変数に代入する際に使用されます。

 


Windows Live メールでアカウントの順番を入れ替える方法


Windows Liveメールで複数のアカウントを登録している場合には

よく使うメールアドレスとそうで無いメールアドレスとが出てくると思います。

その際には、以下の手順を行う事によりそのアカウントの順番を自由に入れ替える事が出来ます。

Windows Live Mailでアカウントの表示順序を入れ替える方法

 

アカウントの上で右クリックをするとメニューの中に以下2つの項目が

表示されます。これをクリックする事によりアカウントの順番を自由に入れ替える事が出来ます。

上へ(U)
下へ(D)

作業効率化の為によく使うアカウントを上部に設定しておくとよいでしょう。

windows_livemail


Windows Live メールでメール送信時の宛先確認を効率的に行う方法


Windows Live メールでメール送信時の宛先確認を効率的に行う方法をご紹介します。

Windows Live メールでは、メールに返信をするとその人の名前がメールアドレス部分に表示され、メールアドレス自体は名前をダブルクリックしないと確認出来ないです。

 

しかし、それでは手間もかかるし宛先の確認の効率が悪いです。

そこで以下の方法で宛先の名前・メールアドレスを効率的に確認する事が出来ます。

宛先部分のメールアドレス部分にフォーカスを当てます。

Control + A を押し、宛先を全て選択します。

Control + C を押して、(名前を含む)メールアドレスを全てコピーします。

最後に Control + V を押します。

こうする事により宛先入力のTextBoxには

名前とメールアドレスが同時に表示される様になります。

この手順を行えばメールアドレスの確認を効率的に行う事が出来るのでぜひお試しください。

wm_confirm