「ソフトウェア」カテゴリーアーカイブ

色々なアプリケーション(ソフトウェア)の使い方の解説記事の纏め

Adobe Premiere Pro CC 2017で綺麗なテロップ(字幕)を作成する手順


Adobe Premiere Pro CCに標準で用意されているテロップはいまいちな見栄えです。

そこで綺麗でオーソドックスなテロップを作成する手順をご紹介します。

Adobe  Premiere Pro CCで綺麗な字幕を作る手順

ファイル > 新規 > レガシータイトル >

タイトルに分かり易く名前を付けます。

Premiere Proでは、字幕の事を「タイトル」と呼びます。

2017年現在のPremiere Proでは「レガシータイトル」という表記になっています。

legacy ・・・[名詞](過去からの)残留物、遺物、名残り

レガシーとはこーいう意味があります。

横書きツールを選択して画面にタイトルウィンドウをクリックします。

こうする事で文字入力をする事が出来る様になります。

この時にタイトルセーフマージンが表示されていない場合には、↑の場所をクリックして表示させましょう。

このタイトルセーフマージンをONにすると中央に罫線が表示されます。

タイトルを配置する場合には、この中に設定しましょう。

この範囲外の場合、動画を書き出した時に見切れてしまう場合があります。

選択ツールを使って文字列を配置したい場所に移動させます。

ここでは「100メートル美人」とタイトルを付けました^^

脱線しますが、皆さんの周りにもいませんか?

近くで見るとブスだけどある程度、離れた場所から見ると綺麗な雰囲気美人が。

文字列のフォント・サイズを設定

文字を配置したら今度は、フォント・サイズを設定していきます。

ここでは

プロパティの中の

フォントファミリー:HG創英角ゴシックUB
フォントスタイル:標準

塗りの種類:ベタ塗り
カラー:ピンク

を設定しました。

好みによって設定してみてください。

グラデーション設定をする事も可能です。

テロップ(文字列)に境界線をつける

文字列の周りに境界線(縁取り)の入ったテロップをTVやYouTubeなどで見る事が多いと思います。

Premire Proではストローク(外側)を2つ使います。

Photoshopと文字列の装飾方法が微妙に異なっているので分かり辛いです。

ストローク(外側)はもともと1つしか用意されていません。

そこでストローク(外側)の右隣にある「追加」をクリックする事でもう一つ追加されます。

種類

エッジを選択します。

カラー

→  縁取りをしたい色を設定します。がよくあるパターンです。

サイズの数字をここでは50にしました。

この数字が大きい程、縁取りがはっきりします。

ストローク(外側)の設定は、別に1つでも大丈夫です。

ただし、ストローク(外側)を2つ重ねて設定した方がなんだかしっくりきます。

タイトルに名前をつける

作ったタイトルに名前を付けて複製する事が出来ます。

タイトルウィンドウの上のこのアイコンをクリックします。

新規タイトルというダイアログが起動します。

起動したら名前を自分で分かり易いタイトルの名前をつけます。

ここでは「ピンクの標準テロップ」と名前を付けました。

テロップのフォントスタイルを使い回し出来る様に保存する

作成したテロップのフォントが気に行ったらそれをテンプレートにして保存しておくとよいです。

いちいちテロップのフォントを作り直すのは手間がかかります。

 

レガシースタイルタイトルの空白部分で右クリック > 新規スタイル

新規スタイルダイアログが起動するので分かり易い名前をつけます。

ここでは、ピンクのテロップと名前を付けました。

OKを押します。

レガシータイトルスタイルの中に自分で作成したフォント(スタイル)が表示されます。

よく使うフォントは4~5種類は作成しておくと便利です。

Adobe Premiere Proの専門書も色々と出ています。

極めたい方は、専門書で勉強するとよいでしょう。

※ps

Adobeの公式サイトは手抜きなのか、ノウハウツリーの様に図解を使った丁寧な解説が全くありませんでした。

全てテキストだけの説明で分かり辛かったです。。。

 

 

 

 

 

 


【Auslogics Disk Defrag】の基本的な使い方の解説


PCを長く使っていると重たくなる原因の断片化

PCを購入してから2~3年も経過すると何かにつけてPCの動作がいちいち重たくなります。原因としてはハードディスクが断片化して、ファイルを参照する度に離れた領域を参照する必要が出てくる為にPCががむしゃらに重たくなります。この断片化したデータを整理してアクセスをスムーズに出来るにする事をデフラグと言います。断片化の事をデフラグメンテーションともいいます。デフラグをする為のソフトとしておすすめなのは、Auslogics Disk Defragというソフトです。Windows上の特定のファイルをマウスで選択しただけでPCがフリーズする様になった人は、断片化が進行していてまずいです。すぐにでもデフラグを行う事をお勧めします。

Auslogics Disk Defragについて

海外製の無料のデフラグツールです。無料の割に結構使えるソフトです。このページではAuslogics Disk Defragの基本的でかつ重要な部分を中心にまとめていきます。

 

Auslogics Disk Defragをインストールする

まだ、インストールしていない人は窓の社からダウンロードできます。

http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/addefrag/
I-O DATA HDD ポータブルハードディスク 1TB USB3.0対応

窓の社にアクセスしたら、窓の社からダウンロードをクリックします。ダウンロードが始まります。

disk-defrag-setup.exe というファイルが現れます。

キックするとインストールが開始されます。

インストーラが起動すると

Disk Defragをインストールというダイアログが起動します。Auslogics Disk Defragは便利で優秀なフリーソフトなのですが、唯一の難点は余計なソフトBoostSpeedをこっそりインストールされてしまいます。そこでインストールを行う場合には

カスタムインストール(上級者向け)にチェックを入れます。

BoostSpeed をインストールし、PCを遅くする原因を発見し、修復しましょうのチェックを外します。

デスクトップにアイコンを作成 → チェック

インストール後にプログラムを起動 → チェック

にしたらインストールをクリックします。こうする事により余計なソフトがこっそりインストールされるのを防止する事が出来ます。

インストールが終了するとAuslogics Driver Updater を使用する

というダイアログ画面に切り替わります。

Auslogics Driver Updater をインストールして古くなったり不足しているドライバを検出するのチェックを外して、終了をクリックします。チェックが入ったままだとAuslogics Driver Updaterもインストールされてしまうので注意しましょう。

Auslogics Disk Defragはオーストラリアの会社が開発していますが、キングソフトの様にこっそり余計なソフトをインストールさせようとするところが嫌いです。

終了をクリックすると、最後にgive way clubというサイトが勝手に起動します。邪魔なので閉じてしまいましょう。英語で本当に閉じるのか?期限がありますよ~といったメッセージダイアログが出る場合もありますが、邪魔なので問答無用で閉じましょう。いちいちインストールしろ!アピールがウザイです。

デスクトップにショートカットが生成されているので起動します。起動したら▼をクリックしてその中から

デフラグ 最適化(遅い/週1回使用)

を選択します。これでハードディスクの分析が行われた後でデフラグが開始されます。デフラグ効果は抜群なのですが、かなり時間がかかります。寝る前などに走らせると良いでしょう。ただし、ハードディスクの容量が1TB(1000GB)程度もあれば、就寝中の8時間などでは終わらない事もあります。そんな場合には、何回かに分けてやると良いでしょう。1日目の夜間で終わらなかった場合には、翌朝一時停止し、2日目の夜に再開・・・といった具合です。

デフラグ(Y)クイックデフラグ(分析なし)(Z)のデフラグは時間はそんなにかかりませんが効果が微妙です。

一旦停止をクリックして、再開する場合には再開ボタンをクリックします。

Auslogics Disk Defragの画面の解説

①デフラグの進行状況が%(パーセント)で表示されます。

②ハードディスクの状況が色分けされて表示されますが、その色の説明です。

  • フリー
  • 断片化なし
  • MFT ※ Master File Table(マスターファイルテーブル)の略で NTFSファイルシステムの中核をなすデータ領域です。
  • 移動できません
  • 処理
  • 断片化
  • デフラグ

③デフラグ中のハードディスクの様子が色分けして表示されています。

④デフラグを開始してからの経過時間が表示されます。

 

デフラグは時間がかかるので後回しにしがちですが、定期的に行わないと、PCが重たくなるばかりかハードディスクの寿命が縮まってしまいます。週に1回程度の頻度でデフラグを行う事をおすすめします。

ファイルがどの領域に対応しているのか調べる

ファイル(C:)をクリックすると断片化したファイル一覧を確認する事が出来ます。一覧上のファイルパスをクリックすると、画面上部にフォーカスが自動であたり、どの領域に対応しているのかが分かります。

また、一般をクリックした状態で気になったマトリックス(マス目)をクリックするとその領域に対応しているファイルがどれなのか?を確認する事も出来ます。マニアックな人にしかはっきり言って役に立たない無駄な機能です。

Auslogics Disk Defragの総合評価

もし有料であったとしても金を出してでも買うであろう、なかなか優秀なソフトです。無料で使えるソフトの中では世界一ではないでしょうか。勝手に余計なソフトをインストールさせようとしなければパーフェクトです。

 


壁カレを手前に常に表示する方法


壁カレについて

壁カレというフリーソフト(無料でダウンロードして使えるソフト)があります。このソフトはもう10年以上前から出ているフリーソフトですがなかなか便利です。必要な時にアプリを起動すれば、日付を簡単に確認できます。似た様なフリーソフトも複数ありますが、この壁カレが良い点は、

  • カレンダーを複数月(3か月とか)表示する事ができる
  • 祝日・休日が色分けされている

この2つが一番良いポイントでしょう。後に後述しますが壁カレは便利なのですが、基本設定では他のウィンドウをアクティブにした時に後ろに潜り込んで隠れてしまいます。見る場合には、タスクバー上で再び壁カレアイコンをクリックして手前に表示する必要がありこれが結構面倒だなーと感じていました。常に手前に表示する設定方法が見つかったのでメモっておきます。

壁カレを手前に表示する方法

では、手前に表示する方法をメモっておきます。

タスクバー上に壁カレのアイコンがあるのでその上で右クリック > 設定(S)

「壁カレ 設定」というダイアログが起動したら

ウィンドウ設定 > 常に手前に表示

にチェックを入れ「完了(O)」をクリックします。設定自体は簡単なのですが、色々な機能がある半面、一番必要な機能がなかなか見つかり辛かったです。

PCをデュアルディスプレイにしているのであれば、この壁カレをモニター上の右上など(隅っこ)に常に手前に表示し続ける様に設定しておくと便利です。作業を邪魔する事もなく、必要な時に視点移動をするだけで簡単に日付確認をする事が出来、作業効率があがります。こんな事をだらだらかくとマニアと思われてしまいますかね。とりあえずまーこんな感じです。

壁カレのダウンロードURL

壁カレは「窓の社」というサイトからダウンロードする事が出来ます。フリーソフトなので無料でダウンロードする事が出来ます。

http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/kabecale/


Evernoteでローカルファイルの保存先を確認・変更するには?


Evernoteでローカルファイルの保存先を確認・変更するには?

Everenoteのローカルファイル(登録データなどを保存しているディレクトリ)の保存先を確認する方法をまとめです。

1.ツール(T)>オプション(O)

 

2.オプションダイアログが起動します。

(左メニュー)全般 > Evernote ローカルファイル

デフォルトでは、

C:Users\{user_name}\Evernote

になっています。「変更」をクリックします。

この時序に

ユーザインタフェース > 左サイドバーのテーマ:デフォルト(暗め) → 明るめ に変更しておいた方が見やすいので、直しておくと良いでしょう。2年位前のEvernoteはもともと「明るめ」がデフォルトだったのですが、デザインが改悪されてしまい、デフォルトが「暗め」になってしまいました。まぁ、こればかりは個人の好みなのでお好きにどうぞ。

 

フォルダーの参照

Evernoteファイルのフォルダを選択

というダイアログが起動します。選択し辛いですがこのダイアログから、変更後のEvernoteのローカルファイルの保存先を選択します。選択したらOKをクリックします。

以上がEverenoteでローカルファイルの保存先の確認・変更方法となります。容量の少ないボロイPCを使っていてローカルファイルの容量が足りない人など外付けハードディスクを装着し、保存先をそこにするとよいでしょう。

2017年現在Windows10を使っている人などは、OS自体が容量を結構食いますので、最低でも1TBはあった方が良いです。
東芝・パナソニック・Sonyなどのパソコンはブランド価格が本多価格に2~3万円乗っているのでお金の無駄です。

それならば、ぶっちゃけLenovoPCを買った方がお得です。中国製のPCが嫌いと言ってる人も多いと思いますが、この時代(2017年現在)PCの内部パーツはほぼ全て中国の工場で作られています。

東芝(私の経験上、明らかに故障率が高いです。)などのPCはOEMといって中国で作ったパソコンにブランド名のロゴがプリントアウトされているだけです。この辺りのリテラシーの低い人はお金を損しますの覚えておきましょう。


I-O DATA HDD ポータブルハードディスク 1TB USB3.0バスパワー対応 日本製 EC-PHU3W1

 

 


Skypeでユーザを追加する方法


Skype IDで検索

Skypeで友達やコンタクト相手を追加する方法を図解を交えて説明します。

スカイプにログインしたら、メニュー > 連絡先の追加 > Skypeディレクトリを検索… とクリックします。

skype-1

虫眼鏡マークのアイコンの右側に入力項目が表示されたら、そこにコンタクトを取りたい相手のIDを入力しEnterを押します。

skype-2

ここでは、IDにhogeと入力しました。続いてSkypeを検索をクリックします。

skype-4

するとIDに hoge の含まれる世界中のユーザ一覧が表示されます。コンタクトを取りたい相手が見つかったらクリックします。

skype-3

 

右側に

***さんは連絡先リストに追加されていません

連絡先リストに追加

と表示されるので、連絡先リストに追加をクリックします。するとメッセージ入力項目が表示されるので、メッセージを入力し送信ボタンを押します。

skype-5

これで相手にリクエストが届きます。相手が許可をするとSkype上でメッセージのやりとりをチャットでする事が出来るようになります。メールとは違って宛先のミスも無く、メッセージを間違えたとしても編集をする事が出来るので大変便利です。仕事の効率も上がる事間違い無しです。

また、ChatworkやLineとは違ってセキュリティもしっかりしているので、重要な話などはSkypeなどでする事をお勧めします。

Lineはメッセージ履歴が消えるともうデータは無いという体になっていますが、実際にはLineはデータベースに全履歴を保存しています。役所などから開示命令が出ると簡単にすべて出すそうです。


iPhoneの写真や画像をPCにてっとり早く取り込むには?


PCとiPhoneをケーブルでつなぎます。無線でも出来なくもないですが有線の方が結局のところ早く完了します。
Windowsマーク > エクスプローラー > PC >

デバイスとドライブの中に{iPhoneに付けた名前のアイコン}があるのでクリックします。

Internal Storage > DCIM > XXXAPPLE

XXXには数字が入っています。1ディレクトリに1,000枚ずつファイルが保存されているそうです。

ここの例では数字が一番大きい

105APPLEの中に直近で撮影した画像・動画が入っています。

DROPBOX-IPHON-1
次に、ディレクトリを開いて更新日時で降順ソート(並び替え)します。直近の写真・動画をPCに移動させる場合には、ソートすると簡単に移動対象のファイルにあたりをつける事が出来て便利です。あとは通常のPC操作と同じく対象ファイルを特定のディレクトリに移動させましょう。

DROPBOX-IPHON-2

 

 

iPhoneのDropBoxに1ファイル200~300MB程度のファイルをトータル50個づつアップロードしようと思ったのですが、途中でフリーズしました。この様な使い方はDropBoxでは想定しておらずバグが出た様です。何度やってもDropBoxではファイルサイズが大きいファイルが複数あるとフリーズしてしまうので、ここに纏めた手順で結局iPhoneからPCに移動させました。この現象はGoogle Driveでも起こりました。ファイル数やファイルサイズが1GBを超える場合には、ケーブルでつないで直接転送する事をお勧めします。


Evernoteにテキストファイルを添付するには?


Evernoteにテキストファイルをそのままドラッグすると、テキストファイルの中身が文字列として取り込まれてしまいます。Evernoteにテキストファイルをファイルとして添付する場合には

Shiftボタンを押しながらNoteにドラッグします。

Evernoteの豆知識です。覚えておきましょう。


Photoshopで画像へ影を入れるには?


影の付け方

 

1. 
影を入れたい画像を開く

2.
1.のレイヤーを複製する

3.
2.のレイヤーを塗りつぶします。(編集→塗りつぶし)
お好みで不透明度とカラー(影の色)を選択してください。
この時、透明部分の保持にチェックを入れることを忘れないでください。

4.
レイヤーの位置を入れ替えます。
1.のレイヤーの後ろへ3.の複製したレイヤーを移動させます。

5.  
3.の複製したレイヤーを選択し、影を変形させます。
(編集→変形→自由な形に)

6.
5.をぼかします。
(フィルター→ぼかし→ぼかし(ガウス))
値はお好みで調節してください。

7.  
6.にレイヤーマスクを追加します。

8.  
グラデーションツールで「黒、白」を選択し、
影の外側から根元にかけてドラックし、グラデーションをかけます。

これで影付けの完成です。


Photoshopで画像へ鏡面反射を入れるには?


鏡面反射

上記画像のようにPhotoshopで鏡面反射を入れる方法です。

1.  
鏡面反射させたい画像を開く

2.  
1.のレイヤーを複製する

3.  
2.の複製したレイヤーを反転させる
(編集→変形→垂直方向に反転)

4.  
3.反転させたレイヤーを希望の位置へ移動させる

5.  
4.のレイヤーへレイヤーマスクを追加

6.  
5.のレイヤーマスクを選択した状態で、
グラデーションツールの「黒、白」を選択。
グラデーションをかけたい箇所を指定
※始点は不透明度0% 終点は不透明度100%です。

これで鏡面反射加工の完成です。


Photoshopにgrdファイルを取り込む


 

Photoshopには初期設定に登録されているグラデーションもありますが、Web上に無料のグラデーションファイルが公開されています。
そのグラデーションファイルをダウンロードし、Photoshopに登録することができます。

 

【グラデーションファイルを読み込むには?】

①「編集」→「プリセットマネージャ」を選択
grd_3

②「グラデーション」→「読み込む」を選択し、インストールするファイルを選択する。
grd_4

これでファイルを読み込むことができます。

 

【インストールしたグラデーションを使用する】

①「グラデーションオーバーレイ」→「グラデーション」を選択する。

grd_1

②「▼」をくりっくすると、インストールしたグラデーションを確認・選択できます。

grd_2