「excel」カテゴリーアーカイブ

Excelで使える便利なショートカットのまとめ

Excelで使える便利なショートカットのまとめ

Excelで覚えておくと便利なショートカットの備忘録です。

ノウハウツリー管理人のメモ書きページです。

他にも便利なショートカットなどあればコメント欄で教えてください。順次ページにも反映していきます。

シートを追加する

Shift + F11

このショートカットを使えば作業中のブックに一瞬でシートを追加する事が便利です。

アクティブなシートを移動する

Control + Page Down ・・・アクティブなブックを右方向に移動します。

Control + Page Up ・・・アクティブなブックを左方向に移動します。

行を挿入する

ControlShift+ を同時に押します。

この時の+ですが、キーボードのテンキー部分にある+ではなく、アルファベット入力部分にあるキーボードの +;れ  を押します。

 

シート内のオブジェクト(図形など)を一度に選択する

3つの図形があります。この図形を一度に選択するには、

Control + G を押します。すると「ジャンプ」というウィンドウが起動します。

セル選択(S) … をクリックします。

選択オプションダイアログが起動します。

オブジェクト(B) にチェックを入れOKをクリックします。

この様に全ての図形を一度に選択状態にする事ができました。

選択した図形を整列する方法については、以下でまとめています。

EXCEL2010で図形を自動で整列するには?

 

HeidiSQLでテーブルの中の値を簡単に変更する方法

UI操作で簡単にテーブルデータの編集が出来る

heidisql-11

画面左から操作を行うテーブルを選択します。

ヘッダーメニューにあるデータをクリックします。

するとExcelの様な見た目でテーブル内のデータが一覧表示されます。この時にHieidSQL自体はバックグラウンドでSQL文を発行しています。

編集したいデータを見つけたらそのセルをクリックします。すると

」という小さいアイコンが現れるのでクリックします。

するとテキストエディターが起動するので、そこに更新したい値を入力し、チェックマークの適用ボタンを押します。するとテーブルに対してクエリが発行されデータ更新が一発で完了します。

この様にUI操作を行うとHeidiSQLを使うと裏側でSQL文が発行されているのですが、実行されたSQLも簡単に確認できます。

heidisql-12

ここでは、Update文が発行されている事が分かります。

SQL文をちまちま打つよりも断然効率が良いです。HeidiSQLは便利なDB開発のクライアントツールですが、SQLの整形機能がいまいちです。

SQLの整形については、CSEが優れています。フリーソフトなのでインストールしておいても良いでしょう。ただし、Windows10でCSEを実行しようとすると起動時にエラーメッセージが出てしまう場合があります。

Windows10でスタート画面に表示される無駄なアプリを削除する方法

Windows 10には無駄なアプリや宣伝ソフトがプリインストールされている

Windows10では、スタートボタンをクリックするとうするとゲームとエンターテイメントという邪魔なステマ宣伝がポップアップ表示されます。糞詰まらないソフトをインストールさせようとMicrosoftが事前に仕込んでいるソフトです。PCのメモリなど無駄に消費するので邪魔なソフトはサクサク削除してしまいましょう。

muda-1

こんな具合にWindowsアイコンをクリックすると邪魔なソフトだらけです。お掃除しちゃいましょう。

プリインストールされた邪魔なソフトの削除方法

muda-1

無駄な物を消しましょう。その手順をメモっておきます。

スタートメニュー(Windowsロゴをクリック) > 右側に色々と表示されます。

ゲームエンタテイメント

の中にXboxのゲームを購入させようとしているのか色々と入っているのが分かります。

続いて邪魔なソフトの上で右クリック アンインストールをクリックします。

Microsoft Office Home and Business 2016(最新)|オンラインコード版|Win対応

するとこのアプリとその関連情報がアンインストールされます。

というダイアログが表示されるのでアンインストールをクリックします。

muda-2

 

するとこんな具合に邪魔なアプリが消えました。ガシガシ消してやりましょう!Microsoftのビルゲイツはうなる程お金を持っています。そんな会社に私たちが無駄なソフトを購入して、お金をMicrosoftに稼がす必要はありませんからね^^b

ただでさへ私のもっているLenovoPCの数台が、Windows10へ強制アップグレードをさせられ、PCがダメになってしまいました。Windows10へのアップグレードをしなければこんな事にはならなかったハズです。そこで、その保証をして欲しいとマイクロソフトに電話しましたがそういった対応はしていないとMSのババァオペレータに言われました。声のトーンからブスばばぁだと思いました。

muda-3

 

なお、アプリによってはアンインストールするというプルダウンメニューが表示されない場合があります。そんな場合には、右クリック > スタート画面からピン留めを外すをクリックしましょう。

ここでは、OneNote(Evernoteのパクリアプリ)を消しました。

muda-4

逆に利用頻度の高いソフト(Microsoft Excele)などをスタート画面に表示する

Windows10は、標準では邪魔なソフトだらけですが、ExcelやWordなど日常でよく使うアプリはスタート画面に逆に登録しておくと便利です。デスクトップにショートカットを作ると、デスクトップが騒がしくなるのでピン留め機能を活用しましょう。

前の手順で纏めた通り邪魔なソフトを全て消し去ったのでメニューは綺麗です。では、これから実際によく使うソフトをタイル(Widnwso8からソフトのアイコンではなく、タイルという呼び方になってます。)に設定していきます。

beautiful-menu

Windwosアイコンをクリック > すべてのアプリ

yokutukau-1

色々なアプリ(ソフトウェア)がずらーっ♪と表示されるので右側のスライダーを上下させ、目的のアプリを探します。見つかったら、そのアプリの上で右クリック > スタート画面にピン留めするをクリックします。ここでは天気アプリを表示させてみます。

yokutukau-2

 

yokutukau-3

なお、天気アプリはWindows10に最初から入っているアプリの中で唯一便利なソフトです。これはピン留めしておくと便利です。初めて使う場合には、最寄りの住所を入力(検索)し、パーソナライズ(利用者環境への設定)が必要です。一度だけの設定なのでめんどくさがらずに設定しておくと良いでしょう。

Microsoft Office 365 Solo(1年版) 購入特典付き|オンラインコード版|Win/Mac/iPad対応

Excel2010で図形を自動で整列するには?

Office(ExcelやWordなど)で仕様書などを作成する場合に、図形を使う事が多いと思います。その際に

全ての図形を左揃えにする

上段を全て揃える

右端を全て揃える

・・・といった事をする機会があると思います。その様な操作もExcelの整列機能を使えば簡単に出来ます。

 

図形を一発で整列する方法

Shift ボタンを押しながら整列対象となる図形(オブジェクト)を複数選択します。メニュー >書式 > 配置 >

この中から左揃え、左右中央揃え、右揃え、上揃え・・・

をクリックします。たったこれだけで簡単に図形(オブジェクト)の整列が出来ます。便利なテクニックなので覚えておきましょう。

 

excel-object

 

 

 

Excelでシート・ブックのパスワードを解除するには?

ExcelDevToolを使えば簡単にパスワードを解除する事が出来ます。

シートのパスワード、ブックのパスワードも簡単に出来ます。

Vectorからダウンロードしました。

間違ったフォーマットで修正しようとしてもシートに保護が掛かっていて修正出来ないなどのトラブルをこのツールを使えば突破できます。

Excelでコメントの挿入(M)が右クリックメニューから消えた場合

Excelを使っていて突如としてExcelでコメントの挿入(M)が右クリックメニューから消えてしまいました。Excelがバグってしまったのか?と思っていましたがこれは結局はExcelシートが複数選択状態になっていることが原因でした。

 

シートを確認してみてください。複数シートが選択状態になっていませんか?

Excel2010でオートコレクトを無効にして©ではなく(C)を入力出来る様にする。

Excel2010を使っていると本当は(C)を入力したいのに、それを入力すると©に自動で置換されてしまいます。このおせっかいで迷惑な機能はオートコレクトと呼ばれています。邪魔なので機能を無効にしましょう。

 

Excel2010でのオートコレクトの解除方法

 

ファイル > オプション

 

excel_2010_1

 

Excel のオプションダイアログが起動 >文章校正 > オートコレクトのオプション(A)…

 

excel_2010_2

 

オートコレクトダイアログが起動 > オートコレクトタブ > 不要な項目のチェックを外す。

ここでは、

曜日の先頭文字を大文字にする[monday → Monday](N)

入力中に自動修正する(T)

これらのチェックを外し、OKボタンを押しました。

excel_2010_3

 

 

以上でオートコレクトの操作の無効化が完了します。

オートコレクトは余計な機能で使い辛いと感じたら無効にする事をおススメします。

ファイルに自動挿入されてしまう個人情報を削除するには?

Windows マシンで画像や各種ファイル(Excel/Word/PDF・・・)を作成するとOfficeインストール時の端末の情報(社名・名前)写真撮影者のデジカメに設定されている個人情報等が自動でファイルの属性情報として保存されてしまいます。

社内で使う際にはそれらの情報がファイルに含まれていても良いですが、外部に出す資料とかにそれらが入っているとセキュリティー的にも宜しくありません。

それらのファイルに自動で入ってしまう情報を削除する方法は以下の通りです。

ファイルの上で右クリック > プロパティ > 詳細タブを選択 > プロパティや個人情報を削除 > このファイルから次のプロパティを削除(R) > 

すべて選択(これを選択すると削除した項目を一度にチェック出来ます。) > OKボタンの押下

property

 

画像共有サイト等にファイルをアップロードする際には、この手順で事前に個人情報を削除しておきましょう。

そうしないとサイトから、画像をダウンロード(DL)した人に自分の名前等がばれてしまうリスクがあります。