「eclipse」カテゴリーアーカイブ

Eclipse 4.7 Oxygenで1つのソースファイルを左右に並べて表示する方法


Eclipse 4.7 Oxygenでは、エディタ画面分割方法が変わった

2017年7月23日時点で最新のEclipse 4.7 Oxygenで、1つのソースファイルを上下・左右に分割して表示する方法をご紹介します。

大規模なシステムになると必然的にどうしても1つのソースファイルの行数が大きくなって来てしまいます。

そんな場合には、エディタを分割表示する事で開発効率があがるので覚えておきましょう。

Eclipse 4.7 Oxygenで、エディタを左右・上下に分割して表示する方法

左右に並べて表示したいソースファイルを開きます。

開いたら、

メニュー > ウィンドウ(W)  >

エディター分割の切り替え(水平方向) Ctrl + \

エディター分割の切り替え(垂直方向) Ctrl + [

のどちらかを選択します。

Ctrl + \Ctrl + [ はショートカットコマンドです。

\」となっているのは、円マークのキーです。

WEBサイト上で円マークを表示する事が出来ない為、「\」と表示されてしまっています。

垂直方向にエディタを分割してみました。

同じスクリプトファイルがしっかり左右に並んで表示されています。

Eclipse 3.7 Indigoでエディタを分割する方法

昔のEclipse (3.7 Indigo など)の場合、ソースファイルを開いて、タブの上で

右クリック > 新規エディタ

とする事で可能です。

Eclipse 4.7 Oxygenのアクシジャンについて

oxygen ・・・[化]酸素

の意味です。

Eclipseはリリースするバージョンごとにコードネームが割り当ててられています。近年では割り当て可能な名前が尽きて来たのか元素記号が割り当てられる様になってきました。

3.7  2011/06/22  Indigo

4.2 2012/06/27 Juno

4.3 2013/06/26 Kepler

4.4 2014/06/25 Lunar

4.5 2015/06/24 Mars

4.6 2016/06/22 Neon

4.7 2017/06/28 Oxygen

 

こうして見てみると毎年6月頃にEclipseは最新バージョンがリリースされている様です。Eclipseの出始めの頃は色々とバグだらけで使い辛かったのですが、最近はかなり使いやすくなってきました。

昔のEclipseは英語が標準で、日本語化する為には、プラグインをどこぞの海外サイトからダウンロードして設定しなくちゃいけなかったりとかなり面倒でした。

最近は本当に便利ですね。

 

 


Eclipseでソースファイル内の文字列を一括置換する方法


ソースファイル内の一括置換を行う

Eclipseで開発をしていると、DBのテーブル名を誤って定義していた事に後から気付いて、テーブル名を修正した場合、ソースファイルも修正をしなくてはならなくなります。

ただ、チマチマと手動修正だと手間暇がかかるのでEclipseの一括置換機能を使うと便利です。

その手順を纏めておきます。

Control + F を押します。すると「検索/置換」ダイアログが表示されるので

検索(F):{置換対象の文字列}

次で置換(E):{置換後の文字列}

を指定したらすべて置換(A)をクリックします。これでソースファイル内から指定した条件で一括で文字列を置換する事が出来ます。便利な機能なのでマスターしておきましょう。

Eclipseで指定した範囲内で文字列の置換を行う

ソースファイル内の特定の関数・範囲の中のコードだけを一括置換対象としたい場合には、以下の手順で指定した範囲の中で一括置換を行う事が出来ます。

ここでは、選択した関数(function)の中での文字列置換を行います。

Control + F

を押して「検索/置換」ダイアログが起動させます。

検検索(F):{検索する文字列}

次で置換(E):{置換後の文字列}

そして、スコープの中にある「選択された行」にチェックを入れます。

そして「すべて置換(A)」をクリックすれば、指定した範囲内の文字列の一括置換が出来ます。

この置換関係は開発時に使う頻度も高い便利な機能なので必ず覚えておきましょう。

 

 

 


Eclipseでリモート接続中のプロジェクトのソースコードなどを一発でバックアップする方法


Eclipseのエクスポート機能を使えば簡単

Eclipseのエクスポート機能を使うと簡単にソースファイル群を圧縮してローカルにダウンロード保存する事が出来ます。

その手順を纏めておきます。

PHPエクスプローラーからバックアップを行いたいプロジェクトを選択します。

その上で右クリック > エクスポート(O)

eclipse-bk_1

 

エクスポート

選択

リソースをローカル・ファイル・システムのアーカイブ・ファイルにエクスポートします。

というダイアログが表示されます。

一般 > アーカイブファイルを選択 > 次へ(N)

eclipse-bk_2

宛先アーカイブ・ファイル(A) の右側にある参照(R)…を押して圧縮したファイルの保存先パスを指定します。圧縮ファイルの名前にバックアップした日付を含めておくとバックアップ日付が分かりやすくてお勧めです。

hoge_project_20161215

eclipse-bk_3

とまー、こんな感じで手軽にEclipseのエクスポート機能を使うとソースファイルのバックアップが出来ます。

ただし、サーバ上に複数のプロジェクトファイルなどがあり、それらをくっつけて一纏めにして保存をしたい場合には、TeraTermでサーバに接続し圧縮して保存をした上でWinSCPでダウンロードした方が効率が良いです。

TeraTermでファイル群を圧縮するコマンド

tar czvf {圧縮保存したファイルの名前} {圧縮保存したいディレクトリ}

例)

tar czvf new_hoge_file_name.tar.gz  hoge_file1 hoge_file2 hoge_file3

圧縮対象のディレクトリ・ファイルはスペース区切りで複数指定する事が出来ます。


EclipseでWEBサーバ上のソースコードを直接編集するには?


WEBサーバ上のソースファイルを直接Eclipseでいじる方法

EclipseのRSE(Remote System Explorer)を使ってサーバに接続します。リモートシステムエクスプローラーと読みます。

メニュー > ファイル > 新規 > その他

ウィザードを選択

リモート・システムへの新規接続を作成します

というダイアログが表示されるので、表示されたら

その中にある「リモート・システム・エクスプローラー」をクリックします。

するとそれが展開されて接続が表示されるのでクリックします。

eclipse-rse-1

 

次へ  > リモート・システム・タイプの選択ダイアログが起動します。

一般 > SSH のみ > 次へ

ホスト名:host_name

接続名:host_name

説明:host_name

こんな感じで入力して完了を押します。

次にリモートシステムエクスプローラーのパースペクティブを開きます。

メニュー > パースペクティブを開く > その他

eclipse-rse-2

リモートシステムエクスプローラー > OK

するとメニューにリモートシステムエクスプローラーのリンクが表示される様になります。左右にドラッグする事で幅を調節する事が出来ます。

Eclipseでは何かの操作を行う事に特化した作業ウィンドウをパースペクティブという呼び方をしています。

eclipse-rse-3

ソースコードが表示されたら右クリック > プロパティ(R)

eclipse-rse-4

 

eclipse-rse-5

デフォルトでは、UTF8になっていますが、ソースコードを開いた時に文字化けする場合には、MS932(SJISの様です。)を選択すると文字化けが改善される場合があります。それでも文字化けする場合、いろいろと試してみてましょう。

 

続いて、ソースコードの上で右クリック > アプリケーションから開く > PHP エディター を選択します。

その他をクリックしてその他のエディタを選択してもよいでしょう。

eclipse-rse-6

 

するとPHPエディタがEclipse上で起動するので、ソースコードを編集します。編集が完了したら Control + s  を押して上書き保存しましょう。

RSE(リモートシステムエクスプローラー)で接続し、ソースコードを編集して保存した場合、ダイレクトにWEBサーバ上のソースコードに対して上書き保存されます。

Windows 環境でソースコードを編集して、WinSCPなどでサーバにアップロードするといった面倒な事をする必要が無いので便利です。

EclipseでPHP開発を行う場合には、RSEの利用は必須と言えます。


Eclipseでリモートシステムエクスプローラーで接続する場合の注意事項


Eclipseでさくらインターネットで契約しているサーバにリモート接続をしようとしたところ、ユーザ名(ID)とパスワード(オプション)の組み合わせが間違っているとエラーになってしまいました。

eclipse-name

 

さくらインターネットでkomaneti.sakura.ne.jpという名前で契約をしている場合には、

ホスト名 → komaneti.sakura.ne.jp

ユーザID(名) → komaneti

パスワード → {設定したパスワード}

になります。今回私がうまく接続できなかった原因はユーザID(名)に komaneti.sakura.ne.jpと設定していた為です。正しく、komanetiと設定したところエラーは解消されました。

 

リモートシステムエクスプローラーはeclipseにおいて代表的な便利な機能の一つです。10年位前のPHPでの開発では、ローカル環境を構築してPHPが正常に動く様になって初めてWEBサーバに転送していましたが、これは二度手間です。

 

展開先のサーバに直結してPHPコードを直接書いてしまった方がスマートです。ローカル(Widows)とサーバとの環境が違う以上、展開先のサーバで開発をしてしまった方が本番リリースした後になって環境差異によるトラブルを未然に防ぐことが出来るからです。まだリモートシステムエクスプローラーを使ったことが無いという人はこの機会に使ってみてはいかがでしょうか。

 


EclipseとDropBoxを連動させると便利です。


Eclipseのリモートシステムエクスプローラーを使ってWEBサーバに直繋ぎして開発をすると、ローカルにPHPの開発環境を作る必要が無くて便利です。また、設定も端末が違っていてもそのままの使い勝手で使う事が出来て効率が良いです。

DropBox上にEclipseを丸ごとコピーして配置しておくと便利です。もっともExlipse自体が1GB程度の容量があって同期に時間がかかるので、夜間寝る直前などにコピーをしておくとよいでしょう。DropBoxにEclipseを丸ごと配置しておくと一度設定したリモートシステム情報も記録されており一から設定をする手間も省けてオススメです。

 

 


WinSCPでサーバ上のファイルを編集する


WinSCPはローカルのファイルをサーバにアップロードしたり、ダウンロードしたりといった事以外にもWEBサーバ上のファイルを編集する事が出来ます。毎度、Eclipseを起動してリモートシステムエクスプローラーで編集する必要はありません。

そのやり方も実に簡単です。WinSCPでWEBサーバに接続します。そして右クリック > 編集 >(or 次で編集 > 利用したいエディタを選択)をするだけです。


Eclipseでプロジェクトの文字コードと改行コードを統一するには?


EclipseでRSE(Remote System Explorer)を使う場合にプロジェクト単位で文字コード、改行コードを統一した場合があります。その場合の手順をまとめます。

対象のRSEプロジェクトの上で右クリック > リソース > 

 

テキスト・ファイルのエンコード(T)より

その他(O): UTF-8

 

新規テキスト・ファイルの区切り文字(F)から

その他(H):(Unix)

 

 

eclipse-char-code

 

 

 


Eclipse上でTeraTermの様にコマンド発行をする方法


Eclipseでソースコードを修正し、Eclipse上でTeraTermの様にコマンド発行をする事が実は出来ます。結構便利な方法なので覚えておきましょう。

1.

リモート・システム・エクスプローラーを開きます。

 

2.

対象のディレクトリの上で右クリック > ターミナルの起動(L)

eclipse-1

 

 

3.

ターミナルのタブがEclipse上で開きます。

あとは、Linuxコマンドを発行する事でTeraTermで行う様なコマンド発行を自由にする事が出来る様になります。

eclipse-2


画像を表示させる方法


PHP内での画像を表示させる方法を紹介します。

まずはじめに、eclipseに画像を入れます。
わかりやすいように、デスクトップ上にウェブに反映したい画像を貼りつけておきます。
この画像の上で右クリックし「コピー」を選択します。

次にeclipseを開き、画像を移します。
まずは開発環境のwwwの「img」を選択します。
汎用性の高い、よく使う画像であればimgの中に「common」という名前のフォルダを作ると、画像の整理もでき、良いかと思います。
フォルダを選択した状態で右クリックし「貼り付け」をクリックします。
そうすると、フォルダの中に画像が貼りつけられるので、eclipseへの画像の反映は完了です。

次はこの画像をウェブに反映させるための作業です。
表示させたいページに下記のようにPHP内に書き出します。

print(“<img src=¥”/フォルダ名/画像名¥”>”);

※¥は半角の円マークにしてください。
※フォルダ名は一つ中に入るごとに半角スラッシュで区切ります。

このような式を書き保存したあとにウェブを見ると、画像が反映されていることがわかると思います。

また、altを使うと画像がなんらかの形で潰れて見れなくなってしまった際に、画像の説明文を表示させることができます。

print(“<img src=¥”/フォルダ名/画像名¥” alt=¥”サイトのロゴ¥”>”);

※¥は半角の円マークにしてください。
※フォルダ名は一つ中に入るごとに半角スラッシュで区切ります。

こうすることで「サイトのロゴ」という説明文付きの画像をアップすることができます。