警察官などの手信号


手信号

腕を水平に上げている場合

警察官の正面に並行する交通は、青信号と同じ。

対面する交通は、赤信号と同じ。

腕を垂直に上げている場合

警察官の正面に並行する交通は、黄色信号と同じ。

対面する交通は、赤信号と同じ。

 

灯火による手信号

灯火を横に振っているとき

警察官の正面に並行(灯火が振られている方向に進行)する交通は、青信号と同じ。対面する交通(振られている灯火と交差する方向)は、赤信号と同じ。

灯火を頭上に上げているとき

警察官の正面に並行(灯火が振られていた方向に進行)する交通は、黄色信号と同じ。対面する(振られていた灯火と交差する方向の)交通は、赤信号と同じ。

 

手信号をしている場合の停止位置

交差点以外で、横断歩道・自転車横断帯・踏切などもないところでは、警察官や交通巡視員の1m手前が停止位置。そのほかの場所では、信号機の場合と同じ。

信号機と手信号が異なるときは

信号機と手信号が異なるときは警察官や交通巡視員の手信号・灯火にしたがう。

 

注意事項

信号はいつでも正面の信号に従う事。交差する側の信号が赤になっても、正面の信号はまだ青になっていない場合があるので要注意。

 

カンパをお願いしますm(_)m

ノウハウツリーでは、編集部が自腹で取材を行っています。

もし、この記事がお役に立ちましたら、少しでも結構ですのでビットコインでカンパを頂けると励みになります!

1LaSkgFHxX59FZYidYBpHa9GL8pHmzfSiR

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA