Thunderbird(サンダーバード)でメールに添付されたファイルを開くアプリを設定する


Windows 10標準のメールソフトが糞使えないので、無料で使えるメーラーとしてThunderbirdを使っています。

MSの作った糞ソフトとは違って、無料なのにかなり良く出来ています。

今回はThunderbirdでメールに添付されたファイルを開くプログラムを設定する方法をご紹介します。

Windows10上で、ファイルタイプごとの紐付けを行ったとしても、それはThunderbirdには反映されないので注意しましょう。

Thunderbirdで添付ファイルを開くアプリを設定する手順

メニュー >ツール > オプション

オプションダイアログが起動します。

添付ファイルタブを選択します。

ファイルの種類より設定したいファイルの種類を選択します。

ここでは、PDFファイルをAdobe Acrobat Reader DC で開く様に設定しています。

Adobe Acrobat Documentを選択し右側から Adobe Acrobat Reader DCを選択しOKボタンを押します。

こうすることによってThunderbirdで受信したメールにPDFファイルが添付されている場合、Adobe Acrobat Rader DCで開かれる様になります。

Windows 10 になってからマイクロソフトは、Microsoft Edgeという2流ブラウザで何でも開かせようとします。

Adobe PDFファイルも標準では、Microsoft Edgeで開かれてしまうので、この際にWindowsのファイルの関連付けも修正しておくとよいです。

 

 

■他の人はこちらも見ています。■


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA