Eclipse Platform Version: Oxygen.2(4.7.2)で設定のインポートとエクスポートをする方法


Eclipseの設定を他の端末にもコピーしたい場合があります。

いちいち設定をするのは面倒ですからね。

本来であればElipseのフォルダごとコピーして、別端末にコピーできれば良いのですが、Eclipseはディレクトリ階層が深く、またファイル名も長い為にWindows環境ではエラーになります。

A端末のEclipseの設定をB端末(新環境)にも簡単に設定する方法をまとめておきます。

手順としては、

A端末でEclipse設定ファイルをエクスポート

B端末でエクスポートしたEclipse設定ファイルをインポート

とたったこれだけでOKです。


Eclipse設定をエクスポートする方法

ファイル > エクスポート > 一般 > 設定 を選択し 次へ(N) >

すべてエクスポート(A)にチェックが入っている事を確認し

宛先設定ファイル(P):

の「参照(R)…」をクリックしてeclipseの設定ファイルのエクスポート先を指定します。

例)
eclipse_setting_20180303.epf

eclipseの設定ファイルの拡張子は、*epfです。

完了(F)をクリックすると設定ファイルが指定パスに保存されます。

Eclipse設定をインポートする方法

ファイル > インポート > 一般 > 設定 >次へ(N)

設定のインポート
ローカル・ファイル・システムから設定をインポートします。

というダイアログが起動するので

ソース設定ファイル(P):

の「参照(R)」をクリックして、エクスポートした時のeclipseの***.epfファイルを選択し

完了(F)をクリックする。

■他の人はこちらも見ています。■


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA