カナダのカルガリーのダウンタウン(チャイナタウン)に行ってみた!


こんにちは、ノウハウツリー管理人です。

カナダ(Canada)のカルガリー(Calgary)に行ってみた!

今日は、カルガリーの中心部のダウンタウンに行って来ました。

カルガリーのダウンタウンとは?

大型のフィスビルや銀行が立ち並んでいる中心部になります。

カルガリータワーの周囲には色々なレストランやBarがあるので食べる物にも困りません。

カルガリーの物価は日本より少し高い程度です。

因みに30年位前には、日本人が外国に行くと物価が安いと思っていたのは懐かしいですね。

ここ30年の間に日本は政官癒着のダメ政治家が日本の経済力をとことこん破壊してきたせいで、円の価値が欧米諸国と比べるとかなり弱体化してきています。

それはさておきてダウンタウンをご紹介します。

Downtown Core(ダウンタウンの中心部)

Stephen Avenue SW

AND

Centre Street S

という記載がありますね。

カルガリーの街中にはこの様な大きなレンガ造りのマップが立っています。

それを見れば現在の位置と主要な建物の位置関係が分かります。

もっともGoogleマップを見た方が分かり易いわけですがw

ダウンタウンで一際大きく綺麗なビルがあります。

こちらは、The Bowというビジネスセンターです。

ダウンタウンのシンボル的なビルになっています。

住所:500 Centre St S, Calgary, AB T2G 0E3

高さ:236メートル

地上高: 236 m

階数: 57

着工: 2007年6月13日

建設: 2012年

5年前に建てられたばかりでかなり綺麗です。

テナント料とかかなり高そうですね。

そしてこのThe Bowの目の前にでかい顔のオブジェがあります。

カルガリーの新観光スポットとも言えるでしょう。

この白いモニュメントは、スペインのバルセロナで活動中のJaume Plensaという芸術家によって2013年に設置されました。

高さはなんと12メートルもあります。

骨組みは白いワイヤーだけで出来ています。

カルガリーは風が強いのですが、ワイヤー構造になっているので風力をあまり受けなさそうです。

因みにこの頭のモニュメントは、小学生位の女の子の顔面をイメージしているそうです。

こんな感じでThe Bowの前にある顔のオブジェの中に入る事が出来ます。結構どでかいですよー。

The Bow自体はオフィスビルになっていて↑こんな具合に中に入る人は観光客位な訳です。

旅の恥はかき捨てという言葉もありますので記念撮影をしてみました。

カルガリーのダウンタウンは中心部と家ども人はそれ程密集していません。

一見すると田舎の様です。

因みに写真が明るくないのは夕方にダウンタウンを散歩しながら撮影したからです。

ダウンタウンの中にあるチャーニーズタウン

日本人にとって欧米人の好む食事(ハンバーガーやピザなど)は体質的に受け付けない人も多いと思います。

そんな人におすすめなのは、ダウンタウンの中にチャイニーズタウンがあります。

その中には、中国料理・日本(もどき)の料理店が入っているのでそこで食べるとよいでしょう。

料理の事を「日式」という表記を一般的にする事が多いです。

カルガリーのチャイナタウン(calgary china town)は↑のエリアです。

チャイナタウンの裏手には、韓国人が集まるエリアがあります。

黄色看板はDragon City Mallです。

中国人が色々なお店を出しています。

ざっと見た限りでも、ヘアカット・マッサージ・お土産・パン屋・日式料理・海鮮レストラン・・・

アメリカのロサンゼルスには、little tokyoと呼ばれる日本人が多く集まるコミュニティがあるのですが、カルガリーにはありません。

寧ろcalgaryには日本人はほとんどいないと言っても過言ではありません。

カルガリータワーで先日、可愛く無い日本人女性3人がしゃべってるのを発見しました。

まぁ、本当に日本人に遭遇する確率が少ないです。

東京育ちの私からすると本当に退屈な街です。

空気が綺麗で気候が安定している為、片頭痛にならないのが唯一のメリットです。

気候が安定しているのでカルガリー生活では体調が本当に良いです。

片頭痛の人はカルガリーで生活するとよいかもしれません。

DYNASTY DRIVING SCHOOL
王朝(王家) ドライビング スクール

ドラゴンシティーモールの中にはなんとドライビングスクールも入っていました。

免許を持っていない人は、ここで申し込みをして免許証を手に入れる事が出来ます。

今回の渡航では、日本で国際免許証の更新を忘れていた為にレンタカーが借りられませんでした。

海外に行く際には、国際免許証の更新は忘れない様にしましょう。

そしてなんだか訳の分からない変なお店も入っていました。

Amin Samosa Cheap Smokes and
Hot Drinks French Vanilla
Shesha. Hukkaha Chocolate Bar Cold Drinks
Coffee Hot Chocolate

シーシャ(水たばこ)、ホットドリンク、コールドドリンク

ドラクエで言うところのよろず屋みたいな感じですね。

ドラゴンシティモールの中はこんな感じです。

土日・祝日はこんな感じでガラガラです。

逆に月~金はそれなりに込んでいます。

ダウンタウンのオフィス街で働いている人達が週末には、郊外の家に帰る為、人通りが少なくなるんだそうです。

1階のフロアに移動してみましたが、案の定ガラガラでした。

土日はやっぱり人が少ないですね。

人が少なかったお陰でスムーズにdragon city mallを移動する事が出来てよかったです。

Dragon City Mallには日式料理がある

Dragon City Mallの1階には「日式レストラン」があります。

因みに女性の店員さんは、中国人と韓国人でした。

頼んだのはカツカレー忍者という名前の寿司ですw

忍者寿司は、最初口に入れた時は???

でしたが、何が具材で使われているのかは今いちよくわかりませんがそこそこ美味しかったです。

 

そして、問題はこのカツカレー

はっきりいってあまり美味しくありませんでした。

カツは良い感じなのですがルーがどうも日本人の口には合わないテイストでした。

中国人が好みそうなルーの味です。

そして〆はASAHI ビールです。

まぁ、日本で飲む味とほぼ同じでした。

どちらかというとチンタオゴールドの方が好きかな。

お会計は全部で4,000円程度だったと思います。

カナダ(Calgary)は日本より物価が高いので仕方がないですね。

日本だったらおそらく2,500円程度で収まると思います。

序に

Government of Canada
Harry Hays Building
Canada

もダウンタウンにあるので散歩がてら立ち寄ってみました。

ご覧の様に数日前に雪が降ったのですが溶けずにずっと残っています。

カルガリーはカナダの中でも寒い都市です。

観光に来る場合は、しっかり防寒着やホッカイロを携帯する事をおすすめします。

■他の人はこちらも見ています。■


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA