【仮想通貨】siacoin(シアコイン)のマイニング方法


Bitcoinは中国などの大規模なマイニング工場が幅を利かせていてまず個人マイナーでは勝ち目がありません。

というより、日本でビットコインのマイニングをしても電気代でほぼ100%赤字になります。

Asic(エーシック)という専用マイニングハードを使ったとしても日本では赤字です。

という訳でビットコインを掘ってもしょうがないので今回はsiacoinという仮想通貨のマイニング方法をメモっておきます。

勿論日本でマイニングする以上、siacoin(シアコイン)の価値が上昇しない限りはこちらも赤字かプラマイ0です。

siacoin(シアコイン)とは?

siacoinというのは、簡単に説明すると一般ユーザの使用していないPCの空き容量を貸し出すことによって、貸し出した人にその対価として報酬(お金)が入るという事を実現する為の仕組みです。

その仕組みを裏側でシステム的に支える作業がマイニングとなります。siaコインについて、もっと詳しく知りたい方はぐぐってみてください。

【仮想通貨】siacoin(シアコイン)のマイニング方法

siacoinのマイニング方法をメモしていきます。
マイナーの間では常識ですがマイニングをするにはGPUが必要不可欠です。

CPUでのマイニングでは電気代で99%赤字になります。

まだ、GPUを持っていない人におすすめなGPU(グラフィックカード)を貼っておきます。

 

これらのGPUは、マイニングする上で必須です。電気代以上に仮想通貨で発掘できなければ採算が合いません。GPUは確かに高いですが投資の金額に応じて回収までの期間が短縮されます。

siacoinのウォレット(財布)を作成する

まず、siacoinの公式サイトにアクセスします。

http://sia.tech/apps/

 

すると
Sia-UI FOR USERS

という画面が開きます。

Windows-64-bit   download v1.3.0 

をクリックしモジュールをダウンロードします。

Sia-UI-v1.3.0-win32-x64.zip

がダウンロードされたら解凍します。

Sia-UI.exeをキックします。

Create a new wallete をクリックします。

新しく財布を作るという意味です。

SeedとPasswordが表示されます。

無くさない様にしっかり保存しておきます。

保存したら

I have written these down in a safe place をクリックします。

Please confirm your passowrd and seed to continue

というダイアログが起動します。

前の画面で控えた seed と password を入力し confirmをクリックします。

Wallet Locked

Enter your wallet password to unlock the wallet.

という画面が表示されます。もう一度パスワードを入力して

Unlockをクリックします。

Scanning the block chain…

というメッセージが表示されます。

siacoinウォレットの右上には、Synchronizing ***%という表示されています。

これは、siacoinのブロックチェーンのダウンロード処理です。

同期処理が始まります。バックグラウンドで処理が走っていますがPCの性能がある程度高くないとPCがもっさりと重たくなります。

画面左のメニューにある

Wallet をクリックして

Receive Siacoin をクリックします。

すると

You can receive Siacoins using the following address:

****************

とsiacoinのアドレスが表示されます。

これがsiacoinを受け取る際のアドレスになります。

なおアドレスはクリックする度に毎回変わります。

ここまででウオレットの作成が完了です。

マイニングツールの設定

マイニング用のプログラムを以下からダウンロードします。

 

http://cryptomining-blog.com/wp-content/download/siacoin-gominer-windows.zip

ダウンロードが完了すると
siacoin-gominer-windows.zip

というファイルが出現します。

解凍をします。

gominer.exe

README.txt

Siacoin-Nanopool.bat

Siacoin-Siamining.bat

の4つのファイルがあります。

Siacoin-Nanopool.bat

をサクラエディタなどで開きます。

gominer.exe -I 25 -H sia-asia1.nanopool.org:9980 -Q “address={my_wallete_address}&worker={my_worker_name}

ウォレットアドレスとワーカー名を定義して保存します。

オプションとして指定する-Iというのはマイニング時のパワーの指定になります。

PCがもっさりと重たいと感じた場合には、数字を減らすなどして快適なマシン速度に調整しましょう。

gominer以外にも複数のマイニングソフトが出ていますが、gominerがsiacoinのマイニングにおいては一番簡単でしょう。

書き換えたらSiacoin-Nanopool.batをキックします。

DOSプロンプトが開始されてマイニングがスタートします。

拡張子が*.batになっているファイルはバッチファイルと呼ばれています。

バッチファイル名は、自分で分かり易く自由に書き換えてOKです。

発掘手数料は2%と少々高めです。

発掘状況を確認するには

https://sia.nanopool.org/

にアクセスして右上の Address に自分のウオレットのアドレスを入力してSearchをクリックします。

Current Calculated Hashrate  というのは計算速度です。

Average Hashrate for last 6 hours

というのは直近6時間における計算速度(ハッシュ値)の平均です。

試しに実行してみたところざっくり

2,580 Mh/s

の速度が出ています。

1000CAごとに所定のアドレスにnanoppolから送金されます。

初心者でも簡単に使えるマイニングツールとしてはnicehashがありますが、nicehashは結構バグってマイニングが停止する事があります。CUIで動くgominerの方が安定稼働という面では良いかもしれません。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

日本では自作マイニングよりもクラウドマイニングの方が圧倒的に良い

日本は電気代が非常に高いです。はっきりいってマイニングは赤字になります。

マイニング用に本格的なリグを組もうと思うと1リグ(8GPU)で50~60万円はかかります。初期投資だけではなく、日々の電気代、ハードのメンテナンス、熱対策、防火対策などを考えるとはっきり言ってクラウドマイニングを行った方が良いです。

今回は、siaコインのマイニング方法について説明しましたが、はっきりいって電気代が高くて赤字になります。

そこでおすすめなのは、ジェネシスマイニング(Genesis Mining)というクラウドマイニングサービスです。

日本では最近GMIやDMMがマイニングサービスを開始するという報道を行いましたが、世界レベルで見るとジェネシスマイニングの方が圧倒的なシェアを占めています。GMOやDMMなどの二番煎じの会社ではとても勝ち目はありません。彼らはジェネシスマイニングの真似事を始めようとしているだけです。

日本でも徐々に知名度が高まっているのがジェネシスマイニングというクラウドマイニングサービスです。

ジェネシスマイニング(クラウドサービス)の公式サイトはこちらです。

 

■他の人はこちらも見ています。■


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA