62.人類史上・最強・最高機能の自転車 5選


みなさん、こんにちは!ノウハウツリー管理人です!!

突然ですが皆さんは自転車はお好きですか? もしそうであるならば、青空の下、心地よい風を受けて一日中乗り回すのに最適な自転車とは、どのようなものでしょうか。今日は普通とは違った、とても興味深い自転車について、お話したいと思います。もし興味をお持ちになれば、ペダルを回し、出発するときが来たということです^^b

バウ・バイク

バウ・バイクは、ヤン・グンレーベクと、ピエート・ブランジーの二人によって開発されました。この自転車は、フランスのジュラ県の、森林生態系から取られた樫の木から作られています。この自転車に試乗した人はみな、感激した様子を見せました。強度向上の仕組みの重要なポイントは、ステンレス鋼によって強化されていることです。

ギアボックスは二段変速で、タイヤチューブはシュワベル製です。また、コースターブレーキだけでなく、ハンドブレーキも備えています。この自転車は、テュフ・ラインランドの強度と、信頼性のテストさえ合格しました。電動タイプには、前輪に225kWのエンジンがギアと一緒に備え付けられており、これは約50kmの走行距離から、最大で時速24kmまで出すことが可能です。3時間で80%まで、6時間で完全にバッテリーを充電することができます。製品の重さは20kgで、ホイールだけでなく、フレームのカスタマイズも可能です。自転車のタイヤは26と、28インチを取り付けることが可能です。

ボンド・バイク

職場に戦車で通うのは、少々、実用的ではありませんね。第一に、交通違反の罰金は、財布へ常に出費を強いるでしょう。第二に、戦車にはあまりにも多くのガソリン代がかかります。なにか、より経済的なものが必要です。たとえば、ボンドバイクはいかがでしょう。これは、火炎放射器を装備した自転車で、後輪はキャタビラ走行になっています。前輪には一対のスキー板が備えられており、サドルはカタパルトによって射出される仕組みになっています。このような自転車に乗れば、非常に危険な地域に行っても、安全面を心配する必要はありません。なんせ、どんなときでも自転車の火炎放射器を使って、ならず者たちの襲撃を撃退することができますし、もし、それが失敗したとしても、カタパルトで脱出することができるのですから。もちろん、このような自転車では早い速度を出すことはできませんが、そのようなことは全く重要ではありません。

パリラ・カーボン


ゼノ・パナラビと、アレッサンドロ・タルタリンの二人が開発したパリラカーボンは、オートバイからインスピレーションを受けた、電動オフロード自転車です。イギリスの自転車メーカーの、ケーターハムから独立してから、パリラは独自の道を進んできました。パリラが作り出したのは、美しく、かつ大型で重量感のある自転車です。この自転車は、わざわざペダルを斜面に向かって漕ごうと思わせないようなものです。しかし、言うまでもなく、この製品は思わず顔を向けたくなるほど素晴らしいものです。この自転車の前方には、規定外の400ミリ水圧式ディスクブレーキ、ハブはシマノ・NEXUS製の八段階変則が装備されており、大型のタイヤは26×4.8インチのものになっています。

また、バッテリーの状態や速度、走行距離などの情報を見るためのディスプレイも備え付けられています。さらに、前方と後方にはヘッドライト、リムには防錆加工されたスポークが使われており、サドルはパリラスポーツのものになっています。エンジンはリチウムイオンバッテリーを使用しています。このバッテリーは充電に6~8時間必要です。電動自転車は、効果的に機能することができますが、問題なのは約30kgもする、このミニバイクのペダルを漕がなくてはならないことです。なので、言うまでもなく、チョークや出力を増やすことについてのアイディアは重要なのです。

このパリラカーボンこそが、平坦でない道や開けた場所、たとえばアフリカやアラスカ、オーストラリアの僻地、アイスランド、南アメリカなどの遠く離れたそれらの地域での走行の問題を克服することができると、設計者が考えています。しかし、このオートバイクの走行範囲が80kmであることから、運転手はそれらの地域へ自転車に乗って行こうとはしないでしょう。自転車はなにかに積んで、より伝統的な自動車やトラックを使わなければなりません。しかし、パリラカーボンならば、狭い道や、大概の交通手段では辿り着くようなできない場所でも、実際に乗って行くことができるのです。

ルング

ルング社は、独自の三輪自転車を提供しており、これは砂浜や雪、ぬかるみ、そのほかの起伏に富んだ道での走行を想定した製品です。この自転車の特徴は、ほかにはない、その構造にあります。後輪は一つですが、前輪は二つあります。タイヤの幅は広く、スタッドレス仕様になっています。これら全ての要素は、たとえリカンベントのような自転車と比べさえしても、より高い走行効率の実現が可能だと、開発者は主張しています。ルングは、自社のバイクが貢献するのは、なによりもエクストリームスポーツをこよなく愛しているファンの方たちだと考えています。この三輪自転車の特殊な構造は、二つの前輪を同調させながら、好きな方向へ車体を曲げることを可能にしました。また、段差も含めた多種多様な障害物を難なく乗り越えることができます。自転車には、様々な付属品、特にモーター類一式や、電動走行のための充電バッテリーなどを取り付けるためのアタッチポイントが取り付けられています。

ユニカブ

ユニカブを自転車と呼ぶことはできますが、多くの言葉で補う必要があります。ユニカブはコンパクトなサイズで、楽に座ることができ、全方位へ自由自在な動きが可能です。ASIMOの開発を通じて蓄積された知識は、技術者たちが3xの本格的な実現へ近づくことを可能にしました。ユニカブは、2009年に公開された3xの次の世代の自転車で、自社の技術である、世界初の全方向移動型車輪と、バランス制御のシステムが応用されています。ユニカブの基本的なコンセプトとなっているのは、前後に移動することを可能にしている車輪であり、その車輪のリムの外側と、その軸に対して垂直の方向に配置されている車輪の構造です。

つまり、車輪はそれ自体が前後に移動することができ、また左右にも動くことができる機能を併せ持っているのです。速度や進行方向は、使用者が自身の重心を移動したい方向へ移すことで変えることができます。ユニカブが垂直の状態のときは、ASIMOと同じ原理で機能する安定装置が作動しています。では、一体どういった目的で、このような自転車が必要とされているのでしょうか。ホンダの担当者らが目指しているのは、ユニカブがただの路上での娯楽だけではなく、オフィスで働く人や、身体障がい者のための移動手段になるということです。技術者たちによると、この小さなユニカブの重量は10kgを超えることはなく、時速6kmまで速度を出すことができます。ユニカブに使用するリチウムイオンバッテリーは220、あるいは120Vのコンセントから充電することができます。なので、たったの90分待てば、それに乗って一時間中、乗り回すことができるのです。

本日はこれで終わりにします。疑いようもなく、自転車とは最もエコで、健康的な乗り物でしょう。紹介した自転車の中に、目に留まるようなモデルはありましたか?私にとって重要なもの、それは、皆さんの安全です。それでは、みなさん、またの機会にお会いしましょう。さようなら!

■他の人はこちらも見ています。■


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA