55.日本で発生した未解決の怪事件 厳選13


こんにちは。ノウハウツリーの管理人です。日本の警察は優秀であり、治安も非常に良い私たちの住むこの日本ですが、未だに解決されない怪事件がいくつか存在します。今回はそんな日本で起きた未解決・怪事件を13件ご紹介していこうと思います。

グリコ・森永事件

1984年3月、江崎グリコ社長が誘拐され、身代金を要求される事件が起こりました。その後、犯人は江崎グリコに対して放火や脅迫を行い、森永製菓や不二家などの食品メーカーを次々と標的にしていきました。現金の引き渡し場所は頻繁に変更されましたが、犯人は一度も姿を現しませんでした。犯人をと思われる”キツネ目”の男が何度も目撃されているものの、結局捕まることはなく、正体はわからないままです。2000年に東京・愛知の青酸入り菓子ばら撒き事件が時効を迎え、全ての事件で公訴時効が成立し、未解決事件となっています。脅迫された企業の株価が乱高下したことで犯人は利益を得ていた、あるいは株価を操作することが目的だったともいわれています。

八王子・スーパー殺人事件


1995年7月30日、八王子市大和田町のスーパー・ナンペイ大和田店の2階事務所で女性従業員3人が何者かに射殺されました。犯行時間はわずか数分で、犯人は何も取らずに逃走しています。犯人が金庫に触った形跡はなく、貴重品に手をつけた様子もないことから、金銭目的の犯行ではないともいわれています。

世田谷一家殺害事件


2000年12月30日午後11時頃から翌31日の未明、東京都世田谷区の会社員宅で一家4人が何者かに殺害されました。20世紀最後の日に起きたこの事件は、犯人の血痕や指紋など多くの手がかりを残しながら解決に至っていません。子供をメッタ刺しにする残虐性や、現場に長時間留まってアイスクリームを食べるなどの犯人の異常な行動が注目されました。

売春島の女性編集者失踪事件


1998年11月24日、三重県磯市内で女性編集者の辻出紀子さんが失踪しました。辻出さんは渡鹿野島の人身売買を調査中で失踪する意志がないことから、警察は彼女が何らかの事件に巻き込まれたとみています。渡鹿野島は真珠と牡蠣で知られる的矢湾にある7kmの小さな島です。江戸時代この島の女性は「把針兼(はしりがね)」と呼ばれ、男性客に体を売っていました。現在でも売春が行われているという噂が絶えない場所です。辻出さんのご両親や友人が情報提供を呼びかけていますが、いまだに何の手がかりも見つかっていません。

朝霞市女子中学生失踪事件

2014年3月、埼玉県朝霞市に住む13歳の女子中学生が行方不明になりました。自宅前で若い男と話している姿を近隣住民に目撃されたのが最後でした。母親が帰宅するとポストに娘とよく似た字で「さがさないでください」と書かれたメモが入っていたそうです。2年後、JR東中野駅近くの公衆電話から女子中学生本人からの通報があり、警察に無事保護されました。一緒にいた男が離れた隙に電話したと話していたそうです。少女と一緒にいたのは中野区在住の23歳の男で、二年前に校門を出た被害者に声をかけて連れ去ったということです。女子中学生は部屋に閉じ込められ、外出する時も男に監視されていたそうです。

井の頭公園バラバラ殺人事件

1994年4月、東京都三鷹市の井の頭恩賜公園で清掃員の女性がポリ袋に入った人間の足首を発見しました。駆けつけた警察の捜査で27個に切断された胴体・手足が入った袋が7ヶ所のゴミ箱から見つかっています。わずかに残ったDNAと指紋から、被害者は公園近くに住む一級建築士の男性だとわかりました。遺体は電動ノコギリのようなもので20cm間隔で切断され、手足の指紋が削り取られ、血液が完全に抜き取られていました。見つかったパーツは体の3分の1ほどで、いまだに被害者の頭部や胴体の大部分は見つかっていません。その異常性から怨恨説をはじめ交通事故にあった死体をバラバラにしたという説、宗教団体による犯行など様々な説があります。2009年4月23日、犯人を特定できないまま公訴時効が成立しました。

女性教員宅便槽内怪死事件


1989年2月28日、福島県田村郡都路村の女性教員Aさんが、自宅の教員住宅の便器内に靴のような物があるのを見つけました。驚いたAさんが汲み取り口を調べると蓋が開いていて、中から人間の足が見えていたといいます。通報を受けた警官と村の消防団員が便槽を破壊して人物を外に出すと、すでに死亡していました。真冬だというのに上半身は裸で膝を折って座るような格好で固まっていたそうです。遺体は現場から車で10分ほどの村に住むSさんだと判明し、警察は覗き目的で便槽に侵入したSさんが凍死したと断定しました。事件は事故死として処理されましたが、Sさんの人柄を知る村人からは疑問の声があがったといいます。

佐賀女性7人連続殺人事件

1975年から1989年にかけて、佐賀県の北方町、北茂安町、武雄市、白石町の半径20キロ地域で7人の女性が殺されました。特徴的なのは7件中6件の失踪が水曜日だったこと、夕方から夜にかけての時刻だったこと、そして5件の死因が絞殺だったことです。1件目から4件目までは公訴時効が成立しており、残り3件は無罪が確定して未解決事件になりました。

広島一家失踪事件

2001年6月4日、広島県世羅町に住むYさん一家が自宅から忽然と消えているのを同僚が発見しました。広島県警甲山署は機動隊やヘリコプターを動員して捜索にあたりましたが、一家を見つけることはできませんでした。失踪から一年後の2002年9月。世羅町の京丸ダムの湖底からYさん所有の車と、家族全員の遺体が見つかりました。日照りによって水位が減少したことが発見につながったのですが、関係者への事情聴取から無理心中と断定されました。しかし、ダムに飛び込むまでなぜ家族が抵抗しなかったのかという疑問が残る事件です。

柴又女子大生放火殺人

1996年9月9日、東京都葛飾区柴又で出火した民家の焼け跡から女子大生の遺体が発見されました。遺体の両手と口には粘着テープが巻かれ、両足はパンティーストッキングで縛られていました。死因が首を鋭利な刃物で刺されたことによる出血死だったことから、警察は殺人事件と断定。現場の状況や被害者の交友関係から、顔見知りによる犯行だとされていますが、現在も犯人は見つかっていません。事件から10年後の2006年、新たな情報が公開されました。被害者の両足は「からげ結び」という特殊な縛り方で、現場に残されたマッチから家族以外のDNAが発見されたそうです。

坪野鉱泉女性失踪事件

1996年5月5日、富山県氷見市に住む女性が家族に「魚津へ肝試しに行く」と告げて車で出かけた後、行方不明になった事件です。友人のポケットベルに「今魚津市にいる」とメッセージを送った後、2人の消息は途絶えました。乗っていた車が見つかっていないことから、県警ヘリと山岳警備隊が谷底や崖を捜査しましたが、発見することはできませんでした。当時、2人が向かっていた坪野鉱泉が暴走族の溜まり場になっていたことから、事件に巻き込まれた可能性もあるとみられています。

嵐真由美さん失踪事件

1994年9月2日午後7時頃、主婦の嵐真由美さんが墨田区の実家から外出後、当時1歳半の娘を残して失踪しました。姉の洋子さんによると真由美さんは事件当日、「同級生と会う」と言って出かけたそうです。しかし事件の翌日に洋子さんが同級生に確認すると、真由美さんと会う約束はしていないと言われたそうです。その後、あるTV番組が事件の真相を探るべく一家に密着したところ、父親のインタビュー中に奇妙な貼り紙が写り込みました。その貼り紙には「洋子のはなしは信じるな」と書かれており、ネット上で物議をかもすことになります。その後も事件に動きはなく、いまだに真由美さんの行方はわからないままです。

名古屋妊婦切裂き殺人事件

1988年3月18日、愛知県名古屋市中川区のアパートで臨月の妊婦が殺害されているのを帰宅した夫が発見しました。妻は両手を縛られ、電気コードで首を絞められていました。遺体は鋭利な刃物でみぞおちから下腹部まで切り裂かれ、足元にはへその緒がついたままの赤ん坊が泣いていました。犯人は妊婦を殺した後、生きたまま胎児を取り出してへその緒を切断し、腹に受話器とキャラクターのキーホルダーを詰めています。その後妻の財布を奪って逃走、有力な手がかりがないまま事件は2003年に公訴時効が成立し、未解決事件になりました。胎児は男の子で、ひざの裏、太ももの裏、睾丸に刃物の傷がありましたが、一命を取り留めたそうです。世間から好奇の視線を向けられた親子は1999年に海外に移住しています。

いかがでしたでしょうか。予想以上に不可解な事件や残忍な事件が多くありましたが、これらが全て未解決ということに憤りを感じます。犠牲者の方々のご冥福をお祈り申し上げますm(_)m

■他の人はこちらも見ています。■


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA