北朝鮮の将軍様(金 正恩 キム・ジョンウン)とアメリカ本当に悪いヤツはどっち?


北朝鮮の将軍様(金 正恩 キム・ジョンウン)とアメリカ本当に悪いヤツはどっち?

結論から言うとアメリカでしょう。

そもそも北朝鮮はミサイルの発射実験を何度も繰り返してはいますが、他国に侵略をしている訳ではありません。ミサイルを人様の領海にガンガンぶっ放してはいますが、アメリカみたいに他国の領土にミサイルをぶっ放している訳ではないのです。

イラク戦争(2003年)は、アメリカの主張としては、イラクが多量破壊兵器を保有している事を理由に戦争をしかけました。ですが、結果的にイラクは保有していませんでした。イチャモンをつけて攻撃してその国を植民地化する、というのがアメリカの作戦です。ただ、アメリカの良いところはこーいう批判を堂々とアメリカ国内外でも自由に発言をする事が出来るところです。これが北朝鮮や中国やロシアなどで政府に批判的な発言をすれば間違い無く消されます。アメリカ国内は確かに自由です。そして怖い事に消された事実自体が表に出て来ません。

話を戻します。北朝鮮を攻撃したくてたまらないアメリカの現在の理屈で行くならば、本来であればロシアを攻撃すべきでしょう。なぜロシアにミサイルをアメリカは撃ち込まないのか?総合的な戦力では確かにアメリカの方が上回っているでしょうが、ロシアの軍事力は世界二位です。しかも核爆弾も何発も保有しています。ロシアにアメリカが喧嘩を売った場合、アメリカは無傷では確実にいられないからです。本当に強い国には強気の姿勢で対応できないのがアメリカです。勝てる相手にしか喧嘩を売らない、というのも戦術としては賢いとも言えます。

戦争をしたいアメリカ、何が目的なのか?

金を儲ける為です。アメリカにとっての最大の経済対策が戦争なのです。

なぜ戦争をして金儲けをしたいのか?

アメリカ政府の借金を返済しなくてはならないから。誰に借金していのか?FRB(Federal Reserve Board)という民間組織です。ここで重要なのは国の通貨発行権を持っているのはアメリカ政府ではなくFRBなのです。要するにアメリカという国は1つの民間企業に支配されているという点が重要です。学校の教科書では絶対に教えてくれません。通貨発行権についての教育はご法度なのです。

FRBを影で操っているのは誰?

ロスチャイルドで有名なフリーメイソンだと言われています。ロスチャイルド一家にアメリカ政府は借金(利息)を返さなくてはならないから、片っ端から戦争をしかけているのです。戦争してふんだくって金を稼いでロスチャイルド一家に借金を返す事に必死なのです。

また、重要なポイントがあります。それはアメリカが攻撃をしかけているのは、通貨発行権をロスチャイルド(フリーメイソン)が掌握していない国のみです。勘の良い人はもうお分かりいただけたでしょう。

おっと・・・

フリーメイソンに命を狙われる危険性があるのでこれ以上書くのはやめておきます。

※ps

北朝鮮の将軍様が2017年4月15日にミサイルを発射しようとしてまた失敗しました。アメリカは北朝鮮がミサイルを発射したら先生攻撃をしたくてうずうずしていたのに残念ですね。北朝鮮は張りぼてなので相手にせずにとっととイスラム国を成敗して欲しいものです。

■他の人はこちらも見ています。■


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA