39.【衝撃】学校のテストで使える巧妙なカンニング9選

39.【衝撃】学校のテストで使える巧妙なカンニング8選

カンニングというと、隠し持ったメモをみたり、他人の答案を見るなど程度の低いものをイメージしますが、世界には、まずばれることは無いと言えるであろうクールなカンニング方法が存在しています。今回はそんな明日使える巧妙なカンニング方法を8個ご紹介します。

机の上に鉛筆で小さく書く

高校生位までは自分の机の位置が基本同じ場合が多いです。それを利用します。手順としては、学校に朝誰よりも早く行きます。そしてテストで出そうな所・うろ覚えの内容を鉛筆で出来るだけ小さな字でみっちりと書きます。試験が始まったら考えているフリをして両手で頭を抱え込み、机と自分の目を近づけてカンニングをします。このカンニング方法の良いところはカンニングをした証拠を消しさる事が出来るところがポイントです。カンニングをし終わったら消しゴムで消す事を忘れないでおけばまずばれません。

掌(てのひら)に書く

テストに何も持ち込む事ができない場合はやはり掌(てのひら)に回答を書くのが一番良い方法です。手が汗ばんで、文字が見えなくなってしまう場合を想定して爪の部分にも答えを書いておけば、安心してテストに挑む事が出来ます。

バンドエイドを使う

このカンニング方法はバンドエイドのコットン部分を利用しますのでまずは怪しまれない様に大怪我をすることから始めた方がいいかもしれません。まず大き目のバンドエイドを貼る前にコットンに答えを書いておいて試験ではバンドエイドを少しずつ剥がしてカンニングすることができます。

靴の中

この方法は、靴の内側にカンニングペーパーを入れておくという一番オーソドックスな方法です。バレにくい上に必要に応じて何度でも答えを確認することができます。また、捨ててもいい靴であれば靴底にそのまま回答を書いておくというのもありです。

ラベル

長時間の試験の場合、飲み物の持ち込みを許可している試験もあります。そんな時には、飲み物のボトルを使ったカンニングをすることができます。まずフォトショップを使って飲み物のラベルを印刷します。特にビタミンウォーターのラベルには文字がたくさん書いてあるのでカンニンガー必須の飲み物と言えるでしょう。あとはラベルの裏に、方程式や覚えられない漢字などを書いて何気なく持ち込みましょう。

特殊蛍光ペン

21世紀なのですから、カンニングもテクノロジーを使わなくてはいけません。こちらのマジカルライトペンは、普通に文字を書いても見えませんが、先端のブラックライトを照射することで書かれた文字を浮かび上がらせるという特殊ペンです。これで手のひらに、回答を書いておいてライトを使えば簡単にカンニングをすることができます。

スマホを隠し持つ

やはりテストを解くにはGoogle先生の力を使うのが一番手っ取り早いです。まず長袖を着て両腕を机の上に出す振りをしておいて片腕だけ脱ぎ、スマホを操作する戦法がかなり有効です。万が一見つかった場合には言い訳のしようがありませんが、やるだけの価値はあるでしょう。

輪ゴムを使う

こちらのカンニング方法は、まず太目の輪ゴムを引き延ばして、そのゴムの表面に文字を書きます。そして普通の状態にゴムを戻すと何が書いてあるのかわからなくなります。テストの日に輪ゴムをブレスレッドの様に腕に着けて答えがわからない時だけそれを伸ばしてチラ見すれば、まずバレません。

スカートの下に隠す

女子生徒限定ですが、スカートの太ももまでの長さのハイソックスまたはストッキングを履いてください。そしてハイソックスの一番上の部分にカンニングシートを忍ばせておきましょう。あとは、試験中にスカートを引き上げて答えをチェックし先生がそばに来たらさっとスカートを元に戻すだけです。シビアな場所なので注意されることはまずないでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

*