37.【知らなかった!】広告写真に使われているトリックをご紹介


37.【知らなかった!】広告写真に使われているトリックをご紹介

広告の写真を見て購入した商品があまりにも広告写真とかけ離れているという経験をした事はありませんか?

実は広告写真には、商品をよりよく見せる為に様々なトリックが使われています。今回は、そんな広告写真で使われているトリックをご紹介していきたいと思います。

シリアルの広告写真

全ての撮影でこのテクニックが使用されているという訳ではありません。シリアル製品の写真は、シリアルが牛乳の上に浮いている方が美味しそうに見えます。もし普通の牛乳を使ってしまうとシリアルが牛乳に沈んでしまいます。そうならない為に、実はシリアルを浮かせておく為に白色の接着剤が使われています。こうする事によって、シリアルが沈まずにとて美味しく見せる事が出来るのです。

アイスクリームの写真

アイスクリームの写真には、本物のアイスクリームは使われていません。なぜならスタジオの証明のせいでアイスクリームがすぐ溶けてしまい綺麗な状態で撮影をする事が出来ない為です。
そこでアイスクリームの代わりにマッシュポテトと着色料を使用します。こうする事によって、溶ける事もなく綺麗な艶を出す事が出来るのです。

ハンバーガーの写真

何か写真と違う食べ物の代表格といえばハンバーガーです。
はい、皆さんのご想像通り様々なトリックが使用されています。
まず、あの美味しそうなふんわり感を出す為に中には、爪楊枝が仕込まれておりその上にレタスや肉を乗せる事でふんわりとした状態に見せています。最後に、ケチャップを注射器で加えるとあの様な美味しそうなハンバーガーが完成します。確かにこうした方がとてもハンバーガーが美味しく見えます。

アイスキューブ

広告写真で氷の入った冷たい飲み物の写真を撮る時は実は本本物の氷は使われていません。その理由として、熱いライトの下では氷がすぐに溶けてしまい撮影にならないからです。その為、撮影ではプラスチック製のアイスキューブが使用されています。アイスキューブなら溶ける事も無いし、本物の氷よりもずっと冷たく美味しそうに見えます。

飲み物の中の泡

撮影で牛乳やコーヒー・ビールなど泡のある飲み物の写真を撮りたい時には洗剤を飲み物に加えています。こうする事によって綺麗な泡を出す事が出来るので美味しそうに見える写真を撮る事が出来るのです。

ホイップクリームの代わり

ホイップクリームを含む食べ物を撮影する時は、ホイップクリームはすぐに溶けてしまうので代わりにシェービングクリームが使われています。写真で見ていたあの美味しそうなホイップクリームがまさかシェービングクリームだったなんてびっくりですよね。

フルーツの写真

フルーツの写真を撮る時はフルーツがピカピカに見えた方が新鮮でとても美味しそうに見えますよね。しかし本当にピカピカしているフルーツはほとんどありません。そこで、多くの撮影ではフルーツに制汗スプレーを吹きかけています。こうする事によって、とてもイキイキしたフルーツの写真を撮る事が出来る様になります。もっともフルーツにするととてもたまったものではありませんが。。。

湯気を作る

温かい写真を撮る時には湯気が出ている方が美味しそうに見えます。ただ料理をレンジで温めたところで湯気が出る量も時間も限られています。そこで、湿らせた綿を電子レンジで温めて湯気を作っているのです。綿はかなりの時間、湯気を出し続けるのでカメラマンは焦る事なくじっくりと必要な写真を撮る事が出来るのでカメラマンの間では非常に綿は重宝されています。

■他の人はこちらも見ています。■


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA