やりすぎ都市伝説 MR.都市伝説 関暁夫の緊急大予言SP 【2016年12月2日】 その⑫


V-BOARD #7 Shiny Gold

やりすぎ都市伝説 MR.都市伝説 関暁夫の緊急大予言SP 【2016年12月2日】 その⑫

Mr都市伝説  関 暁夫:

トランスヒューマニズムという思想が生まれる一方で

それを実現に近づける技術も進歩を続けています。

今注目されているのがVR

そう仮想現実の世界

ナレーション:

五感の中で最も多くの情報を取り入れる事が出来る視覚

視覚によって人間が得られる情報は

全体の凡そ8割と言われている。

Mr都市伝説  関 暁夫:

つまり己の精神と外の世界を繋ぐのは目

新な視覚世界VRが次なる世界の扉を開け

いずれ機械と人間の融合に大きく関わって来るのです。

実在世界が目の前に広がるバーチャルリアリティー

すなわちVRの世界

実在しない世界を五感を刺激する事で作り出す技術

今後さらなる進化が予測される

2016年はVR元年と呼ばれ10月にプレイステーションVR発売など

今後更なる進化が予測されている技術である。

Mr都市伝説  関 暁夫:

VRの進化が行きつく先

それはもう1つの地球

すなわち人類のパラレルワールド

ナレーション:

2014年FaceBookのマークザッカーバーグは

VR技術のトップを走るオキュラス社を2000億円で買収

以来VRの開発研究に精力的に取り組んでいる。

そしてザッカーバーグはVRの行きつく先として

こんな発言をしている。

ぼくらは没入型VRが人々の日常生活の一部になると考え

その為の長期的な挑戦をしている

Mr都市伝説  関 暁夫:

シリコンバレー来たでしょ

シリコンバレーなんで来たかっていったらまぁこれだよね

Facebookの本社があるわけだよね。

ザッカーバーグがオキュラスを使ってやろうとしてる事っていうのは

VRの中にパラレルワールドを作り出して

そこに人間を住まわせるっていう計画なんだよね

ナレーション:

人間にVR世界を体感させる技術が更に発達すれば

いずれ脳へ直接信号を送る事で

本物と違わないVR世界を目の前に映し出す事も可能になるのだと関は語る。

バーチャル空間では自分の見た目や肌の色など

全ての情報を自由に設定する事が出来ます。

つまりそこに生まれるのは

誰も差別を受けない自由で平等な社会

VRが作り出すパラレルワールドには無限の可能性が

広がっているのです。

そしてVRの世界に入り込んだ人間は

やがて肉体を捨てます。

脳に詰まった記憶や感情だけをデータ化して

それだけを持ってパラレルワールドへ移住するのです。

そう人間は生身の肉体を捨て

永遠の命を手に入れるのです。

ゾルタン・イシュトヴァン:

実はアメリカ国防総省がブレインゲートの技術を研究してるんだ

これはオバマが進めた事でおよそ70億ドルの資金を使っている。

これは人類の進化だと思っている

人間は死んでしまうと脳や記憶も死んでそれで終わりだが

今後は自分の意識をコピーしてデジタルの世界に

バックアップできる様になる

これはトランスヒューマニズムの最終目標である

永遠の命に繋がっていくんだ。

Mr都市伝説  関 暁夫:

新たな世界への移住を認められるのは

限られたごく僅かな人間だけ

更にこれまで何度も話して来た

2026年 火星移住計画も着々と進行しています。

地球を捨て人類は一体どこへ向かうのか

あなたに生き残る資格があるかどうか

人間選別はもう既に始まっているのです。

 

続きはこちらです。

やりすぎ都市伝説 MR.都市伝説 関暁夫の緊急大予言SP 【2016年12月2日】 その⑬


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.