HeidiSQLでテーブルにデータをGUIで簡単に追加・削除する方法


データ追加も簡単にGUI操作だけで出来る

HeidiSQLにはphpMyAdminにもある様に、GUI操作で簡単にデータの追加を行う事が出来ます。PHPなどと連動させる為のSQLのひな型コードを作りたい場合など、HeidiSQLでGUIでデータ追加を行ってそのSQL文を手動で加工していくと効率が良いです。では早速その方法を紹介します。

heidisql-add_1

データ追加を行いたいテーブルを選択します。

メニュー > データをクリック > 緑色の+マークをクリック

すると行が追加されるので、その中に入力すればOKです。

heidisql-add_2

また、行を削除したい場合には赤色の-マークをクリックします。

すると

1個の行を削除しますか?

と聞かれるのでOKを押せばOKです。

なお、HeidiSQLは画面上で行ったGUI操作に対応するSQL文が下側に自動で生成されて非常に便利です。HieiSQLのマイナスポイントはSQLの整形機能がいまいちという事です。

HeidiSQLでSQL文を生成したら、CSEにコピペしてControl + q (CSEのSQLの整形ショートカットコマンド)で綺麗に整形すると効率が良いです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.