【激高】神奈川県川崎市のアニマルメディカルセンターで犬の手術をするとどの位の請求をされるのか?


アニマルメディカルセンターで犬の手術をしたら金額にびっくり!

神奈川県川崎市にある愛犬の体調が悪くアニマエルメディカルセンターに連れていきました。名前からすると国がやっている動物病院かと思いきやまったくそんな事はありません。バリバリの私立動物病院です。金額がぼったくり級に高いと感じました。あくまでも個人の感想です。

The Animal Medical Center Japan 

アニマルメディカルセンター

神奈川県川崎市新丸子東2-890-10

24時間 救急診療

Emegency & Speciality Center 

044-411-9999

アニマルメディカルセンターからの請求書

アニマルメディカルセンターという名前だけはもっともらしいい動物病院ですが、あまりにも高すぎる請求金額だったので、後日別の動物病院で手術をしてもらいました。するとトータル金額はトータル25万円位で納まりました。この動物病院は、以前にTVで特集されていました。この番組を見た人は良心的な動物病院だと勘違いしてしまいますね。どれくらいの金額を請求されるか本記事を見てもらえれば一目瞭然です。

この動物病院の明細があまりにも高すぎると思ってすぐにネットで犬の手術費用とかの相場は20~30万という情報を見つけました。この情報を見つけられなかったら、危なくこの動物病院で高額な金額をぼられていたことでしょう。

こちらが出されたアニマルメディカルセンターの見積書です。

その①

animal-2

 

その②

animal-3

 

トータルの請求金額は、 636,550円

いやー本当にびっくりですね。もう二度と私は行きません。

その請求金額の内訳はこちらです。

救急診察料   3,500円

血液検査料(血球数・生化学・電解質・血液ガス)  19,200円

血液凝固能検査料 15,300円

尿検査料(比重PH蛋白ケトン糖ビリルビン潜血ウロビリノーゲン) 2,300円

尿沈渣検査料 5,200円

レントゲン検査料 × 9枚  22,700円

超音波検査料 10,300円

心電図検査料 3,200円

細菌培養検査料  3,700円

麻酔料  8,900円

麻酔料  25,500円

モニター料  19,000円

手術料  319,000円

外科処置料  15,800円

注射処置料 6,200円

頸静脈内カテーター料 15,300円

食道カテーター処置料 25,500円

点滴輸血療法料(カテーター料含)  12,800円

入院料(無料)   0

衛生環境雑費  2,700円

集中看護費   6,400円

術後入院・検査・治療費  38,000円

小計: 589,400円

消費税: 47,150円

合計: 636,550円

レントゲン写真を9枚も撮るわ、採血して一発で色々分かる数字を1行1行に分けて小出しに金額を計上しています。そこまで金を儲けたいという企業努力に感動です。ばらして表示する事によりそれっぽく見せる戦略ですね。

麻酔料を2重に請求してきてます。舐めてますね。

モニター料?普通そんなの計上しねーよ。

後日行った良心的な動物病院では手術料15万程度でしてもらえましたが、、、

外科処置料???注射処置料???あほかと、バカかと。。。

入院料???はぁ?そりゃーこれだけぼったくってたら無料でしょ。

 

なお、本記事の存在が困る関係者がいるかもしれませんが、全て事実を列挙しています。事実なのでいつでも相手になります。文句があるならいつでも訴えてください^^

一般人なら弁護士からの書留郵便を送りつけてビビるかもしれませんが、ノウハウツリー管理人はウェルカムです♪

ノウハウツリー管理人は裁判大好きです^^bいつでも弁護士をつけて対応させて頂きます。裁判状況も全て公開させて頂きます。

 

カンパをお願いしますm(_)m

ノウハウツリーでは、編集部が自腹で取材を行っています。

もし、この記事がお役に立ちましたら、少しでも結構ですのでビットコインでカンパを頂けると励みになります!

1LaSkgFHxX59FZYidYBpHa9GL8pHmzfSiR

 

 

 

 

 

■他の人はこちらも見ています。■


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA