電流・電圧などのメモ書き【入門編】


万が一の震災などに備えてソーラーパネル蓄電器などの防災グッズを購入する事にしました。そこで自分用の知識の整理として電流・電圧・電気の使用量などの基礎知識を整理しておきます。

電気の単位には3種類があります。

V(ボルト) ・・・ 電気を押し出す力

電圧を表します。電圧とは電気を押し出す力の単位の事です。電圧が高ければ高いほど多くの電気が流れます。電圧は用途によって決まっています。例えば、日本の家庭であれば100Vです。工場なので多くの電気を使用するところでは200Vになっている事が多いです。

A(アンペア)・・・電気の流れる量

電気の流れる量を表す単位です。電流という単位で表します。家庭では電力会社との契約により20A~30Aといった具合に使用状況に応じて自分で選択する事が出来ます。

W(ワット)・・・ 電気が仕事をする力

電力を表す単位をW(ワット)で表します。蛍光灯が光を出したり、モーターが力を出す大きさを表します。W(ワット)は次の計算式で求める事が出来ます。

電力(W)  = 電圧(V) × 電流(A) 

 

Wh(ワットアワー)・・・電気を使った量

電気の使用量を表す単位をWh(ワットアワー)で表します。

定格電力 × 使用時間 で計算できます。

※補足※

定格電力とは、ざっくり言うと100%負荷が掛かった状態での電力のことです。一方、消費電力というのは実際に使われる電力を指し、負荷の変動によって変化します。

≪ 計算の仕方のサンプル ≫

2,000W(ワット)のドライヤーの電流(A)を求めてみましょう。一般家庭の電圧(V)は100Vなので電圧は100Vで計算します。

電力(W) = 電圧(V) × 電流(A) 

↓ 公式に当てはめる

2,000  =  100 × X

X = 2,000 ÷ 100

X = 20(A)

よって、2,000Wのドライヤーの電流(A)は20Aとなります。

 

Ah(アンペアアワー)とWh(ワットアワー)の意味

Ah(アンペアアワー)

A(アンペア) = 電流

h(アワー、Hour) = 時間

Ah とは、A(アンペア)とh(時間)を掛けた値です。

例) 12V 50Ah のバッテリーの場合

2Aの電流であれば25時間位取り出せる( 50 ÷ 2 = 25 )

10Aの電流であれば5時間位取り出せる(50 ÷ 10 = 5)

といった意味です。詳細は省略しますがあくまでもこれは目安です。

家庭用コンセントからの電圧は、100Vですがバッテリーは12Vの物が多いです。

Wh(ワットアワー)

W(ワット)は電力

h(アワー,Hour)は時間

おさらい → W(電力) = 電圧(V) × 電流(A)

Wh(ワットアワー)とは、電力(W)に時間(H)を掛けた値です。

例) 12V 50Ah のバッテリーの場合

12 × 50 = 600 よって 600Whのバッテリーとなります。

よって

100Wの電力(W)6時間 ( 600 ÷ 100 = 6 )

200Wの電力(W)3時間 ( 600 ÷ 200 = 3 )

取り出せる容量になります。

 


ソーラーチャージャー RAVPower 超軽量 改良版 16W 2ポート 折りたたみ式 ソーラーパネル ソーラー充電器 iPhone iPad Galaxy S7 など スマートフォン タブレット モバイルバッテリー 対応 スマホ用充電器 アウトドア ポータブル usb充電器

カンパをお願いしますm(_)m

ノウハウツリーでは、編集部が自腹で取材を行っています。

もし、この記事がお役に立ちましたら、少しでも結構ですのでビットコインでカンパを頂けると励みになります!

1LaSkgFHxX59FZYidYBpHa9GL8pHmzfSiR

 

 

 

 

 

■他の人はこちらも見ています。■


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA