Windows10で仮想デスクトップを使うには?


Windows10では、仮想デスクトップという機能があります。これを使う事により同一アカウントでログイン時に仮想的にデスクトップを切り替えて使う事が出来ます。そこまで必要な機能ではありません。MicrosoftのUIデザイナーの自己満足新機能です。

仮想デスクトップを使うとどうなるか

Before ・・・ タスクバーにアイコンだらけで見づらいです。

kasou1

After ・・・ タスクバーがすっきりしました。そもそもタスクバーにアプリをたくさん起動しなければ済む話です。

kasou2

ショートカットで仮想デスクトップを操作する方法

覚えておいて損はありませんが、得もありませんw

新たにデスクトップを作成する

Windows + Control + D

作成したデスクトップを切り替える

Windows + Control + ←(or →)

未使用のデスクトップを閉じる

Windows + Control + F4

 

タスクビューボタンを操作して仮想デスクトップを操作する方法

タスクバーの上で右クリック > タスクビューボタンを表示(V)

Microsoft Windows 10 Home (32bit/64bit 日本語版 (新価格版)|USBフラッシュドライブ

kasou3

タスクビューアイコンが表示されます。そして右側に新しいデスクトップというアイコンが表示されるのでクリックします。

kasou4

 

すると仮想デスクトップが作成されます。

タスクビューアイコンをクリックするとデスクトップ1、2が表示されます。クリックする事により仮想デスクトップ画面の切り替えを行う事が出来ます。

kasou5

■他の人はこちらも見ています。■


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

*