熱中症にもっともなりやすい時期がきた!!


九州から東海あたりまでは、もう梅雨明けしたらしいですね。

 これでじめじめした嫌な時期とおさらば!!と思っているかたも多くいると思いますが。

実は梅雨明けは最も熱中症になりやすい危険な時期なのです。

00313

 熱中症が多発するのは気温がピークになる8月と思っている方が多いと思いますがそれは間違いです。

 7月中旬~下旬の梅雨明け直後が熱中症で死亡する人が最も多くなるのです。

 それは何故か?

熱中症とは生活環境が原因でなりやすい度合が変わってくるからです。

故に暑さがピークに達す8月頃には体が暑さになれるため7月よりも熱中症患者は少なくなるのです。

逆に体が暑さにまだ慣れていない7月中旬~下旬が熱中症患者が1番多くなってしまう時期なのです。

都市部ではヒートアイランド現象によって夜でも熱中症がおこる可能性が高いので都市部に住んでいる方は夜も気を抜かず水分や塩分をこまめにとるようにしましょう。

 

そして熱中症予防であまり知られていないのが炭酸水の存在です。

脱水症状をふせぐために必要な水分補給ですが普段より多く汗をかいた時には炭酸水を飲むことをおすすめします。

炭酸水には結構を良くし胃の働きを活発にする効果があるので水分を吸収する小腸に水が速く送られ吸収機能もアップします。

また炭酸水にはダイエット効果などもあるので多く汗をかいた日には炭酸水を飲むようにしてみてはいかがでしょうか?

カンパをお願いしますm(_)m

ノウハウツリーでは、編集部が自腹で取材を行っています。

もし、この記事がお役に立ちましたら、少しでも結構ですのでビットコインでカンパを頂けると励みになります!

1LaSkgFHxX59FZYidYBpHa9GL8pHmzfSiR

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA